新日曜名作座

ぼくの最高の日(全5回)

バー・ピノッキオに集う常連たちが語る、それぞれの人生最高の日

【ラジオ第1】

2015年1月4日~2月1日 毎週日曜 午後7時20分~午後7時50分

【出演者】

西田敏行 竹下景子

【原作】

はらだみずき


「ぼくの最高の日」


「ずっと忘れない」


「過ぎた日は、いつも同じ昨日」


「バー・ピノッキオ」


「小説家の最高の日」


【脚色】

香取真理


【音楽】

池辺晋一郎

【スタッフ】

演出:川口泰典
技術:西田俊和 佐伯悠
音響効果:保吉敏夫

【あらすじ】

今宵も「バー・ピノッキオ」の夜は静かに更けていく…。カウンターに八席だけの小さなバー。物静かな白髪のマスターは、御年72歳。そこには連日、様々な客がやってくる。老舗文具店勤務の女性、リサイクルショップを営む三十代の男、三年目の新人編集者、「先生」と呼ばれる職業不詳の中年男性。マスターは常に穏やかな微笑みを浮かべ、常連客の他愛もない会話に耳を傾ける。その微笑みの前で、客はいつしか、それぞれの人生の「最高の日」を語りはじめる……。

番組からのおしらせ

インターネットでラジオが聞けます!らじる★らじる 番組へのメッセージ