明日をまもるナビ メニューへ移動 メインコンテンツへ移動

明日をまもるナビ スペシャル「未来の命を救いたい」

防災プロジェクト<キオク、ともに未来へ。>
NHK民放6局のアナウンサーが一堂に会して、未来の命を救うため何ができるのか考える。防災をどのように伝えていくべきなのか、各局の取り組みを紹介。防災の未来についてディスカッションする。

MC:塚原愛(NHK)、伊藤利尋(フジテレビ)
ゲスト:大木聖子(慶応大准教授)
パネリスト:井上二郎(NHK)、矢島学(日本テレビ)、山口豊(テレビ朝日)、井上貴博(TBS)、島田弘久(テレビ東京)、佐々木恭子(フジテレビ)

この放送内容を詳しく紹介

NHK民放6局共同企画 「テレビに何ができるのか 未来の命を救う方法とは?」(後編)

NHK民放6局共同企画 「テレビに何ができるのか 未来の命を救う方法とは?」(前編)

関連記事

水害から命を守る「声かけ」を見つける ベスト避難チャレンジ

2022年3月9日
「早めの避難を呼びかける」ためにNHKが2020年から取り組んでいる「ベスト避難チャレンジ」。水害から命を守るための声かけを一緒に考えてみましょう。

どう伝える?子どもへの防災教育

2021年12月15日
これから起こる災害に備え、次世代を担う子どもたちに「防災意識」を高めてもらいたいと、「防災教育」に注目が集まっています。防災をどう伝えるべきか考えます。

災害データを明日に生かす

2021年10月13日
今、災害から身を守る切り札として注目されているのが過去の災害の記録やデータの活用です。大分県などで進むデータベース化やAI活用など、最先端の取り組みを紹介します。