2013年5月

2013年05月31日 (金)

上田勝彦さんへの質問募集中です!

どーも、東北発☆未来塾のMです。

5月「漁業のチカラ」はいかがだったでしょうか。

 

番組HPでは、毎月、講師への疑問・質問を受け付けています。

上田勝彦さんへの疑問・質問も6月6日(木)まで募集していますので

是非お寄せください。たくさんの投稿お待ちしております♪

 

http://www.nhk.or.jp/ashita/miraijuku/qa/

 

question.jpg

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:07時55分 | カテゴリ: | 固定リンク

 
2013年05月30日 (木)

【ウエカツ流簡単魚料理⑧】 炊かず飯

こんにちは。ADのHASIMOです。

 

本日紹介する魚料理はご飯もの。

 

takazumeshi.jpg

 

炊き込みご飯ならぬ炊かず飯(たかずめし)」

のレシピを紹介します!

 

 

—材料—

  • 魚の切り身
     

  •  
  • みつば(葉は細切り、茎は小口切り) 適量

 

 

 

【調味料】

  • 酒        少々
     
  • 塩        適量
     
  • 薄口しょうゆ  お好みで

 

 

 

—作り方—

 

1. 米は洗って、堅めの水加減にして炊きます。

 

2. 切り身を流水で洗い、すぐに拭いて、水けを切ります。

   【ポイント】魚の生臭さの原因である表面の雑菌を洗い落とします。

 

3. あらみじん切りにした後、包丁でたたきます。

  (ざっくりと。ミンチにならない程度にたたきます。)

 

4. たたいた身をボウルに移して、塩と酒少々を加え、下味をつけます。

  (上田さん曰く「塩サバくらいの味付けで」)

 

5. ご飯が炊き上がったら、炊飯器に、たたいた身を加え、よく混ぜます。

  ふたをして、およそ3分間蒸らします。

 

takiagari.jpg

 

 

6. みつばを加えて混ぜ、お好みで薄口しょうゆを加えたら、

  「炊かず飯」完成です!

 

 

一通り食べ終わったら、炊飯器の保温を切りましょう。

生臭くならずに翌朝、握り飯やお弁当のご飯に出来ます。

 

撮影で使った魚はカラフトマスですが、

イワシやサケ、マグロなど他の魚でもおいしく出来ます。

ぜひ、ご家庭でお試し下さいね!

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:22時20分 | カテゴリ:番組からのおしらせ | 固定リンク

 
2013年05月29日 (水)

【ウエカツ流簡単魚料理⑨】 湯煮 和・洋・中

こんにちは。ADのHASIMOです。

 

本日紹介するレシピは湯煮(ゆに) 和・洋・中

 

「湯煮」とは、魚をゆでる料理です。

 

この料理、上田さんが魚の立ち売りをしていた時に

「グリルを掃除したくない」というお客さんの声を聞いて、作り始めたのだとか。

 

魚をゆでた後は、和風・洋風・中華風3種類の味付けでお楽しみいただけます。

 

では、早速レシピを紹介。

 

 

 

—材料—
 

  • 魚の切り身 (番組では大船渡で獲れたカラフトマス)
     
  • 塩       適量
     
  • 酒       少々

 

 

 

《和風の味付け》
 

  • 長ネギ(小口切り) 適量
     
  • ポン酢        適量
     
  • 一味とうがらし   少々

 

 

 

 

《洋風の味付け》
 

  • バター          適量
     
  • しょうゆ         少々
     
  • 黒こしょう(粗びき)   適量
     
  • 貝割れ菜        適量

 

 

 

 

《中華風の味付け》
 

  • しょうゆ          適量
     
  • しょうが(すりおろす)  適量
     
  • 長ネギ(白髪ネギ)      適量
     
  • 豆板醤          適量
    (※一味とうがらしでも代用できます)
     
  • ごま油           適量

 

 

—作り方—

 

1. 切り身を食べやすい大きさに切り、薄塩をします。

 

2. なべに湯を沸かして、酒少々を入れます。

 

3. 切り身を入れ、沸騰させないように3分ほど火にかけます。

※沸騰させると旨味が逃げます。灰汁が出たらすくいましょう。

 

4. 中まで火が通ったら器に取り出して、味付けをします。

 

 

《和風の味付け》

ねぎとポン酢、とうがらしを加えてからめます。

 「湯煮 和風」の完成です。

 

wahuu.jpg

 

 

《洋風の味付け》

熱いうちにバターを加えます。

バターが溶けたら、しょうゆと黒こしょうを加え、

根元を切り落とした貝割れ菜を散らします。

「湯煮 洋風」の完成です。

 

youhuu.jpg

 

 

《中華風の味付け》

しょうゆ、しょうが、長ネギ、豆板醤を加えてからめます。 

ごま油を加えてからめます。

 

  • ごま油は最後に加えるのがポイント。先に加えると、
    味の染み込みが悪くなります。

 

「湯煮 中華風」の完成です。

 

tyuuka.jpg

 

 

和・洋・中それぞれの味付けは、和える調味料が違うだけなので、

一度に3種類を作るも良し。お好きな味付けを1種類作るも良し。

 

イタリア風やスペイン風などオリジナルの味付けを

考えてみるのも楽しいかもしれませんね!

 

タラ、タイ、ブリ、サケ、マグロなど色々な魚でお試し下さい。

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:08時10分 | カテゴリ:番組からのおしらせ | 固定リンク

 
2013年05月28日 (火)

未来塾と「きょうの料理」が、コラボします♪

どーも、未来塾のMです。

 

さて、今月は「漁業のチカラ by 上田勝彦さん」をお送りしてきた4週でしたが、

5月はまだ終わりません!

