平成21年度の放送
放送:4月4日(土)午前10時05分〜11時25分(80分)
開花は? 満開は? 春が近づくと、テレビでは毎日のように桜前線の動きが伝えられる。
それほどまでに桜は、私たち日本人の春になくてはならない存在となっている。
卒業、入学、出会い、別れ・・・ 私たちの人生の節目は桜に彩られてきた。
NHKアーカイブス、新年度1回目の放送は、全国各地の人々が、それぞれの桜に寄せる思いを見つめる。

ゲスト:千住明さん(作曲家)/司会:桜井洋子アナウンサー&林家三平


「いつもと同じ春が行き 樹齢千年 大桜の里の物語」2001年6月2日放送
岡山県北部の山間の村にある樹齢1000年と言われる大桜。村の人たちは、桜の花がほころべば、それを合図に米作りを始め、日照りが続けば、桜に雨乞いをするという暮らしを送ってきた。
集落にある13戸のうち、1軒を除いて苗字は「春木」。桜とともに生きる人たちのある春の記録。
前のページへ 一覧ページへ 次のページへ