2015年1月

2015年01月25日 (日)

コンサートの準備も大詰め!

 こんにちは。1月未来塾担当のKです。

コンサートに向けての塾生たちの『陰の努力』をお伝えしております。

今回は第3弾。コンサート直前、塾生たちはどんな準備をしたのか?

まずは、合唱の練習。

意外かもしれませんが、これまでの時間を指導に当ててきた塾生たちは、
自分たちのパートの練習が十分にできていませんでした。

塾生たちの担当は、主旋律ではなく、ハモリのパート。

ハモリがうまくいかなければ、
仮設住宅の皆さんの歌声も台なしになってしまいます。

それから、踊りの練習。

名取市閖上(ゆりあげ)地区に古くから伝わる民謡「閖上大漁唄込み踊り」は、
コンサートで披露する曲として最初に決まった演目です。

これも踊りの先生をお呼びして、みっちり練習しました。

さらに、コンサートで歌うための歌詞、お客さんに配るプログラム、

合唱団用の楽譜、などなど。夜を徹しての準備です!

すると、塾生たちから自然と「歌声」が!?

作業をしながら一人の塾生が鼻歌を口ずさむと、
周りが合わせ、いつの間にか合唱が始まります。

「歌声のチカラ」の塾生ならではです!

……というのは嘘で、そうするようスタッフがお願いしてみました。

一応やってはくれましたが、なんだか不評。

どうやら、「花は咲く」を歌いながら「故郷」の歌詞カードを作っていると、
訳が分からなくなるとのこと。

ご多忙なところ大変失礼いたしました。



utagoe9_junbi9.jpg









 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:08時00分 | カテゴリ: | 固定リンク

 
2015年01月24日 (土)

明日へ1min「未来への芽⑰」 1/26(月)放送です

東北発☆未来塾から、
「明日へ1min 未来への芽」 放送のおしらせです!

最新作の放送決定です!

1月26日(月) 19:56~19:57 @総合テレビ
 明日へ1min 未来への芽 vol.17 
          「Chance Seed 学生限定復興バスツアー」



※イレギュラーなことが起こると、差し替えになる可能性があります。
ごめんなさい。


「Chance Seed 学生限定復興バスツアー」は、
首都圏の大学生と、被災地を結ぶためのバスツアー。

「東北で何かしたいけど、きっかけがない」という学生たちに向けて、
日本女子大学4年の水沢友里奈さんが代表を務めるChance Seedが、
企画、運営をしています。

今回は、福島県へのバスツアーの模様を紹介します。


1min_17.jpg












再放送もあります。

1月28日(水)15:12~15:13@総合テレビ予定)です。

お見逃しなく~!


この他にも番組HPでは、
「未来への芽」のロングバージョン(若干)を公開しています!
http://www.nhk.or.jp/ashita/miraijuku/local/

ぜひご覧ください!



 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:12時00分 | カテゴリ:番組からのおしらせ | 固定リンク

 
2015年01月23日 (金)

「演劇のチカラ」塾生募集、締め切りました


「演劇のチカラ」の塾生募集は締め切りました。

たくさんのご応募ありがとうございました。



━━━━
━━━━━━━━━━━━━━



2015年4月放送予定の塾生を緊急募集します!

 

4月の未来塾は「演劇のチカラ」

 

講師は、今、
日本でもっとも注目されている劇作家・平田オリザさんです。

平田さんは、
「演劇はコミュニティーづくりに役立ち、対話力を高めるチカラがある」
といいます。

福島県を舞台に、
東北復興のために必要な「演劇のチカラ」を学びます。

演劇経験のない方も大歓迎です!


engeki_bosyu.jpg

















<募集要項>

【条件】 福島県
出身/在住の方

【撮影予定日】 
  2月11日~15日、3月1日・2日

【撮影予定場所】  宮城県女川町、仙台市、福島県いわき市

 ※ 撮影期間中の交通費や宿泊•食費などは番組で負担致します

【放送予定】 2015年4月6、13、20、27日

【参加方法】 お名前、年齢、学生の方は学校名(学年や専攻なども)、
         ご連絡先(携帯電話番号・メール)、
         参加動機(簡単なものでOK)を
明記の上、
        
お申し込み下さい

 
【締め切り】  1月 31日(土) 

 ※番組スタッフの協議の上、最終的に参加者の方を決めさせていただきます


ご応募お待ちしております!

