発掘ニュース

No.297

2021.09.03

情報番組

“メガ”発掘!幻の科学番組『四つの目』も?!

2000本余りのビデオテープ!今回は、まさに“メガ”発掘ともいえる、たくさんのビデオテープを提供いただいた第一報です。

今回の発掘はホームページにいただいた投稿情報から始まりました。
『父が趣味で文楽や古典芸能、映画、などの番組(多分NHKが多いと思われる)を録画したβテープが多数あります。録画している年代は、昭和58年に亡くなっているのでそれまでで、βデッキが出たころ(テープが1本1万円くらい?だった時代)です。数えきれません…(中略)私のほうで確認することは不可能に近いので、できればすべて寄贈して、お宝映像をそちらで発掘していただければお役にたてるのではとおもい連絡したしだいです。』

書き込んでくれたのは眼科医の安達京(みさと)さん。同じく眼科医だったお父様の耕三さんが録りためていたコレクションのうち、まず第一弾として送ってくださったのが写真のテープです。

背ラベルには放送日や番組タイトルなどが耕三さんの字で細かく書かれていて、確認作業をする上で大変助かっています。ご覧のように『科学番組』が非常に多く、『教養番組』『美術番組』『古典芸能』など、耕三さんが仕事で忙しい中、録画しておいて見逃さないようにしていたようです。

今回お送りいただいたビデオテープの多くが1975年発売のベータテープだったのですが、それより前に発売されていた『1/2オープンリール』のテープも混ざっていました!
そのなかに…!

読めますでしょうか?『四つの目』と書かれています!『四つの目』は1966(昭和41)年から6年間放送した科学番組です。

夕方6時から青少年向けに放送。“四つの目”とは、「肉眼」に加え、「時間の目」(微速度撮影によるコマ落としや、高速度撮影によるスローモーション)、「拡大の目」(顕微鏡による撮影)、「透視の目」(レントゲン撮影)という、当時最先端の撮影技術を駆使した“目”のこと。この『四つの目』で様々な事柄を見てみようというのが番組の狙いで、生活科学番組のジャンルを確立しました。

NHKアーカイブスには1967年3月30日に放送した「ウグイス」の回しか保存されていない、まさに幻の科学番組!その『四つの目』が、ビデオテープの背表紙に書かれた情報によると20本以上録画されている可能性が!

他にも『レンズはさぐる』の初期の放送回や、『みんなの科学』でも新たな発掘が期待されます!
さらに注目したのがこちら…

1977年放送の大河ドラマ『花神』!残念ながらこのビデオテープは「総集編」のようで、すでにNHKに保存があります。この翌年以降の大河ドラマは全て揃っていますが、『花神』は総集編と発掘された数回分のみ。なんとしても発掘したい大河ドラマです!

プロジェクトの推理はこうです…
“1年間本編を見続けて面白かったので「総集編」を録画したのではないか”
あくまで推測ですが、もしかすると本編も録画した可能性がある…

実は、送られてきたビデオテープの中には、ご覧のようなメモ書きだけが添えられているものや、何も書かれていないテープもあり、今後分析や試写が必要です。さらにご自宅にはまだ2000本近い録画テープが残っているとのことです。

もしかすると『花神』や、そのほかの“お宝番組”が発掘される可能性が十分あるとプロジェクトでは見ています。機材の関係でまだ再生確認できていない『四つの目』の情報も含めて、この発掘ニュースで続報をお伝えしていきますのでお楽しみに!

思い出・コメントはこちら

ページTOP