発掘ニュース

No.288

2021.03.12

ドラマ

ラジオドラマ『グリーン・レクイエム』完結へ!

先月(2月)27日に『発掘!ラジオアーカイブス』で全5回のうち第1話~第3話までをお聞きいただき好評だった「グリーン・レクイエム」
明日(3月13日)、いよいよ第4話と最終話を放送いたします!

★原作は新井素子さん!

こちらは原作者、22歳の頃の新井素子さん「100年前のSF」と題し、ジュール・ヴェルヌの作品を5日間にわたって特集した『ジュニア大全科』でのひとコマです。新井さんというと“ライトノベル”をイメージする方も多いかもしれませんがデビュー当時はSFが中心で、この番組での肩書も「SF作家」です。

不思議な能力を持つ“緑の髪の少女”を愛してしまった青年の、悲しい恋と逃避行を描いた「グリーン・レクイエム」は、新井素子さんが1980年に発表した小説で、優れたSF作品に贈られる「星雲賞」を受賞。その後、映画や漫画にもなり話題となりました。

明日の『発掘!ラジオアーカイブス』では、第3話までのダイジェスト、
そして第4話、最終話をお楽しみいただきます。

★出演者は…
“緑の髪の少女” 三沢明日香を演じるのは当時20歳の荻野目慶子さん。

荻野目さんといえば、1982(昭和57)年から5年間放送された『YOU』の2代目女性司会者でした。10代・20代の若者向けトーク番組『YOU』、糸井重里さんの司会、そして高校生や大学生が出演して討論するスタイルが、若い世代の共感を得ました。

荻野目さん初登場の回のご挨拶がこちら…
「さっきから椅子の上でドキドキしてます。この3月で高校を卒業したばかりの18歳です。この番組の中で、皆さんと一緒に色々楽しめたらなと思っています。どうぞよろしくお願いします!」

そして嶋村信彦を演じるのは榎木孝明さん。

「グリーン・レクイエム」放送の年度前半の朝ドラ『ロマンス』で主役を務めたのが榎木さん。日本映画の草創期である明治末期、北海道から上京して活動写真に情熱を注ぎ、やがて映画監督になる青年役で、「おはなはん」(1966年)以降の朝ドラで初の男性主人公でした。

オープニング曲には初めて歌詞のある曲が登場、芹洋子さんと榎木さんが歌いました。ドラマの第1回は、「スター・ウォーズ」の音楽、そしてハリウッドの映像から始まる斬新なオープニングです。ちなみにヒロイン役は樋口可南子さんでした。

★いよいよ明日放送!聴き逃しサービスも

『発掘!ラジオアーカイブス』、「グリーン・レクイエム」後編は、
明日3月13日(土)午後1時5分から!

もしラジオの放送を聴き逃してしまったという方や、もう一度聞きたいという方は「らじる★らじる」聴き逃しサービスでお楽しみください!

今回の聴き逃しサービスは放送終了後、3月20日(土)午後1時55分頃までお聴きいただけます。

こちらへ↓

★ラジオ“お宝番組”続々発掘中!

「グリーン・レクイエム」は1978年から85年まで放送したラジオドラマ枠『ふたりの部屋』の最後の年に放送されました。番組発掘プロジェクトではこの『ふたりの部屋』をはじめ、NHKに保存されていないラジオ番組を“発掘重点番組”として『発掘!ラジオアーカイブス』や、このホームページで呼びかけてきました。

発掘ニュースNo263「2020年度、こんなラジオ番組を探しています!」

その結果!皆さまのご協力のおかげで、かなりの数の音源が“発掘”されてきています!

現在の“発掘”状況をご報告します。

◆若いこだま(1970~78年 ラジオ第1)

今年度、吉田拓郎さんのDJ回2本、甲斐よしひろさんDJの後期2本を発掘。

★今後も「若いこだま」はさまざまな方のDJの回を発掘したいと考えています。特に初期の回、人気のあった馬場こずえさんのDJの回をお持ち方、情報をお待ちしています。

◆サウンドストリート(1978~87年 FM)

100本近くを提供いただき充実してきました。ご協力ありがとうございました!