 

第5週は、東北発☆未来塾と「きょうの料理」が

5月18日(土)に行われた「公開復興サポート 明日へ in 大船渡」で

コラボレーションした様子をお伝えします!

 

上田さんが4週かけて、ずっと訴えていた「食べて支える漁業」の集大成として

きょうの料理の公開イベントに上田さんが参戦し、自慢の簡単料理を披露します♪

 

果たして、どんな料理を繰り出すのでしょうか!?

 

ちなみに、上田さんが、きょうの料理に参戦している模様は

きょうの料理スペシャルでも一部紹介される予定です!

 

 

 

きょうの料理スペシャル

~三陸の幸まるごといただきます~

 

6月1日(土) 15:00~16:00 @Eテレ

 

ryori.jpg

 

 

未来塾と合わせて、是非ご覧ください。

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:08時00分 | カテゴリ: | 固定リンク

 
2013年05月27日 (月)

漁業のチカラですから・・・

どーも、未来塾のMです。

 

久しぶりに美織ちゃんの挿し絵を発見したのでご紹介します。

5月は、「漁業のチカラ」ということで・・・

 

daihon-sakana.jpg

 

ええ、ずばり、魚です。w

 

美織ちゃんは、主に待ち時間が出来た時にイメージを

膨らませる傾向があるようで、最近は収録がスピードアップしていたので

なかなか描くタイミングが無かったようです。

 

美織ちゃんの絵は皆さんに紹介したいものの

ナレーション録りが順調に進むと描く時間が無い…というジレンマ。

 

また、絵が描いてあったら紹介しま~す♪

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:07時55分 | カテゴリ: | 固定リンク

 
2013年05月26日 (日)

さんま焼は重労働

 

こんにちは。ADのHASIMOです。

 

「漁業のチカラ」第2週で紹介した「愛と勇気とさんま実行委員会」による、

横浜でのサンマの無料配布。

 

sanma-yaki.jpg

 

塾生たちは、ボランティアの方々とともに

宮城県女川町から仕入れたサンマ5千匹(!)を炭火で焼いて配りました。

 

5千匹ものサンマを炭火で焼いて配るってとっても大変なんです!

 

sanma.jpg

 

炭火の熱さと、サンマの油や匂いが焼き手を苦しめます。

 

でも!その炭火やサンマの匂いが人を惹き付けるんですよね。

 

サンマ焼きを終えた塾生たちの感想と、

上田さんが塾生に向けた言葉を紹介します☆

 

 

 

<鈴木さん>

「自分たちで焼いた物を食べてもらうという経験がすごい新鮮で。

食べた人が美味しかったって言ってくれるのがすごい嬉しくて、

もう病み付きになりそうでした。」

 

 

 

<富樫さん>

「横浜の方に食べてもらって、

東北を思ってくれる人がたくさんいるんだなって思って、

すごい嬉しかったです。」

 

 

 

<阿高さん>

「眼鏡がさんまの油で曇りながら、

一個一個みなさんの食べる顔を想像して焼きました。

美味しかったですって言ってくれたのが、最高に嬉しかったです。」

 

 

 

<上田さん>

「将来、辛いことや苦しいことがあった時、

こういった経験が心の拠り所となってくるんじゃないのかな。

大切にしていってもらいたい。」

 

 

サンマ焼きに関わられた皆さん、本当にお疲れさまでした!

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:07時54分 | カテゴリ: | 固定リンク

 
2013年05月25日 (土)

三つ子の魂百まで?

どーも、未来塾のMです。

ここに、3枚の写真があります。

 

 

1枚目

syounen.JPG

 

 

 

2枚目

seinen.JPG

 

 

 

3枚目

sounen.JPG

 

 

はい、ご想像の通り、全て上田勝彦さんです♪

 

昔から魚が好きだったんですね。w

 

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:07時54分 | カテゴリ: | 固定リンク

 
2013年05月23日 (木)

【ウエカツ流簡単魚料理⑦】 時短煮付け

こんにちは。ADのHASIMOです。

 

番組内で塾生達が「中まで味がしみている~♪」と絶賛!

わずか10分で出来てしまう簡単「時短 煮つけ」の紹介です♪

 

kansei.jpg

 

 

 

—材料—

 

  • 魚のアラ or 切り身                  ※番組ではぶりのアラを使用
     
  • ねぎ(ぶつ切り)            適量
     
  • しょうが(せん切り)          ※お好みで
     
  • 青ねぎ(小口切り)          ※お好みで

 

 

 

 

【調味料】

 

  • 酒               適量
     
  • しょうゆ            適量
     
  • みりん             適量

 

 

 

 

—作り方—

 

1. 魚を流水で洗い、よく水気をとります。

 

ryuusui.jpg

【ポイント】 生臭さの原因である身の表面についた雑菌を洗い落とします。

 

 

2. フライパンに酒を少量入れ、強火にかけます。

 

 

3. 酒が沸騰したら、魚を入れ、酒適量を回しかけてふたをします。

 

【ポイント】 最初に酒で蒸すことで、魚の身の細胞がゆるみ、

       味がしみこみやすくなります。

 

 

4. 強火にかけて3分。しょうゆ適量をまわしかけてふたをします。

  30秒ほどしたら、味見をして、再度しょうゆ適量をまわしかけます。

 

syouyu.jpg

【ポイント】 しょうゆは、3回ほどに分けてまわしかけることで、

       中まで味がしみこみやすくなります。

 

 

5. しょうゆの味が決まったら、みりん適量をまわしかけて甘みをつけます。

 

 

6. 味が決まったら、煮汁をスプーンですくって魚にかけながら、煮ます。

 nijiru.jpg 【ポイント】

味は、冷めるときにしみるので、スプーンで煮汁をかけることで味が入っていきます!

