2013年7月

2013年07月31日 (水)

8月のテーマは「前を向くチカラ」 By 乙武洋匡さん

どーも、ADのHASIMOです。

明日からは、8月ですが、

8月の未来塾のテーマは「前を向くチカラ」!

「五体不満足」の著者としても有名な乙武洋匡さんを

講師に迎えます☆ 

 

そして、今回は、塾生を一般公募しました。

募集の条件は「進路や進むべき道について悩んでいる」若者。

 

そんな募集に集まってくれたのが、5人の大学生と高校生でした!

 

カメラの前で、自分の「悩み」を本気で語ってくれた塾生たち。

悩みや弱さをさらけ出すって、とっても勇気が要ることですよね。

しかも、カメラの前でとなると尚更だったはずです。

 

しかし、今回の撮影では彼らのそんな本気の姿が、

講師である乙武さんを“本気”にさせるというハプニングを呼び込みました。

どんな“本気”だったかは、放送でご覧下さい!

 

8gatsu-syugo.jpg

 

<左から>

 

吉田愛美さん(21)

慶応義塾大学

 

櫻井みづきさん(19)

立教大学

 

畠山佳那子さん(21)

仙台白百合女子大学

 

講師:乙武洋匡さん

 

田中千春さん(18)

光が丘女子高校

 

加藤真之佑くん(19)

東北大学

 

東北の地で、乙武さんは塾生たちに何を伝えるのでしょうか?

前向きに生きるためのノウハウが満載!8月の未来塾を是非ご覧下さい!

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:08時00分 | カテゴリ: | 固定リンク

 
2013年07月30日 (火)

遠野の歴史を学ぶ

どーも、東北発☆未来塾のMです。

 

今月放送している「農業のチカラ」では、講師の多田克彦さんが

「魅力的な農業加工品には、地域の風土やストーリーが織り込まれている。」

と教えてくれました。

 

そこで、塾生たちは遠野の博物館や図書館を訪ねて、

この地域の風土を学びました。

 

kengaku.jpg

 

ちなみに、遠野は「妖怪」でも有名な場所。

河童や座敷わらし、天狗などの妖怪が出たという話がいっぱいあります。

しかも、凄いのが、話が妙に具体的に伝わっているところ。

 

例えば、河童が@@という村の@@さんの所に遊びに来たとか

座敷わらしを@@家の居間で見たとか。

 

今も地域に暮らす方々の先祖の名前が出てくるようなんです。

しかも、説話っぽい説教臭さが無く、

田んぼを手伝って帰っていたっとか、こういうやりとりがあったとか

過去に実際に起こったことの記録のような雰囲気で話が残っています。

 

そのためか、以前に泊まった民宿の女将さん曰く、

「ああ、“座敷わらし”なら、たまにその辺にいますよ」って。

ありがたがるでもなく、近所の子どもが遊びに来たような話しっぷりでした。

 

それだけ、妖怪の存在が身近なものとして地域に浸透しているんですかね。

俺も怖くない奴なら会ってみたいなぁ~。

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:08時03分 | カテゴリ: | 固定リンク

 
2013年07月28日 (日)

農場内ベンチャーとは?

どーも、未来塾のMです。

昨日に引き続き、未来の農業への多田克彦さんの提案をご紹介します。

 

多田さんの提案②「農場内ベンチャー」

 

noujyou.png

 

農場内ベンチャーとは、農業で起業したい人を育成する試みです。

農場内で修業しながら、農業のスキルを高めたり、農場の設備を使うことで

起業のハードルを低くしようとしています。

 

多田さんの農業ではおよそ10年前から、この試みを行い、

2名が実際に起業を成功させました。

 

しかし、その陰には途中で断念した人も多かったと言います。

少しでも農業への参入者が増えればと多田さんは考えているようです。

 

もちろん、多田さんにもメリットはあって、やる気のある優秀な人材が

自分の農場の戦力になりますし、起業後も完全に独立して、

何処かに行ってしまうわけではなく、お互いに協力しながら

農業を続けるため、多田農場の発展にも繋がっているんです。

 

多田さんのような若者を受け入れる農家が増えれば、

養成所のように若手農家が修業出来る場所が増えて、

農業への参入が少ししやすくなるかもしれませんね。

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:08時33分 | カテゴリ: | 固定リンク

 
2013年07月27日 (土)

農地信託方式とは?

どーも、未来塾のMです。

「農業のチカラ」はいかがだったでしょうか?

 

未来の農業の形について、多田克彦さんからいくつかの提案がありました。

今回は、その一部を改めてご紹介したいと思います。

 

多田さんの提案①「農地信託方式」

nouti_1.png

 

農地信託方式とは、農地を持つ人が自治体などに土地を預け、

借り手が付いた時に賃貸料を受け取る仕組みです。

 

nouti_2.png

 

自治体などが窓口になることで、新しく農業を始めたい人が土地を

借りやすくなります。一括で大きな土地を借りられるメリットもあります。

 

じつは、既に、このような方式を導入し始めている自治体もあるようです。

しかし、番組内でもご紹介しましたが、土地を財産と考える気質が日本人にはあるので

預けてもらえるように人間関係を築くまでに時間が掛かるなど

運用にはまだまだ課題があるみたいです。

 

でも、いい考え方だと思うので、ぜひもっと広がってほしいですよね♪

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:08時20分 | カテゴリ: | 固定リンク

 
2013年07月26日 (金)

塾生からの贈り物♪

どーも、未来塾のMです。

農業のチカラはいかがだったでしょうか?

