2016年5月

懐かしの「にっぽん縦断こころ旅」 2011年京都・福井の旅


俳優・火野正平さんが、相棒・チャリオ(自転車)に乗って日本全国を走る、BSプレミアムの「にっぽん縦断こころ旅」。視聴者からのお手紙につづられた「こころの風景」を訪ねます。

「にっぽん縦断こころ旅」公式サイト http://www.nhk.or.jp/kokorotabi/
(2016年 3月28日~7月22日 2016年春の旅 放送中!) ※NHKオンデマンドで、見逃した放送をご覧いただけます こちら⇒

ここでは懐かしの「にっぽん縦断こころ旅」をご紹介します。2011年4月から放送された、京都~福井の旅をダイジェストでご覧ください。写真を開くと、動画と地図をご覧いただけます。



旅は京都からスタートしました・・・

■1日目 宇治川の中州にある、塔の島(宇治市)

D0004420005.jpg

1日目、三条大橋を出発して、宇治市塔の島を目指します。京都は火野さんにとって、15歳から仕事をしている懐かしい場所だそうです。

【続きを読む】

投稿時間:10時00分 | カテゴリ:みちしるの記事 | 固定リンク


こんなスポットを知っていますか? この世とあの世をつなぐ場所


今回は「この世とあの世をつなぐ」と言われるスポットを紹介します。
日本各地には、神話などに由来する「あの世への入り口」とされる場所、死者の霊魂が集まる山として信仰されている霊峰など、古くから「この世とあの世をつなぐ」とされているところがあります。
これから紹介するスポットの中には観光名所としてよく知られているところもありますが、その一方で、どれもが地元の人々が大切に守り続けている神聖な場所です。訪れる際は、厳粛な気持ちを忘れることがないよう、お願いいたします。

恐山(青森県むつ市)

D0004990397S004.jpg

【続きを読む】

投稿時間:10時00分 | カテゴリ:みちしるの記事 | 固定リンク


懐かしの「にっぽん縦断こころ旅」 2011年長崎の旅


俳優・火野正平さんが、相棒・チャリオ(自転車)に乗って日本全国を走る、BSプレミアムの「にっぽん縦断こころ旅」。視聴者からのお手紙につづられた「こころの風景」を訪ねます。

「にっぽん縦断こころ旅」公式サイト http://www.nhk.or.jp/kokorotabi/
(2016年 3月28日~7月22日 2016年春の旅 放送中!) ※NHKオンデマンドで、見逃した放送をご覧いただけます こちら⇒

ここでは懐かしの「にっぽん縦断こころ旅」をご紹介します。
2011年、最初の放送はレギュラー番組になる前の「長崎の旅」でした。ダイジェスト版をごらんください。


2011年2月 長崎の旅スタート


■1日目 「グラバー園から見る稲佐山」(長崎市)

D0004420001.jpg

長崎の小さな坂道を登り次ぎ、火野さんがチャリオ(自転車)と向かった先はグラバー園。

視聴者からのお手紙より(抜粋)
「グラバー園から見る稲佐山。海によく大きな船が停泊している。グラバー園の近くに家があって、窓から海、そして稲佐山がよく見えていた。行き交う赤と黒のタンカー、上り下りするロープウェイ。そして夜景がきれいだった。」

【続きを読む】

投稿時間:10時00分 | カテゴリ:みちしるの記事 | 固定リンク


まさにレトロモダン!土蔵の町並みを彩る「なまこ壁」が残る風景


土蔵の壁などに使われる白と黒とのコントラストが美しい「なまこ壁」。「なまこ壁」とは、壁面に平瓦を並べて貼り、「目地」と呼ばれる継ぎ目部分に漆喰をかまぼこのように盛り上げて塗った壁です。厚く塗られた漆喰のおかげで、火事にも強く、長い年月の風雨にも耐えるつくりになっています。

風情ある「なまこ壁」が残る日本の町並みを、動画でいくつか紹介します。


倉敷川畔の町並み(岡山県倉敷市)

D0004500286_1.jpg

岡山県倉敷市はかつて、江戸幕府が直轄する「天領」でもあり、物資の集積地として栄えた町でした。倉敷という地名は、年貢米の集積地である"倉敷地"に由来するともいわれ、市の美観地区となっている倉敷川畔には、多くの蔵屋敷や土蔵を中心とした町並みがいまも残されています。倉敷でよく見かける「なまこ壁」の蔵。 正方形の瓦が特徴です。

【続きを読む】

投稿時間:11時00分 | カテゴリ:みちしるの記事 | 固定リンク


終着駅をたどる旅② 岐阜県~福岡県


鉄道の終点である、終着駅をたどる旅。

2回目は、岐阜県から福岡県にある終着駅を、みちしるの動画でご紹介します。各地の終着駅の風景を「みちしる」でお楽しみください。

※終着駅をたどる旅① 北海道~長野県 はこちら



【岐阜県】

美濃赤坂駅(JR東海道本線支線、西濃鉄道)

D0004030054.jpg

切り妻屋根の平屋で窓枠も木製のまま、大正8年開業当時からの歴史を感じられる駅です。また、貨物ホームにある大きな木造の上屋も見どころです。

【続きを読む】

投稿時間:10時00分 | カテゴリ:みちしるの記事 | 固定リンク


駅弁紀行 北海道を味わう旅


列車の旅での楽しみの一つが「駅弁」。弁当箱の中にいっぱいに詰まった地元の食材を、車窓から見える風景を眺めながらゆったりと食べる...素敵ですね。そんな旅の参考に、どうぞご覧ください。

「駅弁紀行 北海道を味わう旅」では、みちしるの動画でたどる、北海道の駅弁をご紹介します。

○釧網線の駅弁

釧網線は網走市の網走~釧路市の東釧路間を結ぶ、日本最東端にある鉄道路線です。

「かにめし」(網走駅)

D0004450008.jpg

地元、網走で穫れたズワイガニのほぐし身がたっぷりと入っています。

【続きを読む】

投稿時間:10時00分 | カテゴリ:みちしるの記事 | 固定リンク


ページの一番上へ▲