明日をまもるナビ メニューへ移動 メインコンテンツへ移動

富士山噴火 関連記事まとめ

今年9月と10月の2回にわたって放送された、明日をまもるナビの「富士山噴火」特集。10月20日に熊本県の阿蘇山が5年ぶりに噴火した影響などから、300年以上噴火していない富士山への注目が高まっています。関連する記事・動画をまとめました。


徹底検証 富士山噴火(2021年9月12日放送)関連ページ

徹底検証 富士山噴火

富士山噴火はいつ起こる?噴火想定を徹底検証
(2021年9月15日 掲載)
今年3月、富士山噴火のハザードマップが17年ぶりに改定。過去に何度も噴火した活火山で、いつ噴火してもおかしくありません。改定のポイントと被害想定をお伝えします。

想定される影響は?徹底検証 富士山噴火(2)
(2021年9月15日 掲載)
火山大国・日本には111もの活火山が存在しています。実際の火山災害はどんなものなのか。警戒されている富士山が噴火したらどんな影響があるのか詳しく見ていきます。


富士山噴火 そのときあなたは(2021年10月17日放送)関連ページ

富士山噴火 そのときあなたは

火山灰の脅威に備える 徹底検証 富士山噴火(3)
(2021年10月21日 掲載)
富士山が最後に噴火したのは300年前の江戸時代。爆発的噴火で大量の火山灰が降りました。もしいま同じ噴火をしたらどうなるのか。最新のシミュレーション結果を紹介します。

火山灰が首都圏に!そのとき何が起きるのか? 徹底検証 富士山噴火(4)
(2021年10月21日 掲載)
富士山の噴火で大量の「火山灰」が降ったとき、首都圏の暮らしはどうなるのか。交通網やライフラインなど命に関わるインフラが機能を失う中での、行動のポイントを考えます。

【ナビ動画】富士山噴火で火山灰・首都圏で起こること
(2021年11月1日 掲載)
富士山はいつ噴火してもおかしくない状況にあります。富士山が噴火したとき、火山灰による被害は首都圏にまで及ぶといいます。一体どんな問題を引き起こすのでしょうか。

【ナビ動画】火山灰の被害に備える
(2021年11月1日 掲載)
大量の火山灰によって交通手段への影響や停電が発生する可能性があります。さらに火山灰は健康被害につながる恐れも!身を守る方法をお知らせします。

【ナビ動画】桜島の火山灰対策
(2021年11月1日 掲載)
火山の噴火で、溶岩流以外にもう一つ警戒しなくてはいけないのが火山灰です。火山とともに暮らす鹿児島県桜島の人々から火山灰対策のノウハウを学びます。


その他NHK関連記事

“ノーマーク火口” 全国21の火山に 富士山も監視強化
(2019年2月8日 掲載)
温泉やスノボなどで訪れる場所、その近くには活火山の火口があるかもしれません。気象庁は監視の強化に乗り出しています。

富士山大噴火 降灰シミュレーション 深刻な影響も
(2019年4月8日 掲載)
専門家は「富士山は必ず噴火する。どのような対策が必要か考えなければならない」と指摘しています。

死が近づく中で… 執念の研究
(2019年4月12日 掲載)
「彼の研究がなければ、今回のシミュレーションは実現しなかった」仲間たちの声です。

全国111活火山 生活空間のすぐそばに
(2019年5月14日 掲載)
活発度は火山ごとに差がありますが、ひとたび噴火すれば大きな影響を及ぼします。

発見!富士山噴火で消えた村 300年の時を超えた教訓
(2020年7月20日 掲載)
江戸時代に発生した富士山の大噴火で埋没した村を発掘する初めての調査に単独で密着。そこには300年の時を超えた教訓が。