特集オーディオドラマ

令和元年度文化庁芸術祭参加

遥かな旅 蝶の道(再)

あなたはまだ旅の途中ですか? わたしはどこを目指せばいいの?

【NHK FM】

2019年11月2日 午後10時~午後11時
(初回放送:2019年8月10日)

この番組は聞き逃し配信対応です。

※配信は、11月4日(月)正午~11月11日(月)正午まで

出演者の写真

【出演者】

吉本実憂 瀬川亮 須藤理彩 MEGUMI
福井裕子 岡野一平 谷川清美 木下政治
新上貴美 大橋吾郎

【作】

吉野万理子


【音楽】

谷川賢作


【スタッフ】

演出:小見山佳典
技術:大友美有紀
音響効果:野村知成

【あらすじ】

瑠衣(吉本実憂)はバイク雑誌の編集者。ある日の編集会議で、「終戦の日特集」として、戦跡をオートバイで巡る旅を掲載しようと編集長(大橋吾郎)が言う。それは、彼女の恋人・三嶋拓也(瀬川亮)が企画し、果たせなかった特集だった。拓也は日本中の戦跡をオートバイで巡る旅を取材していたが、三か月前、突然死んだ。 その企画を瑠衣がやることになる。出発点の蔵王は、戦時中、寒冷地での軍用機研究が行われていた。そして、毎年夏、蝶が乱舞することでも有名だった。日本で唯一“渡り”をする蝶、アサギマダラだ。そのアサギマダラを追いながら、かつての戦争の痕跡を巡るバイクの旅だ。 瑠衣は、亡くなった拓也の姉・絵美香(須藤理彩)に連絡をしたが、葬儀は親族のみで、死因も詳しくは教えてもらえなかった。彼はなぜ死んだのか、それは自分にも責任があるのだろうか? 旅先で出会う様々な人々。長野県伊那。奈良生駒山。そして、大分の姫島で偶然出会った美紀(MEGUMI)とのふれあい。そして、恋人が死んだ、世界で一番美しい奄美の海岸にたどり着いた時…。 旅する蝶を追いながらバイクで疾走する「ロード・オーディオドラマ」。

【スタッブログ】

出演者の吉本実憂さんからメッセージをいただきました!

脚本家の吉野万理子さんからメッセージが届きました。

番組からのおしらせ

インターネットでラジオが聞けます!らじる★らじる 番組へのメッセージ