2019年7月

2019年07月18日 (木)

上田勝彦②塾生と浜のお母ちゃん

今回、塾生たちは「スーパーの社員たちに福島の魚をPRするプレゼンをしろ!」という課題をウエカツさんから出されました。さらに、プレゼンをする時のヒントとして「身近さ」というキーワードも教えてもらいました。そこで塾生たちが考えたのは、「生産者の顔や想いを伝えれば身近さを感じてくれるはず」というもの。早速、福島県松川浦漁港にいる「浜のお母ちゃん」たちを取材することにしました。

 

2-1.jpg

そのとき伺った話は、(番組ではご紹介できませんでしたが)震災直後の苦しかった体験でした。

 

「やっぱり漁師の人たちって陸に上がったら何もできないじゃないですか。河童と同じですよ。だからストレスもたまるでしょ。でも何もできないから、そのストレスが体の中に来て、みんなストレス太りみたいな感じで。」

 

そんな日々は試験操業が始まるまで2年半の間つづきました。その期間は「10年ぐらいに感じた」と言います。

 

 「やっぱり(夫は)船に乗ってるのが一番だよね。私も楽しいよ。やっぱり私たちこれが食事の元だからね。やっぱりそこに行って市場の中で大勢の人に会って、話をして、それも私たちひとつの楽しみ。誰かとしゃべりたいなって思っても、父ちゃんとしゃべっても面白くないしww」

 

浜のお母ちゃんたちのたくましい思いと前向きな笑顔から塾生たちはパワーをもらいました。

 

2-2.jpg

最後に、塾生たちはお母さんたちから、ヒラメのさばき方と、地元の定番料理「ホッキ味噌」のつくり方を教えてもらいました。レシピは以下の通り。

ぜひ皆さんも、福島のホッキガイを見つけたときは挑戦してみてくださいね。

 

2-3a.jpg

 

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:12時00分 | カテゴリ:制作日誌 | 固定リンク

 
2019年07月16日 (火)

上田勝彦①塾生たちの努力

今回、塾生たちは、ウエカツさんの命により「スーパーで福島の魚の販売」に挑戦しました。放送では、アンケートを取りながら、東京の消費者たちの声に耳を傾ける塾生たちの姿をお伝えしましたが、実は、彼らの努力は当日だけではありませんでした。

 

それがこちらのイラスト!


1-1a.jpgのサムネイル画像

いわゆる「商品ポップ」。

 

塾生たちは、販売を行う前日、このポップづくりに励んでいたんです。こちらは、どんな魚で、どんな食べ方がおいしいのかを伝えるための手描きイラスト入りのポップ。描いたのは、東京工業大学から参加した飯嶋勇樹さんです。そして、下のイラストを描いたのは、東邦大学から参加した藤野くるみさん。生物学を学んでいるだけあって、上手ですよね~!


1-2a.jpg

 

その他にも、福島の魚が震災前から「常磐もの」と呼ばれるブランドだったこと、水揚げされたら厳しい検査を受けていること、などを伝えるポップも作りました。結果は、放送にある通り「よく売れた」わけですが、そのポップもその一助になったのではないでしょうか。

 


1-3a.jpg

投稿者:スタッフ | 投稿時間:11時18分 | カテゴリ:制作日誌 | 固定リンク

 

ページトップへ