明日をまもるナビ メニューへ移動 メインコンテンツへ移動

逃げ遅れゼロの町ヘ

  • 岡山県生まれの杉浦太陽さんも実感!最大で5メートル以上浸水した西日本豪雨の怖さ
  • 「逃げ遅れゼロの町」へ!住民が立ち上がった倉敷市真備町
  • 子育て世代にも大人気「楽しく学べる防災」
  • 住民と行政が連携!危険情報を即座に共有する最先端システム
  • 高齢者など要支援者の避難をサポート「マイ・タイムライン」
  • 専門家が伝授!コロナ禍で役立つ「車中泊」を快適にする極意
  • ご近所ぐるみで命を守る“黄色いタスキ大作戦”とは?

この放送内容を詳しく紹介

誰も取り残さない “逃げ遅れゼロの町”への5つのポイント

関連記事

幸せの黄色いタスキ大作戦

2021年6月18日
2018年の西日本豪雨で甚大な被害を受けた倉敷市真備町。復興に向けて「安心・安全なまちづくり」が地域ぐるみで進められています。新たな絆を生み出すユニークな防災訓練とは?

災害食レシピ「#9 水で作るカップ麺」

2021年6月6日
災害時、お湯が使えないときに、カップ麺に水を注いで15分。麺もやわらかくなり、スープもしっかり染み出し、冷やしラーメンのようになります。

逃げ遅れゼロの町へ〜西日本豪雨2年 倉敷市真備町〜

2020年10月23日
真備町で活躍する住民、行政、専門家が、町の支援を続けてきたはるな愛さんとリモートで集まり、コロナ時代の水害対策についてとことん考えました。