発掘ニュース

No.143

2017.03.03

アニメ/人形劇

残り22回分でした!m(__)m『プリンプリン物語』

大量発掘でコンプリート(完全収集)も不可能ではなくなってきた『プリンプリン物語』。このところ“あと23回分”とお伝えしてきたのですが、もう一度整理して確認したところ、

残りは22回分でした!大変失礼いたしました。

そこで今回は、NHKアーカイブスに未保存の回をリストアップいたしました。

第265回 マンガン王国編「ねらわれたプリンプリンの命 2」(1980.5.27放送)
第311回 マンガン王国編「空飛ぶグルリンコースター 4」(1980.7.31放送)
第312回 マンガン王国編「空飛ぶグルリンコースター 5」(1980.8.1放送)
第313回 総集編(1980.9.1放送)
第314回 総集編(1980.9.2放送)
第315回 総集編(1980.9.3放送)
第316回 総集編(1980.9.4放送)
第317回 総集編(1980.9.5放送)
第342回 ネチア編「円盤ジェット機の行方 5」(1980.10.10放送)
第393回 総集編(1981.1.5放送)
第394回 総集編(1981.1.6放送)
第395回 総集編(1981.1.7放送)
第396回 総集編(1981.1.8放送)
第397回 総集編(1981.1.9放送)
第404回 ケントッキー編「オールド・ロング・ジョー 2」1981.1.20放送)
第405回 ケントッキー編「オールド・ロング・ジョー 3」(1981.1.21放送)
第406回 ケントッキー編「オールド・ロング・ジョー 4」(1981.1.22放送)
第407回 ケントッキー編「オールド・ロング・ジョー 5」(1981.1.23放送)
第408回 ケントッキー編「誘かいされたテリー 1」(1981.1.26放送)
第409回 ケントッキー編「誘かいされたテリー 2」(1981.1.27放送)
第410回 ケントッキー編「誘かいされたテリー 3」(1981.1.28放送)
第411回 ケントッキー編「誘かいされたテリー 4」(1981.1.29放送)

以上の22回分です。いかがですか?このリストを見ると、いくつか気付くことがあります。

その1 夏休みがあった!?

第312回と第313回の放送日を見てください。8月1日のあと9月1日となっています。実は8月ほぼ1ヶ月間は放送が無くお休み、つまり夏休みだったのです!


翌年1981年7月31日放送回の末尾のお知らせ

『プリンプリン物語』が放送されていたのは総合テレビ、月曜~金曜の午後6時25分から。学校のあと、友達と遊び終わり帰って来た子供たちが楽しみにしていた番組です。夏休みは放送が無く、新学期が始まったらまたスタート…まさに子供たちの日課だったのですね!

その2 総集編を除けば残り12回分!

未保存の22回のうち10回分は、実は総集編!ということは、通常回で残っていないのはあと12回分です!これは嬉しい発見です。もちろん総集編も含めて全て発掘されることを祈っていますが、ストーリーを完全制覇するためには、あと12回分を集めればよいのです!なんだか力が湧いてきます!

それでは未保存回の直前回を、それぞれアーカイブスから引き出してみました。どんなお話しが未保存回には隠されているのでしょうか??

★マンガン王国編

マンガン王国のプリンセスかもしれないというプリンプリン。しかしもう一人のプリンセス候補が…!

名前は“ぺリンぺリン”、サーカス一座の女の子です。“プリンプリン”と“ペリンペリン”、15年前にさらわれたマンガン王国のプリンセスは果たして…?

そして第264回の最後ではカセイジンの予感が!プリンプリンの命が狙われているというのです…。未保存の第265回に続きます。

第311回の直前、第310回は冒頭とエンディングが合わせて3分半ほど欠けている不完全な回です。キングもクイーンも毎日、漫画を読んでいるというマンガン王国。そのプリンセスは、実は売れっ子人気漫画家のバカラ姫でした。サブタイトルにもなっている“グルリンコースター”が第311、312回で何か巻き起こしそうですが…はたして??

★ネチア編

未保存の第342回の直前回では『いま聴きたい!プリンプリン物語劇中歌ベスト3』に入った「世界お金持ちクラブの歌」をヘドロが歌います。

そしてネチアの国から円盤ジェット機を買い取ったランカーは、ダマスクセに向けて飛び立ちますが黒い煙が!ここで終わり、発掘しないとその先は分かりません…。

★ケントッキー編

このケントッキー編が、連続して8回分欠けている一番の“穴”となっている部分です。

直前の第403回を見てみると…、ケントッキーの王様・キングドロベロのニセモノはじめ首相、司令官、主席の“ドロベロ4人組”が嘘をついて権力を手に入れます。

偽のドロベロが作った国歌を歌う軍曹とシドロ・モドロ。

その歌が大嫌いなプリンプリンの元に、女の子がケントッキーの歌を作詞したと言って持ってきます。「楽しいときは、みんなニコニコ。そうでないときも忘れちゃだめさ。元気を出してニコニコ笑顔。」“いい歌ね!”というプリンプリンに女の子は“作曲して!”と頼みます。

困ったプリンプリンは「こういうことはプロの先生に頼んだほうがいいんじゃない?モンキー!これ“コロクさん”のところへ持っていって!作曲家の小六禮次郎さんのところよ。」

小六さんはプリンプリンの劇中歌を本当に作曲している方です!音楽を担当している人までストーリーに登場するなんて、遊び心たっぷりですね!

さてケントッキー編、未保存の連続8回のお話はどんな展開なのでしょうか??発掘されなければ永遠に見ることができないストーリー、何とか見つけ出したいです!

さあ残り22回分、実は“あの方”が録画テープを持っているかもしれないということで捜索中です!(上の2枚の写真がヒント!)『プリンプリン物語』完全発掘は実現するのでしょうか??ワクワク、ドキドキ、発掘の旅は続きます!

思い出・コメントはこちら

ページTOP