新日曜名作座

終りに見た街(再)(全4回)

このファンタジーは、2014年につきつけたリアルな刃である。

【ラジオ第1】

2014年11月30日~12月21日 毎週日曜 午後7時20分~午後7時50分

(初回放送・2014年4月6日~4月27日)

【出演者】

西田敏行 竹下景子

【原作】

山田太一


【脚色】

入山さと子


【音楽】

小六禮次郎

【スタッフ】

演出:小見山佳典
技術:山村隼之
音響効果:岩崎進

【あらすじ】

1981年のある日、目を覚ますと、家の周りに何もなかった。そこは、なんと昭和19年の東京だった。戦争末期のこの時代をどうやって生き延びるか、家族で話し合う。言論は統制され、食糧難で食べるものさえない。折り畳み傘と米を交換し生き延びるが、配給を受けずに暮らすことは不可能だった。やがて、主人公は軍需工場で働く。
3月10日が近づいてくる。下町の人々に大空襲のことを伝えたい。
チラシをまいて、人々に大空襲に備えろと奔走する。ところが、荻窪では起こらないはずの大空襲が街を襲った。そして、再びタイムスリップした主人公が最後に見た街は・・・。

番組からのおしらせ

インターネットでラジオが聞けます!らじる★らじる 番組へのメッセージ