 

 

7.   「2分」ほど煮て、魚を器に盛ります。

(フライ返しなどを使って魚を盛り、フライパンに煮汁を残します)

 

 

8. フライパンに残った煮汁を火にかけて、ぶつ切りにしたねぎを入れ、ふたをします。

 

 

9. ねぎが柔らかくなったら、器に盛り、残った煮汁を回しかけます。

 

 

10. お好みで、しょうがと青ねぎを加えたら、「時短 煮つけ」完成です。

 

 

「(調理する)面倒くささよりも、はるかにおもしろさとおいしさが勝っちゃうんです!」

と上田さんが語るこの「時短 煮つけ」。

 

こんなに短時間で味がしみこんだ煮つけが本当にできるのか?

みなさん、ぜひ一度作って、ご賞味下さい!

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:22時20分 | カテゴリ:番組からのおしらせ | 固定リンク

 
2013年05月23日 (木)

【講師への質問】秋元さんからの回答公開!

4月に放送したプロデュースするチカラをご覧になった方からの質問に対して

秋元康さんから丁寧な回答が届きました。

 

ぜひ、「講師からの質問・回答」」をご覧ください。

http://www.nhk.or.jp/ashita/miraijuku/qa/

 

akimoto.JPG

 

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:08時00分 | カテゴリ:番組からのおしらせ | 固定リンク

 
2013年05月22日 (水)

カニ仮面参上!?

おはようございます。未来塾のMです。

 

今日は、こちらのカニ仮面についてご紹介します。

 

kanikamen.jpg

 

こちらの方は、鳥取県境港市で料理店を営む濱野政和さん。

 

kanikamen-up.jpg

 

境港ベニガニ有志の会の2代目会長です。

おっと、失礼、仮面の下の素顔はこんな感じです。

 

hamano-san.jpg

 

境港ベニガニ有志の会とは、上田勝彦さんが鳥取赴任の時代に

境港の海産物の資源管理や水産関連産業の安定のために立ちあげた有志の会です。

 

その会の2代目会長が濱野さんなんです。

 

しかし、創設者である上田さんは、元漁師でしかも水産行政を担当するお役人。

対して、濱野さんは料理店の料理人。

 

濱野さんは、2代目の会長を継ぐ時に、とても迷いがあったと言います。

 

上田さんと自分は、目指している方向は一緒でも立ち位置は正反対ではないかと

感じていたと言います。

つまり、生産者と消費者を結ぶ一連の流れの入り口側の人間と出口側の人間で、

両極端の場所にいると思っていたんですって。

 

だから、ただ単に前任者の上田さんのやっていたことを引き継ぐ訳にもいかず、

自分なりに何が出来るか葛藤したそうです。

 

そして、たどり着いたのが、今回、お邪魔した料理教室。

消費者が魚貝類をもっと食べてくれるように料理を提案することが

漁業の応援になると活動を広げたそうなんです。

今では、ズワイガニはすっかり境港の名物として認識されるようになったということです。

 

上田さん曰く、「こういう仲間がいるから、団体が進化して継続できる!」

 

今後もきっと、更なる進化を続けていく「境港ベニガニ有志の会」に注目です!

 

ちなみに、濱野さんは、長年、活動を続けた結果、ベニガニのかぶりモノをしていると

気力が溢れてくるようになったそうです。まさに、「ベニガニ有志の会」の正装ですね♪

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:08時05分 | カテゴリ: | 固定リンク

 
2013年05月21日 (火)

公開収録してきました!@岩手県大船渡市

 

こんにちは。

ADのHASIMOです。

 

先週末行われたイベント「公開復興サポート明日へin大船渡」

 

岩手県の大船渡市で行われたこの公開収録イベントに

「東北発☆未来塾」も参加してきました!

 

今回、未来塾はあの長寿番組「きょうの料理」とコラボ!

 

5月の講師である上田勝彦さんが、

約50人の観覧者の前で「ウエカツ流簡単魚料理」を披露したのです!

 

koukai-ryouri.jpg

 

イベントでの公開収録のため、

上田さんに与えられた調理時間は、わずか10分間。

 

その中で、上田さんは、地元で獲れた魚を使って

あっという間に出来てしまう料理を2品調理しました。

 

一体、どんな料理だったのでしょうか。

 

公開収録の模様は下記の日時で放送予定です。

 

5月30日(木)23:00~23:20@Eテレ 「東北発☆未来塾」

 

6月1日(土)15:00~16:00@Eテレ「きょうの料理スペシャル」

 

 

manaita.JPG

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:08時02分 | カテゴリ: | 固定リンク

 
2013年05月20日 (月)

ベニガニの受難・・・。w

どーも、東北発☆未来塾のMです。

 

さて、モノの価値判断には、いろいろありまして、

一方では良いと言われることが、他では嫌われることも少なくありません。

 

今日の主人公は、先日の放送にも登場したベニガニさん。

 

benigani02.jpg

 

本名はベニズワイガニ。

茹でなくても赤い姿が名前の由来です。

 

この赤さがベニガニさんに悲劇を生みました。

ほとんどのカニは茹でると赤くなり、その赤さが、めでたいとして

正月などに食べられれています。

 

しかし、ベニガニがよく獲れる鳥取県境港では

「赤くて気持ち悪い」と敬遠されていたんだそうです。

 

有名な松葉ガニさんはご覧のように茹でる前は浅黒い色をしています。

 

kani01.jpg

  

一方、このベニガニが市場に並んでいると

華やかで、私なんかは美味しそうに見えます。

 

benigani03.jpg

 

ねっ!美味しそうですよね♪

 

あと、もう1つベニガニさんには特徴があって

肉が水っぽいと言われることがあるそうです。

 