 

多田克彦さんにたっぷりと学んだ学生達から多田さんに

プレゼントがありました!

 

shikishi-tite.JPG

それが、多田さんの手元にある色紙です♪

 

shikisi-up.JPG

 

ちなみに、スタッフにも貰っちゃいました。えへ。

gakuseishikishi.jpg

 

こういうのって、凄くうれしいですよね。

あー、何か、やる気出てきた。w

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:08時11分 | カテゴリ: | 固定リンク

 
2013年07月25日 (木)

学生の発表③~森のキャンドル~

どーも、未来塾のMです。

 

学生の発表第3弾です。

今回は最初に「フレッシュサンド」を発表した青木・鎌田・山本チームが

もう一つ考えた商品をご紹介します。

 

その商品とは「森のキャンドル」。

くるみの実を取り除いたあとの殻をデコレーションして、

キャンドルを付けたものです。

これは多田さんの農場から大量のくるみの殻が出ていたことに

着目して発想したものでした。

 

mori-candle.jpg

 

確かにおしゃれで、人気がでそう。

でも、この「くるみキャンドル」その見た目以上に、

農業にとってとても合理的な商品なのだと彼らは言います。

 

 

-------------------以下、学生の発表-------------------

 

【青木】

1つ目。簡単な作業でできます。

とりあえずクルミの殻もちょっとした部分を削る必要はあるんですけども、

あとは手作業でできる簡単な作業です。特別な機械は必要としません。

 

【山本】

そして2つ目。

 

【青木】

農閑期でもできます。

クルミの加工なので、殻の加工なので、いつでもできて、

貴重な冬場の収入源にすることができます。

 

【山本】

そして3つ目。

 

【青木】

農閑期である冬場はキャンドル需要があるということで、

12月はクリスマス、2月はバレンタイン、3月はホワイトデーということで、

カップルのイベントが目白押しですね。

 

そうすると、こういうキャンドルで2人の時間を彩ってもらうと。

そういうところに着眼した「森のキャンドル」です。

 

-------------------以上、学生の発表-------------------

 

 

今までくるみの殻の商品化など考えたことがなかった多田さんはビックリ!

「よく思い付いた!」と賞賛を送りました。

「いいヒントをもらいました」と上機嫌の多田さん。

もはや「ヒント」ではなく、「答え」なのでは?

ともかく、大成功を収めた学生の発表でした!

本当に放送で紹介できないのが残念でした。

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:08時14分 | カテゴリ: | 固定リンク

 
2013年07月24日 (水)

学生の発表②~三種のお茶~

学生の発表第2弾。

 

今回は、東北大学農学部・平松さんと

慶応大学で街づくりの活動を行っている久保田さんの発表をご紹介します。

 

彼らが考えた商品は「三種のお茶」。

 

3tea.jpg

 

先にご紹介した学生たちと同様、

余ってもったいない野菜をどうにか活用できないかと考えたことがきっかけでした。

しかし、その野菜を「お茶」にしようというところがポイント。

このことにより実は大きなメリットが生まれるのです。

 

【久保田】

これには実は4つのポイントがあります。

まず一つ目は、軽い、小さいということです。

これまで野菜を詰めるにはダンボールに野菜を詰め込んでいたので、

重くて大きくて、輸送費がかさんでいました。

 

それを三種のお茶という形でパッケージ化することによって、

軽く、小さく、計量化することができ、安価な輸送費で発送することができます。

 

そして2つ目が日もちするということです。

ケーキであったりとか、プリンであったりとか、

あと生鮮の野菜では賞味期限が短かったんですが、

このお茶にすることによって賞味期限が長く、

おみやげ品や贈答品にもピッタリとなります。

 

 

そして3つ目は、お茶をそのまま飲むものですから、

無農薬なので安心だということです。

 

飲むことによって、例えば農薬とかがかかっていたら、

不安な部分があると思うんですけども、有機栽培をしているので、安心。

高齢者も子どもも安心です。

 

そして4つ目が、いろんな商品とコラボレーションをすることができます。

例えばソフトクリームでも、三種のお茶入りソフトクリームであったりとか、

三種のお茶入りマフィンであったりとか、

そういうものを派生商品をつくることができます。

 

 

この発表に多田さんは感嘆。

 

「お茶にしようという発想はなかった。

ごぼう茶が今売れているというのは知っていたけど」と絶賛。

 

何やら多田さんの目が光っていると感じたのは私だけでしょうか?

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:08時07分 | カテゴリ: | 固定リンク

 
2013年07月23日 (火)

学生の発表①~フレッシュサンド~

予告しておりました学生の発表、ついに大公開です。

 

まずは東北大学の農学部・青木さんと鎌田さん、

それに唯一の高校生・山本さんのグループがプレゼンした新商品からご紹介します。

 

彼らが考えた商品は題して「フレッシュサンド」!

 

この商品は多田さんの農場から毎日出る余りの野菜や

パンに目を付けたことがきっかけでした。

それでは彼らの発表をご紹介します!

 

fresh-sand.jpg

 

【3人】

フレッシュサンド~! 

 

【青木】

なんの変哲もないただのサンドイッチなんですけれども、

パンの余りものだとか、あとは出てきた野菜とかで、

こういうふうにサンドイッチにして売ってしまえば、

そのまま捨てるよりはずっと利益にもなるし、

資源の有効活用ということでいいんじゃないかということで考えました。

 

このフレッシュサンドのポイントは2つです。

 

【山本】

一つ目!

