明日をまもるナビ メニューへ移動 メインコンテンツへ移動

明日をまもるナビ

防災の知恵「#1 即席担架」

いざという時に役に立つ防災の知恵です。
地震が発生、ケガをした人を安全に運びたい。そんなときのための「即席担架」の作り方です。

即席担架

材料

  • 棒…2本(物干しさおなどの丈夫な棒を活用)
  • 長袖の衣服…5枚以上(セーター、トレーナーなど)

作り方

  1. 物干しさおなど、長めの棒を2本用意する。
  2. 棒を両手で握ったら、近くにいる人に服をめくりあげてもらい、棒に長袖の部分を通す。
  3. 何人かに協力してもらい、衣類を5枚以上つなげると、安定した担架になる。

棒がないときは毛布を活用。端の部分を丸めるだけで、持ち手になります。
1人しかいないときは、毛布にくるんで、ひきずるように運びます。

(防災NPO「プラス・アーツ」永田宏和さん監修)

2022年4月10日(日)放送より

NHK防災・命と暮らしを守るポータルサイト
NHK防災・命と暮らしを守るポータルサイト

次はこちら
新たなリスク!液状化が避難を妨げる