2018年07月25日 (水)東北の夏祭り


nebutamaturitop.jpg

 8月上旬、東北各地で特色ある夏祭りが開かれます。今ではどの祭りも、県内外から多くの観光客を集める大規模なものになっていますが、もともとは、ふるさとの五穀豊穣、無病息災、商売繁盛などを願い、東北の人たちが大切に受け継ぎ、守ってきたものです。東北6県の個性的な夏祭りをまとめて紹介します。

■福島わらじまつり(福島県)

warajisamuneiru.jpg

 毎年8月に福島市で行われる「福島わらじまつり」。神輿の代わりに、巨大なわらじを担いで街を練り歩くのが祭りのメインになっています。この夏の「わらじまつり」、もともと福島市で行われてきた、冬の伝統行事に起源があります。

fuyunooowaraji.png

 江戸時代から300年以上も続く福島の伝統行事「信夫三山暁まいり」。毎年2月、長さ12メートル、重さ2トンもある「日本一の大わらじ」を100人がかりで担ぎ、神社に奉納します。この大わらじを、夏・冬で一揃いにしようと始まったのが、夏の「福島わらじまつり」です。  <2018年は、8月3・4日>

■山形花笠まつり(山形県)

hanagasatop.png

hanagasasamuneiru.jpg

 山形の夏を彩る「山形花笠まつり」。艶やかな衣装を身にまとい、特産の紅花をあしらった花笠を手にした踊り手たちが、山形市のメインストリートを踊り歩きます。祭りには、山形県内に暮らす外国人も参加します。本番前から踊りの練習に参加し、異国の文化を身をもって体験しています。 <2018年は、8月5日~7日>

■仙台七夕まつり(宮城県)

tanbatasamuneiru.jpg

 東北を代表する夏祭りの一つ「仙台七夕まつり」。七夕飾りが街を彩り、その豪華さを競い合う仙台商人の祭りです。かつては家々で質素に行われていましたが、昭和3年の金融恐慌を転機に、不況を吹き飛ばし街を活気づけようと、商店街の店主たちが企画し、それ以降、華やかな飾りつけが行われるようになりました。

tanabatakazari.png

 人々が、さまざまな願いを込めるのは、竹竿に飾られる「七つ飾り」という吊るし物。今は飾り作りを業者に任せる店がほとんどですが、老舗の中には、自分たちで手作りしている店もあります。                      <2018年は、8月6日~8日>

■盛岡さんさ踊り(岩手県)

sansaodorisamuneiru.jpg

 岩手県盛岡の夏の風物詩「盛岡さんさ踊り」。毎年8月上旬、浴衣姿の踊り手たちが、勇壮な太鼓のリズムに合わせて市内のメインストリートを練り歩きます。「サッコラ、チョイワ、ヤッセ」というかけ声とともに華やかな踊りが繰り広げられます。 <2018年は、8月1日~4日>

■秋田竿燈まつり(秋田県)

kantoumaturisamuneiru.jpg

 提灯をつけた竹ざおを稲穂に見立て、高く掲げる秋田の伝統的な祭り「秋田竿燈まつり」。国の重要無形文化財に指定されています。市内には地域に根差した竿燈会があり、それぞれ伝統の技を引き継いでいます。子どもの数が少なくなり、担い手の確保が難しくなる中、夏休み中の子どもたちを集め、本番を目指して特訓を重ねます。 <2018年は、8月3日~6日>

■ねぶた祭り(青森県)

nebutasamuneiru.jpg

 青森県の夏を象徴する「ねぶた祭り」。ねぶたは、「ねぷた」とも呼ばれ、弘前、五所川原など地域によって特徴あるねぷたが登場します。中でも青森市のねぶた祭りは、ねぶたの大きさも踊り手の人数も県内最大です。ねぶたの始まりは、七夕に行われた厄払いの灯籠流しといわれます。簡素な灯籠が、江戸後期には華やかな山車に変化し、戦後は更に迫力を増して大型化し、今の形になっています。 <2018年は、8月2日~7日>

投稿時間:11時00分


ページの一番上へ▲