そのため、そのまま食べるのではなく、加工品に使われることが多いんですって。

でも、その特徴も使い方次第で、番組でご紹介したような「揚げガニ」にはぴったりで

熱を加えてもみずみずしさが十分に残っているんです。

 

って、ベニガニさん、そんなに、にらまないでくださいよ!w

悪口は言ってませんって。

 

benigani.jpg

 

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:07時39分 | カテゴリ: | 固定リンク

 
2013年05月19日 (日)

【ウエカツ流簡単魚料理⑥】 カニキムチ

こんにちは。ADのHASIMOです。

 

今日は、ベニズワイガニを使った料理カニキムチのレシピを公開します。

 

 

kanikimuchi.jpg

 

 

 

 

—材料—

 

 

生のカニの肩身

 

キムチ    適量

 

ごま油    適量

 

 

 

 

—作り方—

 

 

1. 泥を洗い出した肩身を食べやすい大きさに切ります。

 

2. キムチとあえて、お好みでごま油をかけます。「カニキムチ」完成です!

 

 

 

 

突然、ベニズワイガニの肩の身を使った料理って何だ?と思われた方に補足を。 

上田さんは、鳥取県の境港漁業調整事務所に勤務していた時に、

ベニズワイガニの魅力を活かした料理を色々と開発。

 

その時に考えていたのが、一匹のカニから

無駄なく複数の料理を作るということだったのです。

 

脚はこんな料理にして、カニ味噌(みそ)はあんな料理にしてと

部位ごとに料理を考案しました。

 

そして、肩の身を使った料理として開発されたのがこの「カニキムチ」!

だったというわけです。

 

上田さん 「カニなんて、甲羅(こうら)以外は色々と使える物ばっかりだよ!」

 

上田さんが日々研究を重ねて開発したベニズワイガニ料理。

ベニズワイガニが一匹まるごと手に入ったら、

肩の身でカニキムチはいかがでしょうか?

 

是非お試しあれ!

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:07時41分 | カテゴリ:番組からのおしらせ | 固定リンク

 
2013年05月18日 (土)

【ウエカツ流簡単魚料理⑤】カニみそ甲羅蒸し

こんにちは、ADのHASIMOです。

 

カニの脚を使った「揚げガニ」お作り頂けたでしょうか?

今日は、カニの甲羅(こうら)とカニみそを使ったレシピを公開します!

 

kouramushi.jpg

 

 

 

—材料—

 

 

カニみそ

 

甲羅(こうら)

 

 

茶碗蒸しの素

 

 

 

 

【作り方】

 

1. 流水で甲羅とカニみその泥を洗い出します。

 

2. 洗った後は甲羅とカニみその水を切り、カニみそは甲羅の中に戻します。

 

3. 甲羅の中に茶碗蒸しの素を入れ10〜15分蒸します。

 

 

 

  • 例えばこんな蒸し方。

    甲羅が器になるので、フライパンに水を張り、

    沸騰してからフタをすれば、蒸すことができます!

 

 

mushikata.jpg

 

 

 

カニみそ甲羅蒸し完成です!!

 

茶碗蒸しの素がない場合は、溶き卵だけでも美味しく出来上がりますよ。

 

ぜひお試し下さい!

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:08時15分 | カテゴリ:番組からのおしらせ | 固定リンク

 
2013年05月17日 (金)

美織ちゃんの台本書き込み

どーも、東北発☆未来塾のMです。

 

先日放送した番組のナレーションを録る時に使った

美織ちゃんの台本を見ていたら、何だかナレーションのプロっぽい

書き込みが増えていたので紹介します♪

 

台本の書き込みはこちら。

 

daihon-shirushi.jpg

 

注目してみると・・・、

言葉の区切りを示す「/」やイントネーションを表わす「→」、

言いにくい言葉に印を付けた「二重線」、もちろん振り仮名も。w

 

ナレーションの工夫がいっぱいありました。

始めた当初は、ここまで細かく印を付けていなかったので

やってるうちに段々とスキルアップしてきた模様です。

 

そのうち、実力派ナレーターのように

テスト無しでどんどん録っていくようになるのかなぁ。w

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:07時37分 | カテゴリ: | 固定リンク

 
2013年05月16日 (木)

【ウエカツ流簡単魚料理④】 「揚げガニ」

こんにちは。ADのHASIMOです。

「漁業のチカラ」第3週、ご覧になられましたか?

 

「ウエカツ流簡単魚料理」

今回はベニズワイガニを使った「揚げガニ」です! 

 

agegani.jpg

 

 

 

—材料—

 

カニ    食べたい分だけ

 

油     揚げられる程度

 

 

 

【味付け】

 

こしょう    適宜

 

 

【― 作り方 —】

 

1. 脚の表面をそぎます。

 

sogikata.jpg

 

 

2. カニの身が膨らむまで油で揚げます。衣はいりません!

 

 

<ワンポイントアドバイス>

そいだ面を下にして揚げると、油はねを抑えることが出来ます。

 

agekata.jpg

 

 

3. 身が膨らんだら取り出し、お好みで粗挽きこしょうを振りかけます。

 

 

揚げガニが、あっという間に完成です!

 

 

 

ちなみに、上田勝彦さん曰く…

 

「カニっていうと焼きガニでしょ。

ところが、ベニズワイガニはみずみずしい肉質なんで、

焼きガニにしちゃうと、みずみずしさが蒸発して飛んじゃう訳。熱が入る頃には。

しかし、油だと一気に過熱するから、みずみずしいまま♪」

 

 

是非、お試しください♪

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:22時20分 | カテゴリ:番組からのおしらせ | 固定リンク

 
2013年05月16日 (木)

復興応援カレンダー 随時更新中!

新年度から加わった未来塾HPの新サービス

「みんなで作ろう復興応援カレンダー」は、随時更新しています!

 

是非、こまめにチェックしてみてくださいね!