 

【青木】

今、あるもので作れる。

設備だとか食材も既存のもので作ることができます。

 

サンドイッチぐらいだったら、新しい機械が必要というわけでもないし、

チーズもありますし、トマトとかレタスとかいろんな野菜を作っている。

 

【山本】

そして2つ目!!

 

【青木】

余った材料は、日に日に変わるということで、そうすると毎日出しても、

日々商品に変化をつけられる。

そうところが2つ目のポイントです。

 

‐‐‐‐これ以下、担当ディレクターの主観。w‐‐‐‐‐‐‐‐

 

発表のポイントをまとめると・・・

 

1) 新たな設備投資が必要ない。

2) 日々の余った食材を使うことが「変化」になり商品の魅力にもなる。

 

と、言うことのようです。

 

他にも、道の駅を見学した時に、お弁当などのお惣菜が売れていることも

塾生たちは発見しており、そのこともサンドイッチが良いんじゃないかと思った

要因の1つみたいでした。

 

更に、はたから聞いていて、他にも魅力はいっぱいありそうでした。

例えば・・・

A) 片手で食べられるため、車の中でも食べやすい。(道の駅だし。)

B) 「農家のサンドイッチ」ってブランド力ありそう。

C) 名前でも遊べそう。

  「SUN土イッチ」とか、「太陽」と「豊かな土」が原材料ですみたいな。w

 

ちなみに、学生の発表後、多田さんが

「サンドウィッチの商品化はずっと考えていた。」とカミングアウトして学生たちビックリ。

「来年までには商品化させます。」と約束してくれました!

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:08時31分 | カテゴリ: | 固定リンク

 
2013年07月22日 (月)

幻の発表(予告。w)

こんにちは。「農業のチカラ」担当アシスタントのKです。

 

未来塾といえば学生たちの発表。

講師に教えてもらったノウハウを生かして、

集大成として課題に取り組むのが定番となっています。

 

今回も、1日半をかけ学生に課題に取り組んでもらいました。

お題は、新しい商品のプレゼン。

講師である多田さんの農場にあるものを使って新しい商品を考えるという課題でした。

 

presents.jpg

 

その発表ですが、多田さんが感嘆するほどに完成度が高いものでした。

「数日でここまで理解して、考えられるのはすごい」と多田さん。

是非、そんな学生たちの発表をお楽しみ!・・・・

といいたいところなのですが、実は放送はされません。

 

残念なことに1回20分という未来塾の放送時間では

紹介することができそうにないのです。

 

本当に申し訳ないです!

 

ということで、その素晴らしい発表は、このブログでご紹介します!

お楽しみに~!

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:08時25分 | カテゴリ: | 固定リンク

 
2013年07月21日 (日)

早口言葉ではありません!

どーも、未来塾のMです。先日も募集しましたが、

 

8月29日の未来塾はスペシャルバージョン!

 

その塾生を大募集

 

テーマは「東北を応援するチカラ

 

 

復興活動に関わりたいと思いながら、なかなか機会が持てない、あなた!

この夏、宮城県南三陸町を訪れて、

今、どんな支援が求められているか学びませんか?

 

南三陸町に住んでいる人、支えている人、

そして番組応援団長のサンドウィッチマンと一緒に東北をどう応援するかを考えます。

 

sand_Hp_kai.png

 

この夏、一歩踏み出して被災地で復興について考えてみませんか?

皆さんのご応募をお待ちしています。

 

ちなみに話ですが、3週目にサンドウィッチマンさんによる募集の映像が

流れましたが、この収録は大変でした。

「みやぎけん、みなみさんりくちょう」と早口言葉顔負けの「み」の連続が

富澤さんを苦しめ、何度も噛んでしまい、何と録り直しを5回も行いました。w 

 

 

<募集概要>

 

日程: 8月上旬から中旬を予定

 

場所: 宮城県南三陸町(5日程度)および都内(1日を予定)

 

参加方法:

お名前、連絡先(携帯・メール)、学校名(専攻・学年なども)、

参加したい理由(簡単でOK!)を明記の上

 

miraijuku@nhk-ed.co.jp までご応募ください。

 

※題名を【未来塾スペシャル塾生応募】としてください。

 

 

対象: 高校生から大学院生および24歳くらいまで

 

参加者の人数: 5名程度   ※応募者多数の場合は選考させていただきます。 

 

締め切り:7月22日(月)24:00

 

※締めきり、明日です。

興味のある方は急いで応募してくださいね♪

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:08時23分 | カテゴリ: | 固定リンク

 
2013年07月20日 (土)

タイトルコール失敗の光明

こんにちは。「農業のチカラ」担当アシスタントのKです。

 

今日は「タイトルコール」の話。

 

未来塾でいうと、講師が「東北発!」と叫んだあとに、その周りを取り囲む学生達が

「未来塾!」と拳を突き上げる、アレです。

皆さん、よくテレビで見かけるでしょ?タイトルコール。

 

titlecall-success.jpg

 

だいたい2週に一度はタイトルコールを使って番組を盛り上げています。

そして、今回も使いました。しかし、今までと違うのは、

失敗テイクを本編にふんだんに使ったことです。

 

これは「タイトルコールを成功させるコツ」と関係があります。

 

