発掘ニュース

No.170

2017.10.13

バラエティー

木ノ葉のこさん『脱線問答』が救世主?!

上から読んでも下から読んでも「このはのこ」!

今回は1970年代後半から80年代にかけてバラエティー番組などで大活躍した、タレントの木ノ葉のこさんからの発掘です!提供いただいたのは『脱線問答』

1978年から6年間続いた人気バラエティー番組で、はかま満緒さん司会の“大喜利風トークショー”です。

「タイ焼きが入ってる鍋作っちゃった!…アンコウナベ!」
といった具合です!

木ノ葉のこさんには、『ひるまえほっと』(関東地域のみの放送)の「発掘!お宝番組」、9月のゲストとしてご出演いただきました。

武内アナ「いやー、このスタイルキープはスゴイ!鍛えていらっしゃるんですか??」
木ノ葉さん「そんなに皆さんに言われるほどは鍛えてないです(笑)体脂肪率は8%です!」
武内アナ「もうアスリート並みですね!」

そんな木ノ葉さんの高校時代の写真がこちら!

「私、ずっと小さい時からピアノをやってて、小学校の時から音楽大学の教授に付いて。すごく厳しい家でピアノしか許してもらえなかったんです。…行きたい音楽大学には落ちて、次に受けたのが日大芸術学部の音楽のピアノ科だったんです。」

「ピアノ科は真面目でおとなしい感じだったんですが、芸術学部全体は、下駄にジーパン履いて髪の毛は伸ばしてるんじゃなくて、伸びちゃったみたいな先輩たちがいて…全部アルバイトで生計を立てて、学費も。そういう人たちがいるんだと、大学に入ってカルチャーショックで変わりました!」

ご両親、特にお父様が厳しく門限は7時!アルバイトも“不良”だといってさせてもらえなかった木ノ葉さん。家族写真がこちらです。

武内アナ「絵に描いたような昭和の正しい厳しいお家!」
「ものすごく怖かったんです、父が。みんな怖いからビクビクして、日曜日がイヤでした、お父さんがいるから。うちはセメント詰めなんです、箱入り娘じゃなくて。」

その木ノ葉さん、反対されてもアルバイトをしようと心に決め色々なアルバイトをします。たまたまスカウトされたモデルクラブを通して受けたCMのオーディションに合格!

「アイスクリームのコマーシャルで、ハワイに行けて、一週間あるのに2日だけ撮影であとの5日間はお休み!それで今から何十年も前の時代に20万円もらえたんです!これで、すぐに独立できると思ってモデルの仕事をいっぱいやろうと。」

ところが…!次のオーディションが民放のテレビ番組「うわさのチャンネル!!」。和田アキ子さんやデストロイヤーさんが出演する大ヒット番組でした。

「アレ、うちは見ちゃいけない番組だったんです…。弟がチャンネル回してたまたま映ったりすると、“いやらしいわね~こんなの見て”って。あんなの出たらすぐに勘当されちゃうから絶対イヤですとプロデューサーにお話しして。そしたら他にいないから、とにかく出ろって言われて、1回だけですよって。」

しかし人気が出た木ノ葉さんはレギュラー出演者になり、家では勘当状態に…。そこに救世主のように現れたのがNHKの『脱線問答』です!

出されたお題に、いかにユーモアに富んだ回答ができるかというバラエティー番組。木ノ葉さんは一番若いレギュラー回答者として、出演者の皆さんからも可愛がられたそうです。

はかまさん「のこちゃんのは、答えより何より笑い方が面白い!ちょっと“エヘヘヘヘ”ってやってごらん。」
木ノ葉さん「エヘ!」

「わたし勘当されてたんですよ。私も一生会わなくてもいいと思ってたんです。そうしたら、(両親が)別人になって会いに来てくれて!『脱線問答』、NHKに出たっていうことで。」
武内アナ「お役に立てたっていうことですね!」
「そのほかにもNHKの番組にたくさん出させていただいたんで。やっぱりNHKは素晴らしいですよね。」

木ノ葉さんからは、こんな番組も提供いただきました。

「中村メイコさんは、初めてお会いしたとき“のこちゃんのファンなのよ”って言ってくださって、赤いハートのペンダントをプレゼントしてくださったんです。めちゃくちゃ嬉しかったです!」

「三波伸介さんは初めてお会いしたときに、パッと立って“のこちゃん、よろしくお願いいたします”って。偉い人は腰が低くてちゃんとしてるんだなということ…、本当に偉い人は威張ってないんだということを新人の時に学びました。」

番組の最後には武内アナからの「全身を見せてください」とのお願いに、「何かやりましょうか?」と、始めたのが…

ナント反復横とび!『脱線問答』から40年近くが経っても元気いっぱいの木ノ葉のこさんです!

そして3人で「鍛えましょう!!」の掛け声で番組終了。サービス精神たっぷりの木ノ葉のこさん、ありがとうございました。『脱線問答』はじめ、提供いただいた番組は大切に保存いたします!

思い出・コメントはこちら

ページTOP