アーカイブストップ » 連載コラム「お宝発見ニュース」第2回 「お宝」はどこにある?

連載コラム「お宝発見ニュース」

第2回 「お宝」はどこにある?

収録する機器も本格的

みなさんこんにちは。汗拭き用の首掛けタオルをトレードマークに、日々ビデオテープやフィルムの山と格闘している「発掘」担当アーキビスト、【あ】です。

前回のコラム掲載の後からも、ぞくぞくと、数件、「お宝発見!」の情報が入りました!
(どっちなんだぁ!というツッコミ、ありがとうございます。)

さて、「お宝」の情報は、平均すれば月に4~5件、まあ、1週間に1回というところでしょうか。1件につき1本ということもあれば、30本ぐらいまとめて来ることもあります。もちろん、これは「情報の数」としての件数で、すべてが「お宝」であるとは限りませんが、意外とあるもんですよね。私もこの仕事を担当した当初は驚きました。

ビデオテープに書かれた番組タイトル

その情報ですが、最も多いのはやはりNHKのOB、それから出演していた方、あるいはそのご家族(遺族)から提供をいただくこともあります。(注:もちろん、個人としての録画・録音として大事に取っておかれ、原著作者のNHKにご提供いただくので法的な問題もありません。)

今回は「一般視聴者からの提供」です。この方は我々、アーカイブスのプロも驚くコレクター。これまでにも2回にわたって、10本あまりの失われた番組映像をご提供くださった方です。

直接お訪ねするのは今回が初めて。桜が散って、はやくも初夏の気配が漂う東京の郊外、八王子市にお住まいのKAYAさん(仮名)宅です。

VHSテープ・DVD・6mmテープの山

お子さんが独立して夫婦2人暮らしというKAYAさんのお宅には「ビデオ録画試写専用ルーム」!!があります。SVHSのビデオデッキだけで4台!「そろそろ最新のブルーレイレコーダーがほしいですね」とおっしゃるKAYAさんは、番組を丁寧に視聴し、記録することが大好きという59歳。クローゼットの中に収まらず、至る所にビデオテープの山がありますが、驚くほどきれいで、ほこりなどかぶっていません。とにかくすごいこだわりです。「熱中時間~忙中“趣味”あり~」のねっちーに紹介しちゃおうか?というくらい。

コレクションとともに KAYAさん

【あ】 好きな番組の分野は何ですか?

KAYA 音楽番組ですね。歌手の石川さゆりさんのファンなので、今でも彼女が出る番組はチェックして録りだめていますよ。

【あ】 そういえば、ご提供いただいた番組には、石川さゆりさんのコンサートが何本か入ってますね…。あ、こちらの『連想ゲーム』や『NHKのど自慢』にも石川さゆりさんが出てますよ。

KAYA おそらく石川さゆりさんの番組コレクションでは、私は世界で2番目に多いと自負しています。

【あ】 すると1番目は?

KAYA さゆりさんのお母さんです(笑)。

【あ】 この部屋にあるテープに書き込まれたタイトルを見ると、石川さゆりさんだけでなく、いろんな歌手の方の名前がありますね。

KAYA BSの最初の頃は、いろんな音楽をたっぷり聞かせてくれる番組が多かったように記憶しています。BSの番組は「Bモードステレオ」という音質の良さが売り物で、初めてBモードで音楽番組を見た時の感動は忘れられないですね。

【あ】 KAYAさんのコレクションが「お宝」としてNHKに来ることになったきっかけは何ですか?

KAYA 昨年、BS-2で石川さゆりさんの番組が制作されることになった時、担当のプロデューサーの方から、「放送の記録はあるが映像の保存のない番組がある。どなたかテープを持っていないか」と、ファンの集まりに問い合わせがあったんです。それで「ああ、それならありますよ」ってことで提供することになりました。
その後、今度は【あ】さんから「他にもありませんか?」という問い合わせがあって「はい、ありますよ」ってことで、結局本数が2ケタになってしまいました。

【あ】 その節はお世話になりました。
今後、KAYAさんのコレクションに対する抱負はありますか?

KAYA デジタル化への対応ですね。私はBSアナログのBモードステレオが好きなので、ずっとこれにこだわってきましたが、完全デジタル化されたあとの音楽番組はどのように残すのが良いのか、いろいろ考えています。

【あ】 KAYAさんのように「お宝映像」をお持ちの方に一言お願いします。

KAYA 私の場合も、まさか、自分のコレクションがNHKに保存されていない「お宝」だなんて思いませんでした。おそらく気づいていない方が多いと思いますので、古いビデオをお持ちの方、今一度、テープの中身を確かめてみてください。

【あ】 本日はありがとうございました。

KAYAさんが放送の録画、というか録音に興味を持ったのはちょうど40年前。当時、始まったばかりのFM放送のエアチェックを、オープンリールのテープレコーダー(懐かしいですねぇ)で始めて以来、「好きな番組の記録」にこだわってきました。

KAYAさんからNHKアーカイブスに寄贈された番組映像は、BSの初期、平成元年~5年ぐらいまでの映像が中心です。今年はBS放送誕生20周年ですが、KAYAさんは、まだ衛星放送が試験放送の頃からBSの視聴を始め、これまたその当時市場に出回り始めたばかりのSVHS(あのころ高かったですよねぇ)で録画コレクションを始めました。
いまだにBS初期の番組だけで120本以上のビデオコレクションがあり、今回はそのうちの10本ほどがこれまでNHKで保存していない番組と判明し見事「お宝」認定。(注:正式にそういう認定制度があるわけではありません。)まだ、未整理のものがあるそうなので、今後も新たな「発掘」があるかもしれません。

【あ】

ページトップへ戻る