新日曜名作座

内海隆一郎短編集(全6回)

敗戦後の新橋の熱気漲る闇市で「食いもの屋」に集う人々の物語

【ラジオ第1】

2014年6月8日~7月13日 毎週日曜 午後7時20分~午後7時50分

【出演者】

西田敏行 竹下景子

【原作】

内海隆一郎


「油のつぶやき」


「ネタ選び」


「ソースが決め手」


「セイロの湯気」


「牛モツの味」


「鰻の寝床」


【脚色】

古川壬生


【音楽】

池辺晋一郎

【スタッフ】

演出:川口泰典
技術:西田俊和 山田顕隆
音響効果:岩崎進

【あらすじ】

昭和二十年。東京は大空襲に見舞われ、都心の大部分は焼跡となった。敗戦後、真っ先に復興の兆しを見せたのが、新橋の闇市であった。その闇市から身を興し、戦後の混乱期を切なくも逞しく生き抜こうとした人々の姿を、“食いもの屋”という舞台を通して瑞々しく描く。

番組からのおしらせ

音で見せる!オーディオドラマの世界 番組へのメッセージ インターネットでラジオが聞けます!らじる★らじる