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:10時28分 | カテゴリ:番組からのおしらせ | 固定リンク

 
2015年01月22日 (木)

明日へ1min「未来への芽」 1/24(土)放送です

東北発☆未来塾から、
「明日へ1min 未来への芽」 放送のおしらせです!

最新作の放送決定です!

1月24日(土)午前10:49~10:50@総合テレビ
 明日へ1min 未来への芽 vol.16 気仙沼みらい創造カレッジ


※イレギュラーなことが起こると、差し替えになる可能性があります。
  ごめんなさい。


気仙沼みらい創造カレッジは、
山形大学3年の吉田祥さんたち大学生が、気仙沼の高校生と交流する活動です。

気仙沼では、高校卒業後、町から出て行く若者が多いため、
高校生たちは歳の近い先輩と話す機会が少ないといいます。

今回は、 大学生活についての質問や
進路の相談に答えるイベントの模様を紹介します。


1min16.jpg













お見逃しなく~!


この他にも番組HPでは、
「未来への芽」のロングバージョン(若干)を公開しています!
http://www.nhk.or.jp/ashita/miraijuku/local/

ぜひご覧ください!

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:13時10分 | カテゴリ:番組からのおしらせ | 固定リンク

 
2015年01月21日 (水)

会場配置案完成!

 こんにちは。1月未来塾担当のKです。

前回に引き続き、塾生たちの『陰の努力』パート2です。

コンサートで歌う曲を決めた、講師の森公美子さんと塾生たち。

次に会場の配置を決めます。

今回、合唱団に参加しているのは……
2か所の仮設住宅に住んでいる皆さん60人。
中学校の合唱部とPTA合唱団の皆さん17人。
当日伴奏を担当してくれる宮城教育大学交響楽団の皆さん30人。
そして、塾生10人。

全員合わせると約120人の大所帯です。

加えて、当日はお客さんが入ります。これをどう配置すればいいのか?

当初スタッフは、会場の前方を舞台、それ以外は客席と決め、
歌う人が順番に舞台に上がって歌声を披露する、と考えていました。

自分の出番が来るまで、歌わない人は別室で待機するわけです。

しかし、これに“待った”をかけた、森さんと塾生たち。

「今回の主役は、合唱団だけじゃない。見に来てくれたお客さんも主役。

逆に言えば、歌っていないときは合唱団のメンバーであっても
お客さんとして楽しんでほしい。


だから、これ(スタッフ案)ではいけない!」

そんなことを言われ、カチンときながらも、冷静に対応します。

「確かに、ご立派な考えです。ではどうすればよいですか?」

そうして出てきたのが、写真のようなアイデア。

utagoe8_haichi8.jpg













中心を持たない斬新な配置

全員が中央に向かう配置は、いかにも会場全体に一体感を生みそうです。

ぐうの音も出ないアイデアに、内心ひれ伏しながらも

「まあ、皆さんのコンサートですからご自由に」と
空しい虚勢を張ってみました。

コンサートをお楽しみに。

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:08時00分 | カテゴリ: | 固定リンク

 
2015年01月20日 (火)

セットリスト完成!

 こんにちは。1月未来塾担当のKです。

ついに次回、
待ちに待ったコンサート開演!というところまでやってまいりました。

これまでの放送で、コンサートへ向けた練習の様子をお伝えしてきました。

が、森公美子さんと塾生たちは、練習だけをやっていたわけではありません。

というのも、今回塾生たちは、音楽番組に歌を披露しにきた演者さんではなく、
“被災地に元気を与えるためのコンサート”を実現するために
集まったのです。

私たちスタッフはあくまで、コンサートまでの様子を観察するだけ。

だから、コンサート開催に必要な準備はすべて、
塾生たちで行わなくてはいけません。

でも、そうした『陰の努力』を放送でお伝えできませんでした。

そこで、
塾生たちがどんなことをしてきたのか、いくつかご紹介!!

まずは、セットリスト決めです。セットリストとは「演目」のこと。

誰にどんな曲を歌ってもらい、どんな順番で披露していくのか、
森さんと塾生は長い時間をかけて話し合いました。

曲を選ぶ際に難しいのは、以下の点です。

①練習時間が少ない →
 まったく知らない歌を一から練習する時間はありません。
 既にみんなさんが知っている歌を選ぶ必要があります。

②全世代が知っている曲 →
 たとえば、仮設住宅で暮らすご年配の方たち全員が知っていても、
 コンサートに来てくれたお客さんたちが知らなければ困ります。

お客さんたちとも声を合わせたい……そんな狙いもあり、
曲選びをより一層難しくさせました。

③合唱に合う曲 →
 言わずもがな、今回は合唱です。
 みんなで声を合わせて歌える曲って、実は少なかったりします。

いろいろな条件がある中で、
森さんと塾生たちが選出した候補曲は、写真にある通り。

utagoe7_setlist7.jpg






















この中からどんな曲が最終的に
歌われることになったのか。

ぜひ第4週をお楽しみに!

