平成13年度の放送
【NHKアーカイブス・スペシャル】
昭和を駆け抜けた巨人・松本清張
放送:1月2日(水)23時45分〜翌1時25分(100分)
   1月3日(木)23時10分〜翌0時35分(85分)
   1月4日(金)23時10分〜翌0時35分(85分)
《松本清張ドラマシリーズ/〜
   〜劇中に松本清張さん自身が必ず出演していました。

“戦後日本の黒い霧”に迫る一方、日常の生活に潜む人間の業や社会問題を一貫して描き続けた作家・松本清張…。
その松本さんが亡くなって10年を迎えるのを機に、1976年から1978年にかけて放送された「土曜ドラマ」の松本清張シリーズ13本の中から和田勉演出の「天城越え」、「火の記憶」、「最後の自画像」の3本をお送りします。
松本清張さんを心の師と慕う推理作家の森村誠一さんが松本清張さんについて様々な角度から熱く語ります。

【一口メモ】
「土曜ドラマ」松本清張シリーズには毎回、劇中に松本清張さん自身が必ず出演していました。

■土曜ドラマ 松本清張シリーズ「天城越え」
 85分/1978年(昭和53年)
大正時代、天城峠でおきた殺人事件。ベテラン刑事と若い刑事の二人が捜査をするが、事件は迷宮入り。
時は現代、事件当時若かった刑事の回想シーンでドラマは始まる。
家出をした少年が天城峠で出会ったのはやさしい娼婦と自分の過去を閉ざした土工。3人で旅をするうちに、やがて少年の一途で純粋な心が…。
ドラマは、現代と当時を振り返りながら真相を明らかにしていく。

1978年(昭和53年)芸術祭大賞受賞。

1月2日(水)23時45分〜翌1時25分(100分)

原作: 松本清張
脚本: 大野靖子
音楽: 林  光
   
出演: 大谷直子/佐藤慶/鶴見辰吾/津田恵一/玉川良一/宇野重吉/中村翫右衛門 ほか
   
制作: 沼野芳脩
美術: 稲葉寿一
技術: 杉村忠彦
効果: 上田光生
演出: 和田 勉

■土曜ドラマ 松本清張シリーズ「火の記憶」
 70分/1978年(昭和53年)
自分の過去を閉ざす一人の青年。母の17回忌で見つけた1通の手紙から、恋人とともに母の故郷へ、自分と母の過去を捜す旅に出る。ドラマでは、幼い頃見た炎の記憶をたどり、母の意外な事実を知り、過去と葛藤しながら青年の心が開かれていく様が描かれていく。原作も同名、森村誠一さんおすすめの1本。

1月3日(木)23時10分〜翌0時35分(85分)

原作: 松本清張
脚本: 大野靖子
音楽: 林  光
   
出演: 秋吉久美子/高岡健二/杉山とく子/丹羽たかね/高桐真/井上和行/神田正夫/加藤正之/村野武範/山内明 ほか
   
制作: 沼野芳脩
美術: 中嶋隆美
技術: 森野文治
効果: 上田光生
演出: 和田 勉

■土曜ドラマ 松本清張シリーズ「最後の自画像」
 70分/1977年(昭和52年)
ある一人の銀行マンが、定年退職した翌日に蒸発した。ドラマは、会社人間だった男が、「会社」という居場所を離れるところからはじまる。男はなぜ姿を消したのか…、男の足取りを追ううち、会社一筋で生きながら、ゴーギャンの絵を愛した男の<自画像>が浮かび上がってくる。そして、ドラマは意外な展開をみせる。

1月4日(金)23時10分〜翌0時35分(85分)

原作: 松本清張「駅路」(1960年)
脚本: 向田邦子
音楽: 加古 隆
   
出演: いしだあゆみ/加藤治子/吉行和子/河村弘二/庄司永建/細川俊夫/本山可久子/佐竹明夫/木田三千雄/内藤武敏/目黒祐樹/林ゆたか/前沢保美/山内 明/乙羽信子 ほか
   
制作: 沼野芳脩
美術: 斉藤博己
技術: 森野文治
効果: 高橋美紀
演出: 和田 勉
前のページへ 一覧ページへ 次のページへ