明日をまもるナビ メニューへ移動 メインコンテンツへ移動

東日本大震災~若者たちが いま語る11年~

  • 「被災地からの声」の放送開始は、震災の9日後。
  • 以来、現在まで、のべ5000人の「声」を伝えてきました。
  • その中には、当時、子どもだった人も数多くいます。
  • それから11年あまり、彼らは何を思い、どう過ごしてきたのでしょうか。
  • 今回、岩手、宮城、福島の5人に集まってもらい座談会を開きました。
  • 同世代が語り合う中、浮かび上がってきたのは今まで胸に秘めてきた思い。
  • 大災害を経験した若者のリアルな声に耳を傾けます。
  • 【出演】秋吉久美子,小山慶一郎,津田喜章

この放送内容を詳しく紹介

東日本大震災 若者たちがいま語る11年

関連記事

防災の知恵「#17 子どもの心のケア」

2022年9月13日
災害で心に傷を負った子どもたちをどうケアしていくのか? 専門家からのアドバイスです。

【君の声が聴きたい】「あの日」の子どもたちが、いま言葉にしたい気持ち

2022年5月10日
東日本大震災で家族や自宅など大切なものを失った子どもたち。11年たったいまだから言葉にできること、未来への思いを聞きました。

【君の声が聴きたい】20歳になった“震度7の町”の子どもたちのいま

2022年5月11日
中学3年のとき熊本地震に遭い、今年成人式を迎えた若者たちの声。被災した経験を人生の糧にしようと試行錯誤を続ける姿がありました。