 

http://www.nhk.or.jp/ashita/miraijuku/calendar/

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:22時19分 | カテゴリ:番組からのおしらせ | 固定リンク

 
2013年05月15日 (水)

5月「漁業のチカラ」の塾生紹介

こんにちはADのHASIMOです。

 

今月の未来塾のテーマは「漁業のチカラ」。

講師・上田勝彦さんと塾生達が全国を回り、水産業の未来を考えていきます。

 

そこで、今日は、上田さんと一緒に全国を回った塾生達を紹介します!

 

 

 

【 阿高麦穂さん <ATAKA  Mugiho>】

 

ataka.jpg

 

東京海洋大学の大学院に通い、海の資源回復について研究をしています。

以前は大船渡市にある北里大学の三陸キャンパスで学んでいました。

 

震災後、大船渡市に通い、漁師さんを支援するため漁港に

沈む瓦礫を撤去するボランティア活動を毎月一回行っています。

 

実は、このボランティア活動。

以前、「未来への芽」で取り上げた「海底清掃ボランティア」なんです。

 

(阿高さん)

「大船渡で3年間過ごして、地域との繋がりだとか、

この素晴らしい環境に育てられたというのがあったので、

震災を受けて、お世話になった方達がすごい苦労なされているのを見て

私としてもいても立ってもいられず・・・。」

 

「何が出来るだろうと思って、大学生の頃、潜水部でしたので、

その経験とスキルを生かしてガレキ撤去をやりました。」

 

 

 

 

【 鈴木崇史さん <SUZUKI  Takashi>】

 

suzuki-san.jpg

 

北里大学・海洋生命科学部4年生(撮影当時)。

震災当時、大船渡市の三陸キャンパスに在学していた鈴木さん。

帰省していたため、鈴木さん自身は難を逃れましたが、

当時住んでいたアパートが津波で流されたそうです。

 

震災をきっかけに、卒論の研究テーマを変えたそうです。

 

 

(鈴木さん) 

「大学では魚を見たり、魚の勉強をするのが楽しかったです。

しかし、震災のあと、お世話になった漁師さんと話しているうちに、

漁師さんが現状に苦しんでいることを知って。」

 

「じゃあ、自分が力になれることは何かないかと思いまして、

水産物に対する消費者の意識をテーマに論文を書こうと決意しました。」

 

 

 

 

【 富樫夏紀さん <TOGASHI Natsuki>】

 

togashi.jpg

 

岩手県立大学の4年生(撮影当時)。

大学の卒業研究で沿岸地域の事業者を訪問。

「おいしい三陸応援団」という活動に参加して、

食を通じた被災地支援活動をするなどをしてきました。

 

 

(富樫さん)

「私は卒業論文の調査で、沿岸の被災された事業者を訪問して、

現場の生の声をたくさん聞いて来ました。」

 

「震災があったからこそ、岩手や東北を知ろうという気持ちが深まりました。

まだまだ沿岸のことについて学びたいという気持ちがあったので、

学生最後の学ぶチャンスだと思い、思い切って(番組に)参加しました。」

 

 

 

それぞれの思いを抱いた塾生たち。

今後、一体どんな活躍を見せてくれるのでしょうか?

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:08時00分 | カテゴリ: | 固定リンク

 
2013年05月14日 (火)

河原で骨探し♪

 

こんにちは。ADのHASIMOです。

 

先日のブログで「後日説明します」とお伝えした、

塾生たちが、夜に河原に下りて魚のホネを探していたという話の続きです。

 

河原に下りている塾生たちを見つけたとき、

私はてっきり、泳いでいる魚を見ているのかと思いました。

あるいは、石を投げて水面で何回跳ねるかを競い合っているのかと・・・。

 

でも、魚好きの塾生たちは目の付け所が違いました。

彼らは河原に下りて、鮭のホネを探していたのです!

 

kawara.jpg

 

鮭が遡上する川では、産卵後に力尽きた鮭のホネが、

河原によく落ちているのだとか。

 

川で泳いでいる魚を探すのではなく、

河原に落ちている魚のホネを探す。

今までそんなことしたことなかった・・・。

 

「魚好き」流の川の楽しみ方みたいです。w

 

塾生たちはしっかりと鮭のホネを見つけたそうですが、

私は見つけられませんでした・・・残念。

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:07時30分 | カテゴリ: | 固定リンク

 
2013年05月13日 (月)

塾生は勉強熱心!?

こんにちは。

今年入ったばかりの新人ADのHASIMOです。

 

今日は「漁業のチカラ」のロケの裏側を紹介。

 

番組内では、上田さんや取材先の方の話を熱心に聞き入っている塾生達。

彼らは、カメラが回っていないところでも、とっても勉強熱心なんです。

 

例えば、

撮影の合間に取材先の三塚さんを囲んで話を聞いたり、

 

gyokou.jpg

 

とっても魚に詳しい阿高さんが講師になって講義をしたり。

 スーパーの鮮魚コーナーで上田さんに魚の選び方を教わったり。

 夜遅くに河原に下りて魚のホネを探したり。

 

kawara.jpg

 

(これについては後日説明します)

 

撮影の疲れを少しも感じさせない塾生たち。

とってもパワフル!

 

そんな塾生たち。今後、番組内でどんな活躍を見せてくれるのでしょうか?

ぜひご注目ください!

