NHK旭川放送局 旬 あさひかわ

こんにちは!影島亜美です。
近頃は気温が下がり、すっかり秋らしくなってきましたね。

9月に入り、富良野市のワイン工場では、
とれたてのぶどうを使った新酒の仕込み作業が始まりました。
その様子を、9月7日(火)に、ほっとニュース北海道 JIMOTO情報で放送しました!

210913-01.jpg
↑私にとって、秋といえば「食欲の秋」です。
雨が少なく、気温の高かった今年の夏は、乾燥に強いぶどうの栽培に適した気候だったそう。
甘みの凝縮したぶどうが収穫されました!
そのまま食べてみましたが、みずみずしくて、とてもおいしかった~!

210913-02.jpg
↑仕込みに使われたぶどうを紹介します。
実はこの2種類のぶどう、国内では富良野でしか栽培されていない、貴重な品種なんです!
左は白ワイン用の「イルシャイオリベール」、右はロゼワイン用の「ニューヨーク」です。
ハンガリー生まれの「イルシャイオリベール」は洋梨のような華やかで強い香り、
そしてアメリカ生まれの「ニューヨーク」は柔らかな香りがしました。

210913-03.jpg
↑仕込み作業は、朝9時前から始まりました!
まず行われたのは、成熟していない実を、手で取り除く作業。
これがワインの味の良しあしにつながるそうで、工場の方々が、集中して作業をしていました。

210913-04.jpg
↑そして、熟した実を機械に入れ、果汁を搾りとっていきます。
蛇口から、たくさんのぶどうジュースが…!
良い香りが漂ってきて、思わず飲みたくなりました。

210913-05.jpg
↑果汁はこのあと別のタンクに移し、酵母を加えて発酵させます。
今年はおよそ3000本が完成し、11月中旬に富良野市内で販売される予定です。

実は私、約1年前に初めての生中継を担当した際も、このワイン工場にお世話になりました。
去年はまだカメラに慣れず、カチコチでしたが…
久しぶりにお会いした工場の方々に、成長したねと言っていただけてうれしかったです。
これからも皆さんに成長した姿を見せられるよう、頑張ります!

では、またのブログで(*^^*)

                                                        影島 亜美