作品紹介

昭和58年度

第31作「おしん」

全297回

ポイント

  • NHKテレビ放送開始30周年作品として、第14作「鳩子の海」以来の1年間放送。
  • 平均視聴率52.6%、最高視聴率62.9%は、日本のテレビドラマ史上、最も高い視聴率。 ※視聴率はビデオリサーチ調べ
  • 世界73の国・地域でも放送され、「おしんドローム」という流行語も生まれるほどブームに。

あらすじ

明治34年、山形の寒村に生まれた“おしん”こと谷村しん(田中裕子。幼少時代:小林綾子、中年・老年時代:乙羽信子)。家はとても貧しく、7歳で奉公に出される。明治、大正、昭和、現代に至る80余年の激しい時代のうねりを背景に、しんが、奉公、髪結い修業、結婚、戦争、スーパー経営などのさまざまな辛酸をなめながら、女性としての生き方、家族のありようを模索しつつ必死に生きる姿を描いた作品。

【放送期間】
1983(昭和58)年4月4日~1984年3月31日
【作】橋田壽賀子
【音楽】坂田晃一
【語り】奈良岡朋子
【主な出演者】
乙羽信子、田中裕子、小林綾子、北村和夫 ほか

>>NHKアーカイブスの特集記事はコチラ

コメント

小林綾子さん

私にとって「おしん」は宝物。たぶん、私はこれからもずっと“おしん”だと思いますが、本当にありがたいことだと思っています。普遍的なテーマを持つ作品ですし、ずっと大事にしていきたいです。6週分の台本を丸覚えしたのが懐かしいですね。余裕をもってお芝居に臨むことができ、役者としてやっていく自信がつきました。今は、放送中の「なつぞら」への出演を楽しんでいます。自宅のセットが驚くほどおしんの生家にそっくりで、ここなら知っているから大丈夫だ、と思いました(笑)。

田中裕子さん

35年前に撮影した作品が今も再放送され、世界のどこかで言葉の壁を越え人々に届けられています。 「おしん」漬けだった撮影の日々、現場の私達には想像もしていなかった人気と視聴率をたたき出した作品でもありました。私が体調を崩し、全ての撮影ができない情況になった事がありました。代役を立てるという判断もあったと思うのですが、プロデューサー、全スタッフキャストの皆さんが、私の快復を待ってくださいました。その時間と皆さんの心労は、どんなに大変だったかと思います。そのことを振り返り改めて感謝いたします。