タイトルコールにはコツがあります。まず、声が揃っていること。

しかし、当然タイトルコールなど経験の無い講師や学生達には難しいですよね。

必ず一回は失敗します。w

 

titlecall-miss.jpg

次に、タイトルコール後、数秒はそのままの姿勢を保たなければいけないこと。

放送では「未来塾~」の最後の「く」の後3秒ぐらいはその余韻を残します。

余韻が残っていると、あとで編集がしやすいんです。すぐに手を下げられてしまうと

編集でお尻をカットするタイミングによって手が挙がった人と手が下がった人が

混在して格好悪いので、長めに手を挙げたままにしてもらいます。

 

つまり、声が揃ったからと油断して、すぐに手を降ろしてしまうと、

失敗になってしまうのです。

これも必ず一回は失敗しがちです。w

 

すると、1回OKのタイトルコールを撮影するのに、2回の失敗が起こるのです。

そして、成功したタイトルコールより、失敗したタイトルコールのほうが面白い。

今回は特にその失敗が面白かったので、成功しタイトルコールを使うのは止めました。

まあ、カンフー映画のエンディングのようなものです。

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:08時27分 | カテゴリ: | 固定リンク

 
2013年07月19日 (金)

リンゴ!

こんにちは。「農業のチカラ」担当アシスタントのKです。

 

第3週の多田さんの苦労話、凄かったですね。

農産物の輸入自由化はTPPなどタイムリーな事柄でもあるので

興味深かった方も多かったはず。

 

実は多田さん、この講義でこんな話もしていました。

それは昭和37年の「バナナ輸入自由化」の話。

 

--------多田さんの話--------

 

「昭和37年に自由解禁になって、『皮をむいて食べるバナナが入ってきたら、

俺たち、果物が売れなくなる』って騒いだ人がいる。青森県のリンゴ農家だよね。

リンゴが打撃を受けるようになるというわけ。

 

apple.jpg

 

当時、青森県のリンゴっていうのは、2種類しかなかったんだよね。

「国光」と「紅玉」、これしかなかった。

しかし、バナナが来るっていう恐怖感で品種改良を重ねて、

リンゴの品種が、今、すごい数になった。

 

それも秋から冬だけじゃなくて、年じゅう食べられるように、貯蔵法まで改良した。」

 

--------ここまで、多田さん話--------

 

リンゴも、これもピンチをチャンスにしたんですね!

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:08時05分 | カテゴリ: | 固定リンク

 
2013年07月18日 (木)

食べたことないホウレン草

こんにちは。

「農業のチカラ」担当アシスタントのKです。

 

「農業のチカラ」だから、農作業ばかりやるだろうと思って集まった学生達。

長靴や農作業用の服などを持参してやる気満々!!!

そこで、農作業もたっぷりやってもらいました。w

 

hourenso-tada.jpg

 

学生たちがお手伝いしたのはホウレン草の間引き作業。

ある程度育ったホウレン草の本数を減らし、

残ったホウレン草により多く栄養を行くようにする作業です。

多田さんから指示された間引き方は、

結構大胆で、半分以上を間引いてしまいます!

 

なんだか間引くのがモッタイナイと思ったのか、

「間引いたものを食べてみたい」と学生達が言い出しました。

すると「食べてみればいいよ。」と多田さん。w

 

学生たちは間引いたばかりのホウレン草を食べてみました。

おいしいらしく、歓声を上がりました。

 

hourenso.jpg

 

すると多田さん急に「そうかぁ、俺、間引いたのは食べたことないんだよね」。

え!?

「へえ~、まだしっかり育ってないホウレン草でもおいしいのか」なんて言いながら、

間引いたホウレン草を初めて口にする多田さんでした。

 

25年間、農家をしていても初めてのことってあるんですね。w

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:07時30分 | カテゴリ: | 固定リンク

 
2013年07月17日 (水)

1日16時間労働!?

こんにちは。

「農業のチカラ」担当アシスタントのKです。

 

未来塾は講師と学生が主役の番組。

なので、番組の中で講師や学生の紹介をするのですが、

講師の方が番組用の講義をしている場面以外に普段の様子の撮影も

念入りにおこないます。

 

そうした「紹介カット」を撮るためだけにロケへ行ったりもします。

 今回は、講師・多田克彦さんの紹介カットを撮影しに農場へ行きました。

 

多田さんは「敏腕農家」!

そこで、農作業をしている多田さんを撮りたいと申し込んだスタッフに対して

多田さんは、「俺、普段はあんまり農作業しねえからな」。

!?!?

 

というのも、社長である多田さんは草取りや作付けなどの

農作業を従業員に任せ、今では、専ら事務仕事が多いとのことなのです。

 

しかし、農業を始めた頃は朝から晩まで働き詰めだったそうです。

その当時の平均労働時間は16時間!

そんな生活を2年間続けたといいます。 

 

torakuta-.jpg

 

その当時を乗り越えたことを考えれば、大抵の

ピンチは、大したことがないように思えるそうです。w

 

農業って、修羅場の数だけ、強くなっていくんですね。ww

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:08時20分 | カテゴリ: | 固定リンク

 
2013年07月16日 (火)

カブトムシ

こんにちは。「農業のチカラ」担当アシスタントのKです。

 

2週目の放送が終了。いかがでしたでしょうか?

多田さんの牛舎、すごいですよね。

 

牛の排泄物が堆肥になり、またそれが人気商品として販売もされている。

もちろん、多田農場の野菜作りにも、牛舎で作られた堆肥が使われています。

 

しかし、そのまますぐに使うわけではありません。

牛舎からかきだした堆肥は、しばらく熟成します。その長さおよそ8年!

