NHK旭川放送局 旬 あさひかわ

こんにちは!大橋未帆です。

最近本当に寒くなってきましたね。
生粋の関西人である私にとって、旭川の冬を過ごすのは今回が初めてなのです。
今年の春に大学を卒業するまで、雪にも慣れていない土地で過ごしてきたので、
今から本格的な冬が始まるのを楽しみにしています!

徐々に冬の訪れを見せる旭川☃
ただいま買物公園は、ヴォレアス北海道のフラッグでいっぱいです!

201119-1.jpg

さて、前回のブログに引き続き、今回も旭川を拠点とするプロバレーボールチーム
「ヴォレアス北海道」について。
先日のキタスポの放送内では伝えきれなかったことを書いていきます。

今シーズンは新たに2人の選手が、ヴォレアス北海道に加入したのです!
その方々にも取材させていただきました。

まず1人目、越川優(こしかわ・ゆう)選手

201119-2.jpg
ポジションは、アウトサイドヒッター!
元・全日本代表のキャプテンを務め、Ⅴ1チームや海外でのプレー経験もある選手です。
2017年にはビーチバレーに転向し、ヴォレアス北海道での活動が、3年ぶりのインドア復帰となります。

越川選手の魅力は、何といっても強烈なジャンプサーブ!

201119-3.jpg
ヴォレアス北海道に入団を決めた理由は、
「チームの今までやってきている取り組みなどを見た中で、自分の経験をヴォレアス北海道が目指しているクラブに役立てられることが多いのではないか。自分自身、チーム共に一番成長できる場所だと思った」と言います。

チームの練習に初めて参加した時の印象を聞くと、
「若い選手ながらすごく能力の高い選手が集まっている。けれども、練習に対する意識、1本1本に対する意識はもっとレベルを上げていかなければならない。ゲームの進め方やチームに対するアプローチなど、そういった部分が僕自身に求められている部分が大きいのかなと感じている」と。

201119-4.jpg
そのことば通り、練習中、選手に声をかける姿を何度か目にしました。
若い選手たちが、監督の指示する練習メニューを理解していなさそうだと察した時は、
あえて監督に質問をしたりしているそうです。

201119-5.jpg
練習を取材させてもらっていると、越川選手の存在感が、チームとしての士気をすごく高めているように思えました。
選手たちが練習に取り組む姿勢、緊張感や雰囲気、オンオフの切り替えなど、全てにおいて全体が締まるような空気感が漂っていると感じました。

そんな越川選手についてキャプテンの古田史郎選手は、
「優さんのチームに対するアプローチが、今後どのようにヴォレアス北海道の成果に表れるのかが楽しみ」と話していました。

今シーズンの目標を越川選手に聞きました。
「V1昇格はもちろん、その先の日本一を見据えて、自分にできることを1日1日しっかりとやっていくことが今シーズンの中でもしっかりと結果につながるものだと思ってやっていきたい」と力強く語ってくれました。

越川選手、そしてチームとしての飛躍による期待がさらに強まりました!
取材に応じてくださりありがとうございました。


さらにもう1人、後藤万澄(ごとう・ますみ)選手

201119-6.jpg
ポジションは、ミドルブロッカー。
大同特殊鋼レッドスターからの移籍選手。
193cmの高身長を生かしたブロックと、速いスパイクのクイックが魅力です!

ヴォレアス北海道に入団を決めたのは、
「昨シーズン、ヴォレアスと一緒に試合をして2試合やって2試合とも負けたけれど、このチームを倒したいというよりかは、このチームと一緒に日本一になりたいと思った」と言います。

小学3年生から高校3年生まで野球に打ち込んでいた後藤選手。
高校のバレー部の監督から声がかかり、バレーボールを始めることになったのです。
「高校のバレー部は、そこまで大きい人がいなかったので、ちょっと大きい人連れてこよう!というノリで連れて行かれた。監督に一年生のころから誘われてはいたが、3年の夏に本格的に真剣な顔でちょっとやってみようと言われた」

長く続けた野球からバレーボールへの転向。決断に至った理由は、
「野球で進路が決まった状態だったから一か月近く毎日のように悩んでいた。けれども自分が向いているスポーツを考えた時に、10年やった野球よりもちょっとかじってみたバレーボールのほうが自分にとっては向いているんじゃないかと思って決断した」

201119-7.jpg
バレー歴はわずか5年。ここまでの苦労を聞くと、
「バレーボールをやってない人間が急にポンと出てきて、バレーを始めたばかりのころは、技術面よりも人間的な面で、最初はこいつバレーなめてるんじゃないかと思われていた。練習して少しずつ結果を出していく度に周りが受け入れてくれた。」と語ります。

バレー歴5年は素人だと後藤選手は言うのです。とても謙虚な姿勢が感じられます。
また、練習中に目についたのは、所作や礼儀の部分です。先輩方がプレーをフォローしてくれた時など、丁寧に手を挙げてお礼をしているところが印象的でした。

背番号は18番!

201119-8.jpg
今シーズンの目標は、
「レギュラー定着、結果にこだわっていきたい!」と強く意気込む後藤選手。
さらなる活躍を楽しみにしたいと思います!

そしてやはり、キャプテンの史郎さんがコートにいると心強いと話していました。
古田選手の復帰で、チームに勢いがつく試合が待ち遠しくなりました!!

改めて、今回取材にご協力くださいました皆さん本当にありがとうございました。

Vリーグはまだ始まったばかり。
今シーズンこそV2優勝、そしてV1昇格へ!

スポーツで町を盛り上げていきたいですね(^^)