明日をまもるナビ メニューへ移動 メインコンテンツへ移動
  • 明日をまもるナビ
  • 災害列島
  • 災害列島

記事

復興期

記事数 20

九州北部豪雨から5年 地域の復興を考える

福岡県・大分県を中心に大きな被害をもたらした2017年の九州北部豪雨から5年。激甚化する水害からの復興で大切なことは何か、実際の事例から考えます。
2022年6月2日

【君の声が聴きたい】20歳になった“震度7の町”の子どもたちのいま

中学3年のとき熊本地震に遭い、今年成人式を迎えた若者たちの声。被災した経験を人生の糧にしようと試行錯誤を続ける姿がありました。
2022年5月11日

【君の声が聴きたい】「あの日」の子どもたちが、いま言葉にしたい気持ち

東日本大震災で家族や自宅など大切なものを失った子どもたち。11年たったいまだから言葉にできること、未来への思いを聞きました。
2022年5月10日

2022年4月 NHK防災・災害関連記事まとめ

6年前に熊本地震が起きた4月。地震や、春から夏にかけて起こりやすい災害など、災害と防災に関する情報をまとめました。
2022年5月2日

東日本大震災11年 関連記事まとめ

未曾有の災害となった東日本大震災。立ち上がろうとする人々の歩みや、今なお残されている課題など、関連の記事をまとめました。
2022年4月1日

福島・葛尾村に広がる復興への挑戦 東日本大震災11年・被災地の今(3)

原発事故による全村避難からの復興を目指す、福島県の小さな山あいの村「葛尾村」。ヤギで観光牧場を作る試みや、村人と若者の交流も進んでいます。
2022年3月30日

小学生に震災伝える高校生プロジェクト 東日本大震災11年・被災地の今(2)

盛岡放送局では、当時幼かった高校生たちに呼びかけ、小学生に震災の教訓を伝えるプロジェクト「てんでんこクラブ」に取り組んでいます。
2022年3月25日

「被災地からの声」11年間の記録 東日本大震災11年・被災地の今(1)

仙台放送局が東北で毎週放送してきた「被災地からの声」。11年にわたる5000人の声を振り返り、震災から立ち上がろうとしてきた人々の心の軌跡をたどります。
2022年3月23日

災害ボランティア最前線

今や復興に欠かせない存在である“災害ボランティア”。特殊な技能を持つエキスパート集団も登場しています。災害ボランティアの最前線に迫ります。
2022年1月26日

災害時に頼れるヤツ…それは、重機!

被災者の捜索・救助活動をする強い味方として今、注目されているのがショベルカーなどの小型重機。重機の扱い方をどう防災に役立たせるか考えます。
2021年12月1日

自宅が浸水 復旧作業のポイントは?(作業編)

自宅が水害の被害に遭ったらどんな作業が必要か?床下の確認方法、泥出し・洗浄・乾燥・消毒の方法をまとめました。また自宅の屋根に被害を受けたときの「雨漏り対策」をお伝えします。
2021年10月27日

自宅が浸水 生活再建のためにやるべきこと(手続き編)

もし浸水被害に遭ったら何をどうするのか、あなたはご存じですか?浸水した住宅を復旧させるために、どんな手順をとればいいのか、知っておくべきポイントを学んでいきます。
2021年10月27日

災害食レシピ ふだんから活用してみよう!

災害で困ったときに、ふとしたアイデアから生まれた「災害食レシピ」。使い方をシーンごとにまとめました。ふだんの料理にも役立つアイデアも盛り込まれています。
2021年9月8日

「取り残された被災者」を救えるか~ 新たな支援『災害ケースマネジメント』

近年、毎年のように大規模災害が発生している中、住宅や生活再建が進まず「取り残された被災者」の存在が明らかになっている。東日本大震災から10年が経った今、災害大国ニッポンのあるべき災害支援の仕組みについて考える。
2021年7月16日

熊本地震から5年 再建の日々と備えを考える

震度7の揺れが連続して起きた熊本地震から5年。復興の過程で、被災した方々はさまざまな問題に直面しました。住宅の再建に奔走した人たちの5年間を見つめ、大地震の後に出てくる問題について考えます。
2021年4月28日

「あの日をつなぐ"思い出レシピ"」

実体験に基づいた非常食レシピ。過酷な状況下を生き抜いた人々の忘れられない記憶や、さまざまな知恵が詰まっています。
2020年9月13日

感染症から巨大避難所を守れ

感染拡大の危機は、どのように回避されたのでしょうか? 避難所を守った人々の証言を通して見つめます。
2020年9月8日

プロに聞く!災害時の感染症対策

もしも今、大きな災害が起きて避難しなければならなくなったら? 人のひしめく避難所で感染者が出てしまったら? 私たちはどう備えれば良いのか。
2020年7月22日

災害から子どもの心を守るためには?(「いつか来る日のために」より)

このコロナ禍の中で子どもが受けている心的ストレスを見逃さず、柔軟に対応するためにはどうしたらよいのか?
2020年6月19日

証言記録「災害を生き抜くレシピ」をご紹介!

管理栄養士の鶴島綾子さん。物流が遮断され食料が尽きそうになる中、限られた食材を大切に使い、身も心も温まる料理に生まれ変わらせました。
2020年4月5日