農場内にはそうした熟成中の堆肥の山が、あぜ道のわきなどに点在しています。

そして、たい肥の塾生具合を知るポイントは、

多田さん曰く、「カブトムシの幼虫が出るか出ないか。」

「ゴロゴロと出るようになったら完成!」だそうです。w

 

残念ながら撮影は5月の初めで少し早かったのかカブトムシの幼虫を

見ることはできなかったのですが、

使い時の堆肥では毎年暖かくなると幼虫が出るそうです。

 

放送で紹介したかったんですけど、残念です。ww

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:08時12分 | カテゴリ: | 固定リンク

 
2013年07月15日 (月)

何故なんだ、美織ちゃん?

どーも、未来塾のMです。

先日、美織ちゃんの収録を終え、台本を片付けていたら・・・

 

こんなの出ました。

 

naze-butanano.jpg

 

サングラスを掛けた豚。

略して、豚さん・・・。

略したら、何か可愛くなっちゃった。w

 

今日も、収録現場は平和です。

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:07時50分 | カテゴリ: | 固定リンク

 
2013年07月14日 (日)

アウトと呼ばれた男・多田克彦

こんにちは。「農業のチカラ」担当アシスタントのKです。

 

3週目は多田さんの過去が明らかになる回。

若かれし頃の多田さんが登場します。

 

多田さんは農業経営者ということもあって営業トークで磨かれた話術での

過去話は聞きごたえ十分なのですが、

今回はそれに加え多田さんの過去映像が入り、

臨場感たっぷりの回になっています。

 

その過去映像とは1992年に東北で放送されたNHK『リポートとうほく‘92』という番組。

サブタイトルはその名も「アウトと呼ばれる酪農家の挑戦」です。

 

「アウト」とは「アウトサイダー」の略。

あまり詳しくは言えませんが、1992年当時、農協を脱退して

自ら販路を求めていった開拓者たちを、農業界では「アウトサイダー」と呼んだようです。

 

今から、21年も前。多田さんは既に注目を集める存在だったのです。

放送前ですが、すこし皆さんにも多田さんの過去の姿を。

 

tada-san-kako.jpg

 

「今は随分落ち着いたんだな~」と本人談。w

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:08時30分 | カテゴリ: | 固定リンク

 
2013年07月13日 (土)

その後の塾生たち...

どーも、未来塾のMです。

 

今回、未来塾に集まったのは、

農家になりたかったり、農業を自らの活動に生かしたい学生達♪

現在も農業に関連した活動を続けています。

 

その一つが鎌田さんや平松さんが中心となって行っている

「耕作放棄地」を自分たちで畑として復活させてしまおうという企画。

 

kamada.jpg

 

仙台市内の耕作放棄地にサツマイモ、ゴマや大豆、枝豆などを植えたみたいです。

(赤いズボンが塾生・鎌田さん)

 

zenkei.jpg

 

今後は、収穫祭やイモ煮会なども計画しているのだとか。

 

hiramatsu.jpg

(右の女性が塾生・平松さん) 

また、動きがあったらお知らせしますね~♪

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:08時08分 | カテゴリ: | 固定リンク

 
2013年07月12日 (金)

アイスクリームとジェラートの違い!?

こんにちは。

「農業のチカラ」担当アシスタントのKです。

 

2週目が放送されました。多田さんのアイスクリームおいしそうでしたね。

ちなみに、道の駅で多田さんは、アイスクリームのほかに

ジェラートも販売しており、そちらも大人気商品です。

そこでこんなトリビアも披露していました。

 

 jera-to.jpg

 

「アイスクリームの定義って、乳固形分15%以上(うち乳脂肪分8%以上)なんですよ。

だから食べた時ああコクあるなって、あれ脂肪分なんですよ。

で、ジェラートはコクがないわけ。

 

それは脂肪分は半分、およそ4~8%パーセントだから、

だからヘルシーなんですよね。」

 

へえ~。知らなかった。w

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:08時18分 | カテゴリ: | 固定リンク

 
2013年07月11日 (木)

霧に沈む遠野の眺望

こんにちは。

「農業のチカラ」アシスタントのKです。

 

ロケは天候に左右されるもの。

特に今回のテーマである農業のロケではなおさらです。

 

だから、ロケ現場では、スタッフが雨男か晴れ男かがとても重要!

(雨女、晴れ女も同様に♪)

 

ご存じのとおり、今年のゴールデンウィーク後半戦は

全国的な雨模様でした。

 

すると、私たちは、日本列島における天候を北半球の雨雲の流動に

求めるのではなく、ある身近な一個人の特性に求めました。

 

※難しくあえて言ってみましたが、

 ようするに天気の悪いのをあるスタッフのせいにしました。w

 

今回の原因は一人のカメラマン。

そのカメラマンは日本列島を曇らせたばかりか、こんな現象まで引き起こしました。

 

遠野市には市街地を一望できるビューポイントがあります。

そこから市街地の景色を撮影しようとしていた時でした。

 

さっきまで晴れていた山の斜面を雨雲が駆け上ってきたかと思うと、

あっという間に展望台は霧に包まれてしまったのです。

 

ameotoko.jpg

 

午後の気温上昇で湿度があがったからかもしれませんが、

恐らくカメラマンが雨男だからです!

 

霧に沈む遠野の眺望。

昔話が今に生きる村、といえばイメージに合っていると言えるかもしれませんが、

今回は爽やかな農業の話です。

 

さんさんと照りつける太陽の下、たわわに実る農作物。

そんな世界を求めていました。

 

そして、撮影をあきらめ、車で山を下りてくると、

空には嘘のような虹が!!!

