発掘ニュース

No.281

2020.11.27

音楽

『ロック講談』ヒゲの田辺一鶴さん登場!

こちら“ヒゲの一鶴”でお馴染みだった講談師の田辺一鶴さん。
明日11月28日放送の『発掘!ラジオアーカイブス』は、去年の秋にも放送して好評だった『ロック講談』の第2弾、田辺一鶴さんボブ・ディランの半生を語ります!

『ロック講談』は1980年代に放送された異色の音楽番組。
1982(昭和57)年に始まり、伝説のロック歌手の生涯を、数々のヒット曲を交えながら“講談で語る”という画期的な番組でした。取り上げられたアーティストは、ジミ・ヘンドリックスレッド・ツェッペリンジャニス・ジョプリンスティービー・ワンダーなどなど!
去年10月にはジョン・レノンの回をゲストの王様と一緒にお聞きいただきました。

今回の偉大なるロック・ミュージシャンは、今なお第一線で活躍するボブ・ディラン!2016年には「ノーベル文学賞」を受賞したことも記憶に新しいですよね!

ボブ・ディランがロックを志した半生を“講談”で語ってくれるのは田辺一鶴さん!
その一鶴さんのプロフィールをアーカイブスに残された映像からご紹介いたしましょう。

★ステージ101(1970年放送)

まだ髭が短いですね!発掘ニュースで何度もご紹介した発掘番組『ステージ101』、その最も古い丸ごと残された1本に、田辺一鶴さんの姿がありました!

『ステージ101』のオリジナル曲で大人気となった「涙をこえて」の紹介を1分半ほどの講談で披露。作曲を担当した中村八大さんも自分の話が取り入れられて笑顔!
NHKに残る一鶴さんが語る最も古い動画で、このとき40歳です。

★第12回 NHK講談大会(1972年放送)

演目は「野球王 ベーブ・ルース」。田辺一鶴さんは新作講談に力を入れ、野球やマラソン、政治やノーベル賞など何でもネタにして講談の世界を盛り上げました。一鶴さんが一躍有名になったのは、東京オリンピックに参加した94の国と地域を一気に読み上げる型破りな講談だったといいます。

★新春お好み将棋対局(1985年放送)

趣味の将棋が高じて、教育テレビの将棋番組にも登場!1985年放送の『新春お好み将棋対局』では「楽壇連盟 対 演芸家連盟」と題して、同じく講談師の二代目神田山陽さんとともに演芸家連盟として参加。田辺一鶴さんは当時アマ四段の実力者!オーケストラの指揮者や演奏者の人たちで作る楽壇連盟と対局しました。

解説は大内延介九段(当時)、お若いですね!一鶴さん、残念ながら対局には負けてしまいましたが、講談師としての姿とは違った一面を見せてくれています。

★NHK映像ファイル あの人に会いたい(2019年放送)

2009年(平成21年)に80歳で亡くなられた一鶴さん。NHKアーカイブスでは、田辺一鶴さんの生涯をアーカイブスに残る映像からたどった『あの人に会いたい』を制作。

入門から12年で二つ目、そして20年でようやく真打ちに昇進した歴史や、女性講談師など後進の育成にも力を入れ“講談”に生涯をかけた一鶴さんの姿が残されています。

画期的な音楽番組『ロック講談』は、講談の世界で新しいことに取り組み続けた田辺一鶴さんにピッタリの番組ですね!

さて田辺一鶴さんのご紹介をご覧いただいたところで、明日11月28日(土)午後1時5分からの放送では是非、一鶴さんの姿を思い浮かべながらお聴きください!
もしラジオの放送を聴き逃してしまったという方や、もう一度聞きたいという方は「らじる★らじる」聴き逃しサービスでお楽しみください!

「発掘!ラジオアーカイブス」
『ロック講談』ボブ・ディラン
今回の聴き逃しサービスは放送終了後、12月5日(土)午後1時55分頃までお聴きいただけます。

こちらへ↓

発掘!ラジオアーカイブス

思い出・コメントはこちら

ページTOP