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:17時25分 | カテゴリ: | 固定リンク

 
2015年01月15日 (木)

1/17(土)再放送決定!「復興するチカラinアメリカ」

番組からのおしらせです。


昨年9月に放送した、「復興するチカラ inアメリカ」が、

今週土曜日に再放送します。

1月17日(土)14:00~14:55 @Eテレ


東北から世界へ飛び出した、未来塾特別編!

防災・減災研究のスペシャリスト、関西大学准教授の永松伸吾さんを講師に迎え、

災害から、しなやかに復興するチカラ“レジリエンス” を学びます!

でも、“レジリエンス” って、何


本放送を見逃してしまった方はもちろん、
もう一度見たい!という方も、ぜひ・・・Check It Out!



america_encore.jpg












 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:17時25分 | カテゴリ:番組からのおしらせ | 固定リンク

 
2015年01月14日 (水)

世代の溝をうがつ歌:BELIEVE

 

こんにちは。1月未来塾担当のKです。

今回は「歌声のチカラ」ということで、
講師の森公美子さんも塾生も、現場では数多くの曲をうたいました。

また、合唱団のメンバーが、
中学生から仮設住宅に暮らすおばあさん・おじいさんまでの世代のため、
歌った曲は、古い曲から新しい曲までさまざま。

たとえば、仮設住宅では、「川の流れのように」「リンゴの唄」「青い山脈」。

一方、中学校では、「Over the Rainbow」「栄光の架橋」などなど。

といっても、世代は違えど、どこかで聞いたことがある有名な曲ばかり。

平成生まれの塾生たちも、曲を知らなくて戸惑うことはありません。

しかし、
中学生が歌ったある曲で、思わぬジェネレーションギャップが露呈しました。

その曲は「BELIEVE」

「♪たとえば君が傷ついて~」という歌い出しのこの曲は、
1998年にNHK番組「生きもの 地球紀行」のエンディングテーマとして発表され、
今では全国の小中学校で歌われています。

昭和生まれの私であっても、これは知っている。
実際、小学生か中学生時分に歌った記憶があります。

20代であれば(恐らく)誰でも知っているであろう、この曲、

不思議なことに、30代以降になると、
知っている人の数がめっきりと減ってしまうのです。

これはあくまでスタッフ内での印象にすぎません。

でも、ポピュラー音楽であるのに、
ここまで「世代間認知格差」が出るのはちょっと不思議な感じ。

さまざまなメディアで流通する歌謡曲とは違い、
学校文化の中だけにとどまり続ける合唱曲のトレンドは、
そうした世代間認知格差を作りやすいのかもしれません。

だからと言って、
20代だとサバをよんでいるかもしれない人に、
「“BELIEVE”って曲知ってます?」などと、
試すようなことは決してしないでくださいね。

※逆に、知っていれば全員20代であるわけでもありません。


utagoe5_believe5.jpg











 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:19時00分 | カテゴリ: | 固定リンク

 
2015年01月13日 (火)

合唱団 総勢90人!

 こんにちは。「歌声のチカラ」担当のKです。

前回で、出演者の紹介が終わったと思ったら大間違いです。

「歌声のチカラ」の目的は、
“名取市の皆さんを巻き込んで、合唱団を作り、発表会を開こう!”
というもの。

放送を見ていただければお分かりの通り、
森公美子さんと塾生が東奔西走し、一緒に声を合わせる仲間を集めました。

その数、総勢90人!

こうして結成された、『未来塾合唱団』をご紹介します。

まず、
名取市閖上地区の住民の方たちが入居している「愛島東部仮設団地」の皆さん

名取市内最大の仮設団地である愛島東部仮設からは、
地元で有名な「愛島ダンサーズ」なる強力メンバーを中心に多くの方が参加。

次に、同じく閖上地区の方たちの仮設住宅「箱塚桜仮設団地」の皆さん

名取市で一番初めに入居が始まった桜仮設には、
震災前のご近所同士が集められたため、結束力はピカいち。
 
そして、
名取市立第一中学校からは合唱部の生徒と先生、PTA合唱団も参加。

さらにさらに、コンサート当日には
宮城教育大学交響楽団30人によるオーケストラが編成されます。


ただ、一抹の不安が。

お客さんは集まるのだろうか?