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:08時10分 | カテゴリ: | 固定リンク

 
2013年05月12日 (日)

これは、果たして何の番組?w

どーも、未来塾のMです。

ロケから帰ってきて一段落、数日すれば編集が始まります。

あー、あの時、こうすればよかったと反省が頭を駆け巡る今日この頃です。w

 

さて、5月の未来塾は

「漁業のチカラ」と題して、元漁師で水産庁職員の上田勝彦さんを

講師に迎えています。

 

その番組の宣伝用のはがきをご紹介します。

それがこちら。

 

5gatsu-hagaki.jpg

 

えーと、完全に何の番組か分かりません。w

漁業感は凄く出ているんですが、教育番組の雰囲気やノウハウ番組の雰囲気は

あんまり感じませんよね。ww

 

しかし、上田さんの漁師的な人の温かさや親分肌の雰囲気は

もう十二分にあふれ出ています。

 

それが実際に色々な人を惹きつけて魚食の伝道師としても

多くの人達を巻き込んでいる秘密のような気がしました。

 

「野郎ども、魚食うぞー!」って言われたら

思わず、「おー!」って言いますよね♪

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:08時15分 | カテゴリ: | 固定リンク

 
2013年05月11日 (土)

魚の奪い合い♪

どーも、東北発☆未来塾のMです。

漁業のチカラの第2週はいかがだったでしょうか?

 

魚って食べてみると美味しいんですが、

骨があったり、さばくのが難しそうだったりと少しハードルが高いですよね。

そんな状況の中、少しでも気軽に魚を食べてもらおうと簡単料理を広めているのが

今月の講師・上田勝彦さんなんです。

 

ご本人の料理の腕前はプロ並みで

定休日のお店を借り切って仲間を呼んで料理を振る舞うこともあるんだとか。

 

そんな上田さんのお勧めの魚料理が番組内で紹介した「魚の万能酒蒸し」です。

その美味しさはご覧の通り、子ども達が魚を奪うように食べるほどです。

 

sakana2.jpg

 

是非お試しください♪

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:07時37分 | カテゴリ: | 固定リンク

 
2013年05月10日 (金)

【本日締め切り!】未来塾の塾生募集

どーも、未来塾のMです。

 

今日は、8月放送予定の未来塾「前を向くチカラ(仮) by 乙武洋匡さん」の

塾生募集の締切日です。

 

ototake.JPG

 

皆さん、お忘れじゃないですか~?w

 

http://www.nhk.or.jp/ashita-mirai-blog/2013/04/09/

 

未来塾では、年に数回、公開収録や今回のような公募での塾生集めを

行って、出来る限り、色々な方に塾生になっていただいています☆

 

しかし、製作スケジュールなどの都合上、いつも一般公募とはいきません。

 

次回は、いつ、募集できるか分かりませんので、この機会に興味のある方は

是非、応募してくださいね~♪

 

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:07時47分 | カテゴリ: | 固定リンク

 
2013年05月09日 (木)

【ウエカツ流簡単魚料理③】魚の万能酒蒸し

こんにちは。ADのHASIMOです。

みなさん、「漁業のチカラ」第2週の放送はご覧いただけましたか?

 

今日は番組内で子ども達が奪い合うようにして食べていた

ウエカツ流 簡単魚料理

魚の万能酒蒸しのレシピを公開しちゃいます!

 

sakamushi.jpg

 

 

-材料-

 

・魚 (番組では、銀ザケとアジを使用)

 

・酒 適量

 

 

 

【味付け】

 

・ポン酢                 適量

 

・ネギ(斜め切り)  適量

 

・七味とうがらし     適量

 

 

 

 

-作り方-

 

内臓をとった魚に、火の通りを良くするための切れ目を両面に3か所ずつ入れます。

フライパンに酒を少々注ぎ強火にかけます。

 

酒が煮立ったら、フライパンに魚を並べ、酒を魚が3分の1ほど浸る程度に

注いでフタをして、3分間ほど強火にかけます。

 

 

 

【味付け】

 

斜め切りにしたネギにポン酢をかけて、七味とうがらしを加えます。

 

蒸した魚と【味付け】を混ぜ合わせれば、

「魚の万能酒蒸し」完成です!!

 

 

 

番組では、銀ザケとアジで作りましたが、

「万能」ですのでぜひ色々な魚で試してみてください!

 

今日の献立にお困りの方は、

お手軽ですので、早速、試してみてはいかがでしょう?

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:23時20分 | カテゴリ:番組からのおしらせ | 固定リンク

 
2013年05月08日 (水)

「あいべ」って、どういう意味?

どーも、東北発☆未来塾のMです。

今日は、方言の話です。

 

先日まで岩手で7月の未来塾の撮影をしていましたが、

今、岩手と言えば、連続テレビ小説「あまちゃん」の舞台ですよね♪

 

能年玲奈さん演じるヒロインがびっくりした時によく使う「じぇじぇじぇ」。

その響きの良さから密かなブームを呼んでいるようですが、

方言って不思議な魅力を持っていますよね。

 

先日、未来への芽で紹介した「あいべ福島」の「あいべ」も

会津弁で「行こうよ!」という意味なんだそうですが、

会津弁も大河ドラマ「八重の桜」で少しずつ知名度を上げてますしね。

 

しかし、その一方で、じつは、この魅力的な響きの「方言」の中には、

かなり限定的なコミュニティーで使われるため地元の人にも分からない言葉が

あるみたいです。すると、他の地域の人はもっと意味が分からないですよね。

 

そのためか、当初は「あまちゃん」でも方言に字幕を出していました。

しかし、そうすると、私の友人の岩手出身者は、

「えっ、字幕が出てる!方言だったのか。。。」

と少しがっかりしていました。うーん、難しい。w

 

そこで、方言が持つ響きを活かしつつ、意味が比較的分かりやすい方言が

ドラマでは特に多用されていることに気づきました。

 

「あまちゃん」の「じぇじぇじぇ」は、びっくり!