でも、引き返して撮影する時間の余裕はありませんでした。

 

雨男さん、困りますよ。。。

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:08時00分 | カテゴリ: | 固定リンク

 
2013年07月10日 (水)

銭湯で感じた本当の便利さとは

こんにちは。「農業のチカラ」アシスタントのKです。

 

今回のロケ地、岩手県遠野市には合計で5日間滞在しました。

民宿で4部屋を借りての、学生を含めた総勢12名による合宿生活です。

そんな時、問題になったのがお風呂でした。

 

旅館のような大浴場やビジネスホテルのような個別のシャワールームが

あれば問題ないのですが、民宿ではそうはいきません。

 

どこにでもある家庭風呂に12名で順番ずつ入ることになります。

そこで、二日目の夜からは、近くの銭湯へ行くことになりました。

 

民宿から徒歩10分。

遠野市街地にある唯一の共同浴場「亀の湯」さんです。

入り口のガラス戸を開けると、小さな番台がある昔ながらの銭湯です。

 

実は長らくやめていた営業を震災後に再開したのだと言います。

というのも、その銭湯は石油ではなく薪で沸かすタイプ。

 

震災でライフラインが途絶えた当時、貴重な存在だったのです。

その後は、釜石市に近いということもあり、

ボランティアの方たちが遠野に数多く訪れ、

銭湯の存在はますます重要なものになりました。

 

農業の持つ緊急時の強さを訴える多田さんの声が重なります。

土から作物を収穫すること、木から火をおこすこと。

 

一見、泥臭いイメージがあったり、大変そうにみえる両者ですが、

私達がお手軽で便利だと思っていることの方が

ずっと不安定で危ういものではないのだろうかと

考えさせられた瞬間でした。

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:07時40分 | カテゴリ: | 固定リンク

 
2013年07月09日 (火)

ロケ後の塾生追跡記。w

どーも、東北発☆未来塾のMです。

 

農業のチカラのロケが行われたのは

大型連休(ゴールデンウィーク)の後半、その後、5月下旬に

塾生に近況を聞いてみたら、「農業のチカラ」を磨いていました。w

 

tagayasu.jpg

<写真  左: 鎌田大地さん   中央:平松希望さん   右:たぶん友達。w>

 

今年1月、鎌田さんや平松さんらが中心になって、

「ToDo会」という「食」や「1次産業」に興味のある若者の集まりを作ったそうです。

 

そして、5月下旬、ToDo会のメンバーと共に農家さんから、

2年近く放置され耕作放棄地となっていた2反部ほどの畑を借りしたそうです。

 

写真は、手始めに測量や石拾い、地ならし、ゴミ拾いをした時の様子です。w


今後は、その土地の持ち主である農家さんから指導してもらい、

作物を育てていく予定だそうです。

 

noukasanto.jpg

 


「種まきや草刈、収穫など人手が足りないときは

イベントとしていろんな人に来ていただき、楽しんで農作業をしようと考えています。」

 

とのことなので、興味のある方は是非!

また、具体的な日程などの情報が手に入ったら告知しますね☆

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:08時03分 | カテゴリ: | 固定リンク

 
2013年07月08日 (月)

幸せ探し 答え合わせ♪

どーも、未来塾のMです。

 

先日、ご紹介した塾生たちが行っていた四葉のクローバー探しの答え合わせです。

まだ、やっていない方は、まず、2日前の記事を見て

是非、挑戦してみてください。

 

では、今、残っている方は、既に発見した方か、

挑戦したけれど残念ながら見つけられなかった方ですね?

 

まだ、悔しさが残っている方は、先日の記事をもう一度見て

探し直してくださってもいいですよ。

 

 

 

発表しちゃいますよ、いいですね!?

 

 

では、答え合わせです。

 

shiawase-no-kotae.jpg

 

どうですか?見つけられていましたか?

念のため、元の画像も載せておきます。

 

 

shiawase.jpg

 

以上、幸せ探しでした~♪ w

 

shiawase-mitsuketa.jpg

 

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:08時00分 | カテゴリ: | 固定リンク

 
2013年07月07日 (日)

塾生、ロケ中に誕生日を迎える。

どーも、未来塾のMです。

今回、塾生の中にロケ中に誕生日を迎えた女の子がいました。

山本未来(やまもと・みき)さんです!

 

 yamamoto.jpg

 

そこで、こんなものを用意しました♪

 

tanjobi.jpg

 

誕生日ケーキ代わりに、ロケ場所の近くで買ったアップルパイです。

本当はイチゴのショートケーキを丸ごと1個!にしたかったのですが、

手に入れられず・・・。

 

さらに、よく見てもらえると分かると思うのですが、

「みきちゃん」の文字がめっちゃ下手です。w

 

決して、自ら書いたわけではなく、ケーキ屋のベテランっぽいおばちゃんに

文字入れをお願いしたのですが、ご覧のとおりです。

 

でも、その下手さが、ずば抜けていたので話は盛り上がりました☆

 

まぁ、何より、皆のお祝いの気持ちは伝わったと思うので良かったです♪

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:07時56分 | カテゴリ: | 固定リンク

 
2013年07月06日 (土)

【締切明日!】9月塾生募集中!

9月「街をつくるチカラ」塾生大募集!

