2016年12月

「思い出の鉄路(2011年放送)」から 廃線鉄道まとめ [北海道編 その1]


日本有数の石炭の産地で、ピーク時には150以上の炭鉱があった北海道。石炭の輸送のために鉄道路線が発達しました。しかしエネルギー政策の転換などによる炭鉱の閉山に伴い、姿を消した路線もあります。今も人々の心に残る廃線鉄道をご紹介します。

※北海道編その2 はこちらへ⇒

■手宮線 北海道で最初に開通した路線

手宮線小樽の様子

手宮線は北海道で最初に開通した鉄道です。南小樽駅から小樽港のふ頭のすぐ近くにある手宮駅まで。小樽の街中を走る2.8キロメートルは、道内各地で産出された石炭を船へ、陸揚げされた海産物などを内陸の各地へと運ぶ重要な路線でした。昭和60年に廃止されましたが、手宮駅の跡地は総合博物館として市民に親しまれています。

【続きを読む】

投稿時間:10時00分 | カテゴリ:みちしるの記事 | 固定リンク


【ユネスコ無形文化遺産に登録決定 山車が登場する33の祭り】北陸~西日本編


世界の伝統文化などを保護するユネスコの無形文化遺産に、山車が登場する全国33の祭り「山・鉾・屋台行事」が登録されることが決まりました。

今回は北陸から西日本の祭りをご紹介します。

※東北~関東編は こちら⇒

「ユネスコ無形文化遺産」特別ページもあわせてご覧ください

ユネスコ特集へ



<登録された全国の祭り 北陸~西日本>

■富山県

「高岡御車山祭の御車山行事」 (高岡市)

高岡御車山祭

【続きを読む】

投稿時間:10時00分 | カテゴリ:みちしるの記事 | 固定リンク


【ユネスコ無形文化遺産に登録決定 山車が登場する33の祭り】東北~関東編


世界の伝統文化などを保護するユネスコの無形文化遺産に、山車が登場する全国33の祭り「山・鉾・屋台行事」が登録されることが決まりました。

「山・鉾・屋台行事」は、災いを払い安泰を願う地域の人々が一体となって行っている、山車の巡行を中心とした祭礼行事です。伝統的な工芸技術による華やかな飾り付けは、何世紀にもわたって守られてきました。

今回はみちしるの動画の中から、東北から関東までの7県の動画をご紹介します。

※北陸~西日本編は こちら⇒

「ユネスコ無形文化遺産」特別ページもあわせてご覧ください

ユネスコ特集へ



<登録された全国の祭り 東北から関東まで>

■青森県

「八戸三社大祭の山車行事」(八戸市)

八戸三社大祭

【続きを読む】

投稿時間:16時37分 | カテゴリ:みちしるの記事 | 固定リンク


ページの一番上へ▲