「八重の桜」の「ごめんなんしょ」「ありがとなし」は語尾の変化だけで

意味は分かりますよね。

 

どれも雰囲気は出しつつも意味は分かって使いやすいですよね。

そして、NHKのドラマなどがきっかけで知名度が上がって

言葉が生まれた地域にも関心が向けばいいですね。

 

ちなみに、私は、福岡弁の「それ、とっとっとー?(それは、とっておいてあるの?)」が

好きです。いや、あくまでも私の趣向ですが。w

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:07時55分 | カテゴリ: | 固定リンク

 
2013年05月07日 (火)

止まっている時計は1日2回、正確な時間を示す!?

こんにちは。「プロデュースするチカラ」スタッフのKです。

 

秋元さんのプロデュース論の番組ではご紹介できなかった部分を

紹介している「秋元さんのこぼれ話」。

 

今日はプロデュースする時に「信念をぶらすな!」という話です。

 

~~~ 以下、秋元さんの講義抜粋 ~~~

 

「ずっとプロデュースの仕事をしていて思うのは、止まっている時計は、

1日に2回、正確な時間を示すということです。」

 

「つまり、止まっている時計っていうのはブレないということ。」

「自分はこうだって信じたら、1日に2回は必ず、それが10時10分だったら、

午前中の10時10分と、午後の10時10分、カチャンと合うわけです。」

 

 

「ところが周りを見たり、よそを見たり、きょろきょろしてると、

1分遅れになると。1分遅れになったら、ずーっと合わないんですよ。

あるいは、1分進んだ時計もずーっと合わない。」

 

「だから、止まっている時計のように、自分のスタンス、自分が思うこと、

自分の信じることを、貫き通してほしいなと思います。」

 

~~~ ここまで、秋元さんの話 ~~~

 

秋元さんの話って、例えが秀逸ですよね♪

「信念をぶらすな!」って言われても、どこかで聞いたことがある話に

聞こえるんですけれど、時計の話は「はっ」とさせられますよね。

さすが、作詞家!言葉選びのセンスを私たちも秋元さんから学ばないとなー。

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:08時18分 | カテゴリ: | 固定リンク

 
2013年05月06日 (月)

上田さんの今昔物語?

どーも、未来塾のMです。

皆さん、大型連休、通称ゴールデンウィークは楽しんでますでしょうか。

私はというと、7月放送分の撮影で岩手県・遠野市にいます!

7月もお楽しみに~。

 

さて、それは置いておいて。w

 

今月の未来塾は「漁業のチカラ」と題して

元漁師で水産庁の職員・上田勝彦さんを講師に迎えています。

 

まずは、こちらの写真をご覧ください。

 

uedasan-ima.jpg

 

これが、現在の上田勝彦さん。

そして、こちらが・・・。

 

uedasan-mukashi.JPG

 

漁師時代の上田勝彦さん。

何かに気づきませんか?

違和感を感じるのは私だけでしょうか。w

 

だって、今の方が 「ずっと、漁師っぽい」 と思いません!?

 

体格も良くなり、風貌もワイルドになっている気がします。

 

 

担当ディレクターの話によると、上田さんの職場の机の周りは

「釣りバカ日誌」の浜ちゃんのように魚を連想させるものが

たくさん転がっていたそうです。

 

漁師時代と違って、毎日、海に通えないからこそ、

昔より今の方が魚への愛情が深まっているのではないかと

想像させる写真でした♪

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:08時14分 | カテゴリ: | 固定リンク

 
2013年05月05日 (日)

秋元康さんが仕事で楽しいこと

こんにちは。「プロデュースするチカラ」担当のスタッフKです。

 

もつ鍋屋での秋元さんの話は、まだまだあります。

今回の話は「秋元さんが仕事の中で楽しいこと」。

秋元さんはこんなふうに言っていました・・・・。

 

 

~~ 以下、秋元さんの話 ~~

 

「僕がやってることは何なんだろうって、ときどき思うんだよね。」

 

「それは作詞家だったり、放送作家だったり、コマーシャルだったり、

映画だったり、いろんなものを作ってるんだけども、

きっと通訳なんだと思うの。」

 

「作詞って、例えば、『私はあなたが好きです』。

これが90%を占める。基本的には『私はあなたが好きです』じゃん。

それを、どれだけ違う言葉で言えるかっていうことが作詞家の仕事なのね。」

 

「つまり、「私はあなたが好きです」という

たった10文字にみたないメッセージをどんな言葉で表現するか、

どんなふうに言い換えるかなんだよね。」

 

「自分の仕事っていうのは、これを言い換えたら、

みんなが『ああ、そうなんです』って、どれだけ共感してくれるか。

その共感してくれることが、僕は楽しいのかもしれない。」

 

~~ ここまで、秋元さんの話 ~~

 

 

秋元さんの仕事の喜びは、人に共感してもらえることだったんですね。

でも、それだけ、共感してもらえるメッセージを作詞出来るってことは

もしかして、秋元さんは、相当の恋愛を経験しているのでは!?

しかも、女性アーティストの曲が多いイメージがあるので

女子目線の恋愛が得意なのかもしれません。w

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:16時48分 | カテゴリ: | 固定リンク

 
2013年05月04日 (土)

秋元康 人を楽しませる原点

こんにちは。「プロデュースするチカラ」担当のスタッフKです。

 

今までは、仙台で行われたイベントでの話をお伝えしてきましたが、

東京での鍋の席でもご紹介出来なかった話がたくさんあります。

 

四角四面な講義ではなく、鍋をつつきながら気軽に、と用意した食事会。

そんな席だからか、秋元さんからは自分の子どもの頃の話しまで飛び出しました。

 

それは塾生の小笠原裕一さんが秋元さんへ

「人を楽しませたいと思うようになったきっかけは?」

という質問をした時です。

 

 

~~ 以下、秋元さんの話 ~~

 