 

9月のテーマは、「まちづくり」。講師は、都市計画家の西郷真理子さん。

川越のまち並み保存、滋賀・長浜、香川・丸亀の商店街活性化などを成功させ、

震災後は宮城県・石巻や大船渡のまちづくりに取り組んでいる、

まちづくりのスペシャリストです。

 

saigou.JPG

 

 

「地方都市のまちづくりも、被災地のまちづくりも基本は変わらない」

と西郷さんは説きます。

 

まちづくりの大切な“基本”とは一体何なのでしょうか?

 

今まさに復興へと動き出している石巻・大船渡のまちづくりの現場、

年間200万人もの観光客が訪れるようになった長浜を訪れ、

被災地だけでなく全国各地にも活かせる“まちづくりのチカラ”を学びます!!

 

西郷さんに学びたいという方、大募集します!

 

まちづくりの現場にも参加できる貴重なチャンスです。

理系文系、大学生・高校生、問いません!

ご興味ある方、ぜひお気軽にご応募ください。

 

夏休みを利用して、一緒に“まちづくり”を考えましょう!

 

 

<募集要項>

  

・撮影予定日:

7月26日(金)~28日(日)@宮城県石巻市&滋賀県長浜市

8月7日(水)、8日(木)@宮城県石巻市

 興味のある方は下記にまずはご一報ください。

 

・応募対象:

まちづくりに関心がある大学生・高校生。(文系・理系問いません)

※なお、申し訳ありませんが、東北在住の方に限らせてください。

特に、石巻や仙台在住の方、大歓迎!

 

・撮影予定地:

宮城県・石巻市、滋賀県・長浜市の2か所

 

・応募方法:

お名前、連絡先(携帯・メール)、学校名(専攻・学年なども)、

参加したい理由(簡単でOK!)を明記の上、ご応募ください。

※題名は【9月塾生応募】としてください。

 

・応募締め切り:

2013年7月7日(日)24:00

 

・応募人数:

5~8人程度 ※応募者多数の場合は選考させていただくことがあります。

 

・備  考:

交通費、宿泊費など、撮影に関わる費用は番組がお支払いいたしますので、

費用のご心配はなさらずにご応募ください。 

 

皆さんのご応募お待ちしております!   

投稿者:スタッフ | 投稿時間:11時30分 | カテゴリ: | 固定リンク

 
2013年07月06日 (土)

幸せ探し♪ 【制限時間1分。w】

どーも、未来塾のMです。

 

撮影の空き時間に塾生たちが集まって

何かに夢中になっていました。

 

shiawasesagashi.JPG

 

これは・・・、!!!

四葉のクローバー探しです。

 

では、皆さんも挑戦してみてください。

制限時間は1分です。w

では、用意、スタート~♪

 

shiawase.jpg

 

どうでしたか?

見つかりましたか?

 

答えは、明後日、発表しまーす♪

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:08時12分 | カテゴリ: | 固定リンク

 
2013年07月05日 (金)

可愛い挿し絵♪

どーも、未来塾のMです。

 

7月は私自身がディレクターを担当しているのですが、

第1週の冒頭で使われていた妖怪の絵を覚えていますでしょうか。

 

youkai.png

 

 (左から、座敷わらし・塗り壁・河童です!)

 

これは、YUKKOMANというイラストレーターの方に

描いてもらったものです。

 

ちなみに、絵を描くのが早いことにびっくりしました。

お願いした次の次の日には、可愛い絵が送られてきました♪

 

まだ見ていない人は、再放送でチェックしてみてくださいね。

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:07時52分 | カテゴリ: | 固定リンク

 
2013年07月04日 (木)

7月は「農業のチカラ」!

どーも、未来塾のMです。

今日は、7月「農業のチカラ」に参加してくれた学生達を

紹介します!

 

7gatsu-gakusei.JPG

 

まずは・・・、

【左端の緑の上着の女子】

平松希望さん(20) <HIRAMATSU Nozomi> 

東北大学・農学部  (農業機械大好き女子・農家になりたい)

 

【上段左から2番目の男子】

鎌田大地さん(20) <KAMADA Daichi>

東北大学・農学部 (実家が宮城県の農家・儲かる複合農家を目指している)

 

【前列中央女子】

山本未来さん(18) <YAMAMOTO Miki>

双葉高校3年 (生徒会長・祖父母が農業を営む)

 

【上段黄色の上着の…】

久保田圭祐さん(20) <KUBOTA Keisuke>

慶應大学・総合政策学部 休学中 (青森市で農業を視野に入れた街おこしを画策中)

 

【右端のお調子者】

青木雄太さん(21) <AOKI Yuta>

東北大学・農学部 (地元群馬に農業テーマパークを作るのが夢)

 

以上のようなメンバーでお送りする予定です。

お楽しみに♪

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:07時53分 | カテゴリ: | 固定リンク

 
2013年07月03日 (水)

【塾生募集】募集人数拡大&交通費・宿泊費番組負担(7/22締切)

 

<♪※募集条件が良くなりました!♪>

 

 

8月29日の未来塾はスペシャルバージョン!

 

その塾生を大募集

 

テーマは「東北を応援するチカラ

 

 

復興活動に関わりたいと思いながら、なかなか機会が持てない、あなた!

この夏、宮城県南三陸町を訪れて、

今、どんな支援が求められているか学びませんか?

 

南三陸町に住んでいる人、支えている人、

そして番組応援団長のサンドウィッチマンと一緒に東北をどう応援するかを考えます。

 

 

sand_Hp_kai.png

 

 

この夏、一歩踏み出して被災地で復興について考えてみませんか?