★初期の松任谷正隆さんの回をお持ちの方、情報をお待ちしています。

◆クロスオーバーイレブン(1978~2001年 FM)

毎日の放送だったため録音する方が少なかったのでしょうか…。なかなか発掘できない番組です。

★情報をお待ちしています!

◆ふたりの部屋(1978~85年 FM)

特に発掘したい『ふたりの部屋』を発掘ニュースNo.263でご紹介した中、皆様のご協力で発掘されたものが水色の蛍光ラインで記した番組です。かなりの発掘成果!本当にありがとうございます!

「タイトル」(原作、出演)
「銀河鉄道999」(松本零士、市村正親・倉野章子)、
「青年は荒野をめざす」(五木寛之、森本レオ・黒谷昌子)、
「ラブ・ストーリー」(エリック・シーガル、篠田三郎・水沢アキ)、
「ブシキャット翔んでも大冒険」(新井素子、広川太一郎・田坂都)、
「十二人の手紙」(井上ひさし、野沢那智・池田昌子)、
「サングラスの少女」(北山修、太田裕美・花王おさむ)、
「ジャズカントリー」(ナット・ヘントフ、樋口康雄・松坂隆子)、
「スローなブギにしてくれ」(片岡義男、佐藤祐介・神保美喜)、
「わが愛の讃歌」(エディット・ピアフ、上月晃・清水紘治)、
「お伽の国の社会人」(尾辻克彦、柄本明・柳原ハルヲ)、
「ショージ君の青春期」(東海林さだお、森本レオ・角野卓造・馬場こずえ)、
「ひとめあなたに」(新井素子、熊谷真実・新井素子・土井美加)、
「蒼い時」(山口百恵、白石珠江)、
「ピアニストを二度笑え」(山下洋輔、伊武雅刀・山下洋輔)、
「ちはやぶる奥の細道」(W・C・フラナガン、小林克也、江守徹)、
「オウジとKの物語」(北村想、朝比奈尚行・ひろ新子)、
「花より結婚きび団子」(林真理子、中井貴恵・林真理子)、
「浅川マキの幻の男たち」(浅川マキ、浅川マキ)、
「絶句」(新井素子、横沢啓子・神谷明)、
「さよならギャングたち」(高橋源一郎、泉谷しげる)

★ラインが引かれていない『ふたりの部屋』の音源をお持ちの方は情報をお寄せください。

◆カフェテラスのふたり(1985~88年 FM)

2つの番組は全回が発掘されました。その他の作品もいくつか提供いただいています。

「女たちの15の伝説」(古井由吉、草野大吾・吉田日出子)、
「ふられ虫の唄」(武田鉄矢、武田鉄矢)、
「美味しんぼ」(雁屋哲、千葉繁・斉藤ゆう子)、
「なんて素敵にジャパネスク」(氷室冴子、小林聡美・坂上忍)、
「星へ行く船」(新井素子、山田康雄・小林聡美)、
「10人のシンデレラ」(湯本香樹実、高樹沙耶・倉崎青児)、
「くどきのテクニックおしえます」(田辺聖子、桂三枝・末広真季子)、
「気分はリバイバル」(村松友視、奥田瑛二・范文雀)、
「シーサイドテラスの夏景色」(川西蘭、中井貴一・荻野目慶子)、
「猛女モーレツ」(永井路子、山口良一・平野文)、
「マン・ウォッチング」(中島らも、桂三木助・井森美幸)

★「カフェテラスのふたり」は放送した8割以上が未保存のままです。情報をお待ちしています。

◆おしゃべり歌謡曲(1978~82年 ラジオ第1)

★昭和の時代を感じさせる大人のDJ歌謡番組、情報をお待ちしています。

◆夜のスクリーンミュージック(1980~83年 FM)

番組のファンの方から、ホームページでご紹介した回をすべてご提供いただきました。ありがとうございました!

◆邦楽ジョッキー(1976~78年 ラジオ第1・1985~2018年 FM)

市川亀次郎さんの回をご提供いただきました。ありがとうございました!

◆FMアドベンチャー(1984~85年 FM)

◆アドベンチャーロード(1985~90年 FM)

この2つの番組は皆さまのご協力のおかげで発掘が完了いたしました。本当にありがとうございました!

思い出・コメントはこちら

ページTOP