あしたブログ | あの日、そして明日へ

2018年03月19日 (月)

みちモノSP放送直前!マーティ・フリードマンが見た岩手の"美"

個性豊かな3人の旅を通して東北の魅力をた〜っぷりお届けする「みちのくモノがたりスペシャル」。その第3弾の放送日(3/21)ももう間も無く!

番組では、個性豊かな旅人たちがモノづくりの現場を訪ね、“謎のキーワード”を手がかりに知られざる宝モノに秘められた物語をひも解いていきます。視聴者のみなさんも謎解きを楽しみながら、物語を深く味わっていただける仕掛けとなっています。

さぁ、どんなキーワードが渡され、どんな宝に巡り合うのか…?それは番組でご覧いただくとして、ここでは、今回のみちモノSP第3弾に、なんと!初回からストレートで3度目の登場を果たした、マーティ・フリードマンさんの旅について書いてみますね。

世界的なギタリストであるマーティさんが旅したのは、岩手県南部。奇しくも100年に一度といわれる大寒波が東北へやってきた時のことでした。 番組をみていただくとお分かりになりますが、普段は雪が降らない土地も、地元の人が驚くほどまっしろけ。どこを向いても雪ばかり。しかも、マーティさんは寒さが大の苦手なんです!(汗)

果たしてこのロケはうまくいくのか・・・

大きな不安を抱えて向かった先には、マーティさんが寒さも忘れて恍惚とするほどの「美の極み」がいくつも待っていました。それらを見てマーティさんがポロリとこぼした言葉 をご紹介します。


■中尊寺 金色堂

金色堂は、平安時代後期に3代に渡って東北地方を治めた奥州藤原氏の初代・清衡が、当時の技術の粋を集めて築いた御堂です。その名の通り、中も外も金箔で覆われ金ピカ。随所に螺鈿(らでん)細工、象牙、宝石などの装飾が施されています。

その美しさに、マーティさんは・・・

michimono_SP3_Iwate_blog01.png

 「この世のものとは思えない」

それもそのはず、この金色堂には戦火で失われた多くの命を弔うために極楽浄土が表されているんです。世界文化遺産に指定されています。


■毛越寺 庭園

毛越寺は、この世に極楽浄土を実現しようとした藤原氏の2代目基衡と3代目秀衡によって建立され、かつては40を数えるほどの堂塔があったといいます。現在は、当時の様子を留める池を中心とした浄土庭園が特別名勝に指定されています。いつもだったらある程度雪が降っても池はちゃんと見えるんですが、マーティさんが訪ねた時は凍った池の上に雪が降り積もり、池はまったく見えない状態。ところがこの白一色の景色に、マーティさんは・・・

 michimono_SP3_Iwate_Blog02.png


きっと、藤原氏の理想とマーティさんの心が共鳴したのでしょう。


■猊鼻渓(げいびけい)

一関市の砂鉄川沿いの渓谷、猊鼻渓。国の名勝天然記念物に指定されている日本百景のひとつです。マーティさんは舟で2キロほど上流へ。川の両側に続く高さ50mを超える石灰岩の岸壁も雪化粧。その景観に、マーティさんは・・・

michimono_SP3_Iwate_Blog03.png 「雑音がないのがとてもいいですね」
「毒が出て心が洗われる感じがします」
「ああ、ギター弾きたい!今ここでギター弾けたら最高!」

全身黒づくめのマーティさんは、まるで水墨画の世界と一体になったみたい。しばらくの間、じっと静寂に耳を傾けていました。

--------------------------------------------------

ところで、「みちモノSP」では、旅人にはいつも予備知識のないまっさらな状態で旅をしてもらい、生の驚きを楽しんでもらいます。旅人たちの素直な感動は、きっと番組をご覧のみなさんにも届くことでしょう!

驚きに満ちたみちモノスペシャルは、今週水曜日、春分の日の朝845分から!

 michimonoSP3_thumnail.pngみちのくモノがたりスペシャル
〜キセキの宝
大発見の旅〜
321(水•祝) 総合テレビ 午前8:459:30
(旅人:青木さやか、マーティ・フリードマン、つるの剛士)