発掘ニュース

No.282

2020.12.04

アニメ/人形劇

アニメ&実写『マルコポーロの冒険』全映像がフィルムで!

今回はなんと、あのアニメーション紀行『マルコポーロの冒険』の映像が、フィルムですべて残っていた!というご報告です。

1979(昭和54)年放送の『マルコポーロの冒険』は、アニメーションとドキュメンタリーを組み合わせた新形式の番組として話題に。主人公は日本に“ジパング”という名を付け西洋に紹介したマルコ・ポーロ。17歳の彼の大冒険を「東方見聞録」にもとづき43回にわたって放送しました。しかしNHKに残されていたのは第1回と最終回だけで、プロジェクトでは発掘を進めていました。(発掘ニュースNo.246

「『マルコポーロの冒険』のフィルムがあった!」との情報を聞いて訪ねたのは、古くからNHKのフィルム番組の現像などを手掛け、現在はフィルムの4K化にも取り組んでいる横浜の会社です。地下にあるフィルム保管場所に案内されると…

ありました!『マルコポーロの冒険』と書かれたフィルム缶が5段のラックに100本余り!
しかし『マルコポーロの冒険』は全43話、なぜ倍以上の数のフィルム缶が??

まず1段目、2段目のラックに入っていたこちらが“完成原版”。全てのもととなる16ミリネガフィルムで、これがあれば4Kの『マルコポーロの冒険』映像を制作することだって可能です!しかし…音声は記録されていません。

3段目、4段目の棚に収納されていた缶には、イタリア語の文字が!各缶の中にはポジフィルムとデュープネガ(複製されたネガ)がそれぞれ入っていました。こちらも確認したところ音声は入っていません。

おそらく日本で放送した後、マルコ・ポーロにゆかりのあるイタリアでリメイクし放送するため作られたのが、このイタリア語の缶に入っていたフィルムで、イタリアから返却された状態で今日まで保管されてきたようです。

そして一番下のラックに残されていたのが“シネテープ”と呼ばれる音声を収録したテープ!しかしナレーションや声優の皆さんのセリフは入っておらず、効果音や音楽などの音のみでした。

ということで、映像に関してはすべてそろいました!あとは音声…

そこで皆様からの提供ビデオテープの登場です!これまで発掘されてきたものから音声を抜き出して合体させれば、『マルコポーロの冒険』の復元が可能になります。

以下は現在の発掘状況です。(赤⇒保存無しオレンジ⇒実写部分保存無し

第1話 はるかなる旅立ち⇒NHK保存有り
第2話 聖なる油を求めて⇒発掘保存有り

第3話 二人の僧侶⇒保存無し
第4話 さらばネフドの星よ⇒発掘保存有り
第5話 悪魔の火⇒保存無し
第6話 砂漠の盗賊カラウナス⇒保存無し
第7話 黄金のパイザ⇒保存無し
第8話 バグダッドの幻想⇒保存無し

第9話 カスピに消えた少年⇒発掘保存有り
第10話 暗殺教団の谷⇒保存無し
第11話 ホルムズの熱い風⇒発掘保存有り
第12話 じゅうたんに秘めた恋⇒発掘保存有り
第13話 拝火教徒の友情⇒発掘保存有り
第14話 反乱⇒発掘保存有り

第15話 まぼろしの谷⇒保存無し
第16話 命の色 ⇒保存無し

第17話 まぼろしの騎士チャパンドゥ⇒発掘保存有り
第18話 パミール越えの恐怖⇒発掘保存有り
第19話 天山に消えた少女⇒発掘保存有り
第20話 悪霊の砂漠⇒発掘保存有り

第21話 燃え上がる陰謀⇒アニメ部分保存有り
第22話 天駆ける謎の旗⇒アニメ部分保存有り
第23話 王の中の王フビライ⇒アニメ部分保存有り
第24話 密命下る⇒アニメ部分保存有り
第25話 カラジャンの大蛇⇒アニメ部分保存有り
第26話 百雁の便り⇒アニメ部分保存有り

第27話 秘密兵器回回砲⇒発掘保存有り
第28話 王家の墓の秘密⇒発掘保存有り
第29話 揚子江決壊⇒発掘保存有り

第30話 ジパングの宝⇒アニメ部分保存有り
第31話 ジパングを討て⇒アニメ部分保存有り

第32話 アクマッドの最期⇒発掘保存有り
第33話 新たなる旅立ち⇒発掘保存有り
第34話 南海の嵐⇒発掘保存有り
第35話 巨象の怒り⇒発掘保存有り
第36話 魔の海峡マラッカ⇒発掘保存有り
第37話 密林の秘密⇒発掘保存有り
第38話 ラジャの遺産⇒発掘保存有り
第39話 宝石と陰謀の島⇒発掘保存有り
第40話 洞窟寺院の奇蹟⇒発掘保存有り
第41話 父と子の絆⇒発掘保存有り
第42話 大いなる旅路⇒発掘保存有り
第43話 想いは東方を駆けて⇒NHK保存有り

アニメ部分の制作を担当した関係者の鶴田秀昭さん丸山正雄さん松園公さん、そして『マルコポーロの冒険』ファンの視聴者の方々から提供いただいたビデオテープのおかげで、半分以上の回は音声を抜き出して今回見つかったフィルム映像に合体させることが可能です。本当にありがとうございます。

もし、まだ録画テープをお持ちだったり、音声だけを録音したカセットテープがあるという方は是非情報をお寄せください!

思い出・コメントはこちら

ページTOP