「多分ね、それはもう、やっぱり何か、子どものころにあったんだろうね。」

「子どもの頃、僕は小児ぜんそくで、発作が起きると、

すごい苦しいけれど、発作が起きない時は、それほどでもなかったんだよね。」

 

「だけど周りの人たちは、『大丈夫?』ってなるじゃない。

そのとき、冷静に(人を)見てる感じが生まれたんじゃないかなと思う。

自己分析するとね。」

 

「つまり、大人たちが心配そうに見てるなぁってのがあって……

それを冷静に見ているから、この人たちを心配させずに

喜ばせるためにはどうしたらいいかって考えるようになったんだよ。」

 

~~ ここまで、秋元さんの話 ~~

 

 

心配されることが多かったので、

その心配を「楽しさ」へ変えなきゃいけないと思うようになったというのです。

↑ この辺りの感情の切り替えが既に非凡な気がします。w

 

状況を客観的に見つつも、他者への配慮を欠かさない、

今も変わらない秋元さんの姿勢は子ども時代に形作られたということでした。

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:08時21分 | カテゴリ: | 固定リンク

 
2013年05月03日 (金)

秋元康さん 43分で振り返り!

どーも、未来塾のMです。

 

先月放送して好評を頂いた

秋元康さん「プロデュースするチカラ」ですが

見逃したー!再放送してー!?との声が多数寄せられました。

 

そこで、

 

5月5日(日)10:05~@NHK総合

「明日へ -支えあおう- 

秋元康 復興へのプロデュース論 ~7つのメッセージ~」

 

4週分の内容を43分で一挙に放送することが決定しました~♪

いえーい、パチパチ!

 

見逃した方は、今度は、ちゃんとビデオ撮っておいてくださいね♪

 

akimoto.JPG

投稿者:スタッフ | 投稿時間:08時02分 | カテゴリ:制作日誌 | 固定リンク

 
2013年05月02日 (木)

【ウエカツ流簡単魚料理②】カキの味噌(みそ)野菜蒸し

 

こんにちは。

「漁業のチカラ」ADのHASIMOです。

 

今日は第1週の放送で紹介した

「カキの味噌(みそ)野菜蒸し」のレシピを公開します!

 

 

—材料—

 

  • カキ                      
     
  • タマネギ、ニンジンなど野菜
     
  • キノコ類

 

 

 

【味付け】

 

  • 味噌      適量
     
  • ネギ      みそと同じ分量

 

 

—作り方—

 

野菜とキノコを切り、よく混ぜ合わせます。 

混ぜ合わせた野菜をフライパンに敷き、その上にカキをのせます。

 

kaki1.jpg

 

残りの野菜をカキの上にのせて、

味噌と刻んだ長ネギで作った「ネギ味噌」をその上に盛ります。

 

kaki2.jpg

 

フライパンにふたをして、中火にかけて約5分。

野菜がしんなりしたらネギ味噌と野菜をよく混ぜ合わせます。

「カキの味噌野菜蒸し」完成です!

 

kaki3.jpg

 

 

 

野菜とカキから出る水分だけで、水も油も使わないで出来ちゃいました!

 

もっと野菜の割合を多くしても、カキのダシが全体に回るので大丈夫です。

 

そのため、上田さん曰く

「牡蠣が高くてそんなにいっぱい使えない!っていう学生もOK」な料理とのこと。

 

ぜひ皆さんも試してみて、作った感想をお送り下さい。

miraijuku@nhk-ed.co.jp

 

作った写真も送ってもらえれば、ブログで紹介しようかと思っています♪

たくさんの感想お待ちしていまーす☆

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:23時20分 | カテゴリ:番組からのおしらせ | 固定リンク

 
2013年05月01日 (水)

【ウエカツ流簡単魚料理①】生ガキ特製カクテルソース

こんにちは。ADのHASIMOです。 

 

今月の未来塾は「漁業のチカラ」。

元漁師で水産庁職員の上田勝彦さんを講師に迎え、

全国を回って水産業の未来を考えていきます。

 

講師の上田さんはとても型破りな官僚。

テレビや講演会で魚料理を披露されるのですが、

その腕前はプロ顔負けなんです!

 

今日はそんな上田さんの料理レシピを大公開しちゃいます。

みなさん、メモの用意は良いですか?

 

 

o-rora.jpg

 

 

—材料—

 

  • 生ガキ(生食用)
     
  • レモン汁 適量

 

 

 【ソース】

 

  • タマネギ      適量
     
  • トマトケチャップ  適量
     
  • マヨネーズ          少々
     
  • タバスコ              少々

 

 

※材料の分量は、すべて「適宜」 or 「少々」。

 これには、上田さんの強い思いがあるそうです。のちほど。。

 

 

 

—作り方—

 

刻んだタマネギにトマトケチャップ、マヨネーズ少々、

タバスコを合わせたソースを作り、

そこに、レモンをかけた生ガキを混ぜ合わせれば、

 「生ガキ特製カクテルソース」の完成!

 

 

・・・・・メモをする必要がなかったですか?

 

魚料理は面倒くさいと考えていませんでしたか?

 

今月の「未来塾」では、

毎週、講義の最後に「ウエカツ流カンタン魚料理」を紹介!

手順の簡単さは勿論、材料・調味料の分量もあくまで目安で「少々」「適宜」!

上田さん曰く、「堅苦しくやるから料理のハードルが上がる」とか。

 

味の好みもあるので、まずはやってみて、自分なりの「適宜」「少々」を

つかんでください!w

 

 

 

このブログでも、レシピを順次、公開していきます。

 

さて、明日の第1週の放送では一体どんな料理が出てくるのでしょうか。

 

明日の放送終了後にレシピをアップします!

お楽しみに☆

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:07時52分 | カテゴリ:番組からのおしらせ | 固定リンク

 

ページトップへ