皆さんのご応募をお待ちしています。

 

 

 

<募集概要>

 

日程: 7月下旬と8月中旬を予定

 

場所: 宮城県南三陸町(5日程度)および都内(1日を予定)

 

参加方法:

お名前、連絡先(携帯・メール)、学校名(専攻・学年なども)、

参加したい理由(簡単でOK!)を明記の上、ご応募ください。

 

※題名を【未来塾スペシャル塾生応募】としてください。

 

 

対象: 高校生から大学院生および24歳くらいまで

    ボランティア初心者

 

※交通費&宿泊費は番組で負担いたします。

 

 

参加者の人数: 10名程度

※応募者多数の場合は選考させていただきます。 

 

締め切り:7月22日(月)24:00

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:11時15分 | カテゴリ:番組からのおしらせ | 固定リンク

 
2013年07月03日 (水)

牧場のロールケーキは牛柄?

どーも、7月はディレクターも務めるMです。

さて、先日、7月分のロケを岩手県遠野市で行ってきたのですが、

その休憩時間に講師の多田克彦さんからご馳走してもらったものがあります。

 

それが、こちら。

 

ushigara.jpg

 

もう、分かりましたよね!?

ロールケーキが牛柄だったんです。

ちなみに、黒い部分は炭の粉で色付けしてあるので全て食べられます♪

 

「せっかく、乳牛もいる農家が作ってるんだから

牧場感を出したかった♪」

 

と、多田さん。

 

確かに、牧場っぽいです。w

もちろん、味も美味しかったですよ~☆

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:07時35分 | カテゴリ: | 固定リンク

 
2013年07月02日 (火)

【出演者募集】番組に参加しませんか?

9月「街をつくるチカラ」塾生大募集!

 

9月のテーマは、「まちづくり」。講師は、都市計画家の西郷真理子さん。

川越のまち並み保存、滋賀・長浜、香川・丸亀の商店街活性化などを成功させ、

震災後は宮城県・石巻や大船渡のまちづくりに取り組んでいる、

まちづくりのスペシャリストです。

 

saigou.JPG

 

 

「地方都市のまちづくりも、被災地のまちづくりも基本は変わらない」

と西郷さんは説きます。

 

まちづくりの大切な“基本”とは一体何なのでしょうか?

 

今まさに復興へと動き出している石巻・大船渡のまちづくりの現場、

年間200万人もの観光客が訪れるようになった長浜を訪れ、

被災地だけでなく全国各地にも活かせる“まちづくりのチカラ”を学びます!!

 

西郷さんに学びたいという方、大募集します!

 

まちづくりの現場にも参加できる貴重なチャンスです。

理系文系、大学生・高校生、問いません!

ご興味ある方、ぜひお気軽にご応募ください。

 

夏休みを利用して、一緒に“まちづくり”を考えましょう!

 

 

<募集要項>

  

・撮影予定日:

7月26日(金)~28日(日)@宮城県石巻市&滋賀県長浜市

8月7日(水)、8日(木)@宮城県石巻市

 興味のある方は下記にまずはご一報ください。

 

・応募対象:

まちづくりに関心がある大学生・高校生。(文系・理系問いません)

※なお、申し訳ありませんが、東北在住の方に限らせてください。

特に、石巻や仙台在住の方、大歓迎!

 

・撮影予定地:

宮城県・石巻市、滋賀県・長浜市の2か所

 

・応募方法:

お名前、連絡先(携帯・メール)、学校名(専攻・学年なども)、

参加したい理由(簡単でOK!)を明記の上

ご応募ください。

※題名は【9月塾生応募】としてください。

 

・応募締め切り:

2013年7月7日(日)24:00

 

・応募人数:

5~8人程度 ※応募者多数の場合は選考させていただくことがあります。

 

・備  考:

交通費、宿泊費など、撮影に関わる費用は番組がお支払いいたしますので、

費用のご心配はなさらずにご応募ください。 

 

皆さんのご応募お待ちしております!   

投稿者:スタッフ | 投稿時間:17時00分 | カテゴリ: | 固定リンク

 
2013年07月02日 (火)

背中で語る?!

どーも、未来塾のMです。

7月は「農業のチカラ」と銘打って、東北の一大産業である「農業」の

可能性を探っていきます。

 

今回の講師は、岩手県遠野市の農家・多田克彦さん。

自分の名前を独自ブランドにした加工品を直売所などで販売し、

震災後も黒字経営を続ける敏腕農家です。

 

やり手農家に未来の農業の可能性を学びます!

 

senaka.JPG

 

農作業を行う多田さんの後姿です。w

 

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:07時44分 | カテゴリ: | 固定リンク

 
2013年07月01日 (月)

子どもの名前は「〇〇彦」にしようかな♪

どーも、未来塾のMです。

 

私、あることに気づいちゃいました!!!

 

10月講師・桑山紀彦さん

12月講師・箭内道彦さん

2月講師・今村文彦さん

5月講師・上田勝彦さん

7月講師・多田克彦さん

 

ね!?「〇彦」さんが未来塾講師には多くないですか!?

未来塾は、様々な業界で活躍する方々を講師に迎えているので

もしかしたら、各業界のトップランナーに「〇彦」さんが多いというのは

私の妄想ですかね。w

 

子どもが生まれたら「彦」のつく名前にしようかな~♪

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:07時55分 | カテゴリ: | 固定リンク

 

ページトップへ