歌う人の方が多いってことにならないだろうか?


utagoe4_100nin4.jpg















 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:19時30分 | カテゴリ: | 固定リンク

 
2015年01月10日 (土)

塾生紹介②(宮城教育大学)

こんにちは。1月未来塾担当のKです。

前回に引き続き、『歌声のチカラ』の塾生を紹介します。

今回は、宮城教育大学から参加してくれた、4人です。

阿部菫花さんと斎藤礼花さんの4年生2人と、
大越穂高さん、清水美那さんの3年生2人。

4人は、“宮城教育大学交響楽団”という部活に所属しており、
阿部さんはチェロ、
斎藤さんはトロンボーン、
大越さんはクラリネットで、
清水さんはファゴットを演奏しています。

しかしながら、今回のテーマは『歌声』。
楽器を披露する機会はないと思いきや、
なんと、
最後の発表会に、宮城教育大学交響楽団が登場。

すばらしい伴奏で、合唱を大いに盛り上げてくれました。

発表会の模様は第4週の放送です。

交響楽団の活躍を、お見逃しなく!



utagoe3_miyakyo3.jpg















 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:12時00分 | カテゴリ: | 固定リンク

 
2015年01月09日 (金)

塾生紹介①(宮城学院女子大学)

 こんにちは。1月未来塾担当のKです。

今月の『歌声のチカラ』の講師は、森公美子さん!

女性の講師は、2014年6月の特別編の枝廣淳子さん以来です。
レギュラー放送では、その枝廣さんの『エネルギーのチカラ』以来、
なんと1年ぶり!

しかも今回は、塾生が全員女性!しかも女子大生!その数なんと10人!

と言っても、意図して女性ばかりを集めたわけではありません。

「歌声のチカラ」では、
合唱をこれまでやったことがない人たちも巻き込んで、発表会を行います。

ということで、塾生たちには合唱指導をしてもらう必要があったので、

音楽を専門的に勉強している人や、
大学で音楽の部活に所属している人たちに、声を掛けた結果……

自然と、女性だけになっしまった、というのが事の真相です。

なので、
「女子大生限定」を掲げていたわけではないのです、繰り返しますが。


では、塾生紹介。

まずは、
宮城学院女子大学から参加してくれた6人。全員音楽科の学生です。

引地理恵さん、菅原千聖さんの4年生2人と、
山根亜柚さん、菊池由乃さん、松澤佑果さん、千葉菜々美さんの2年生4人。


講師の森公美子さんは、宮城学院中学校・高等学校の出身で、
つまり、6人は、森さんの後輩となるわけです。

彼女たちの活躍を是非お楽しみに!


utagoe2_miyajo2.jpg
















 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:21時00分 | カテゴリ: | 固定リンク

 
2015年01月05日 (月)

1月は歌声!

あけましておめでとうごいます。

1月未来塾担当のKです。

今年の4月で、未来塾は4年目に突入します。

東北の復興は、相も変わらず遅々とした様相ではありますが、
いち早い復興を願い、番組作りにまい進していこうと思います!

2015年、一発目の未来塾は歌声のチカラ

講師は、宮城県仙台市出身の歌手・森公美子さんです。

震災後、多くのミュージシャンが被災地を訪れ、
東北の方々を音楽によって元気づけてきました。

しかし、震災5年目を迎えようとする今、
「東北の方々が声を出し、全国へ、また世界へ発信していく必要がある」
と、森さんは言います。

そのとき、歌声は、
長い仮設住宅生活の中で、思いっきり声を出すことのなくなった人々に元気を与え、
震災の記憶を風化させていく人々の関心を、再び東北へ向けさせるはず!

森さんと塾生たちが目指すのは、
宮城県名取市の方々とともに合唱団を作り、発表会を開催すること

仲間集めに、合唱指導、発表会の準備にと、
森さんと塾生たちが名取市を奔走しながら、「ともに歌うこと」の意味を考えます。

お楽しみに~。


utagoe1_mori1.jpg


























 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:15時30分 | カテゴリ: | 固定リンク

 

ページトップへ