発掘ニュース

No.041

2015.01.23

ドラマ

紺野美沙子さん「未来からの挑戦」を語る!

1月16日(金)の「ひるまえほっと」<関東地域・平日午前11時5分~放送>で、“番組発掘コーナー”の第2弾が放送されました!ご覧になれなかった皆さんのために、『発掘ニュース』がリポートいたします!

今回の“お宝”は発掘&復元上映会が近づいている、
少年ドラマシリーズ「未来からの挑戦」です。

ゲストは「未来からの挑戦」の出演者で、復元の協力者でもある紺野美沙子さん。
冒頭、番組発掘プロジェクトの説明の後、三好アナが紺野さんを紹介。すると…

「発掘された紺野です。」
さっそくお茶目な紺野さん!一気にスタジオが楽しい雰囲気になりました。

紺野さんは朝の連続テレビ小説「虹を織る」(1980年放送)でヒロインを演じました。それより3年ほど前のこと、NHK初出演が「未来からの挑戦」でした。

三好アナ「当時人気の、少年ドラマシリーズ。出演が決まった時はいかがでしたか?」
紺野さん「実は(友達など)誰にも言わずに、こっそり出演させていただいたんです。当時、眉村卓さんの小説がとっても人気があって、その原作のドラマに出させていただけるということで嬉しかったのを覚えています。

発掘された映像を見ながらのトークでは…

「このとき、生まれて初めてパーマをかけた直後だったんです。」
「役柄のために?」
「違います。通っていた高校が、パーマをかけてもいいという学校だったんです!…セーラー服を着られたのが嬉しかったですね。」

ちょっと大人の仲間入りをしたくてパーマをかけた高校時代…そんな紺野さんの『あの頃』の気持ちも“発掘”できたような気がしました!

続いて、主人公・関耕児と、未来からきた飛鳥清明との共演シーン!敵対していた関と飛鳥が力を合わせて、紺野さん演じる西沢杏子を助けるという大事な場面です。

「紺野さん、このシーンは覚えてますか?」
「忘れていました…(笑)でも復元されたものを見て、『あ、あったなー!こういうシーン』って懐かしく思い出しました。」

一方、こちらは未来へと戻ってしまう飛鳥との別れ。紺野さんが演じる西沢杏子の記憶を消して、飛鳥は未来へと…

紺野さんいわく、淡い恋心が描かれていたシーンでした!

「このシーンは良く覚えています。ドキドキしました!…ほのかな気持ちを抱きはじめた時なのに、飛鳥くんによって記憶を全て消されてしまう。本当は心の中で『消さないで~』って思っていたんですけど、消えてしまいました。」
…と身ぶり手ぶりを交え、この日一番力を入れて話してくださいました!

ここからはノリノリの紺野さんのペースに…!

「三好さんと菅野さんのお二人は(ドラマの放送の時)まだ生まれてないですよね?」
と逆質問!

「よくぞ聞いてくださいました!ドラマは昭和52年放送ということですけど、私たち昭和52年生まれなんです!」

「あら、イヤですわ…」と笑いながら、「今日は3人、相談してないのにミカン色でそろいました!」と衣装のお話しで脱線。ユーモアたっぷりの紺野さんのトークに、あっという間に時間が過ぎていきます。

そうそう、“復元”への紺野さんの協力を忘れてはいけません!

紺野さんから提供いただいた2冊の台本。
発掘された映像は家庭用ビデオの録画で、オープニングやドラマの一部が欠けているものがありました。この台本によって、そうした欠けた部分の“復元”が可能になったのです。
例えば…

オープニングの出演者の役柄と名前の字幕を完成させることや、さらには“あらすじ”の字幕を入れることで欠けた部分のストーリーを補うことが出来ました!

紺野さん、大切な台本を提供いただき本当にありがとうございました。

この復元された「未来からの挑戦」を見ることができる『復元上映会&同窓会トークショー』の開催まで1カ月を切りました!番組では、そのご案内も!

ここでも紺野さんのお茶目な一面が!

「当時ご覧になっていた方というと、大体50歳以上の方でしょうか…
あつまれ~!

可愛らしく呼び掛けてくれました。

少年ドラマシリーズ「未来からの挑戦」を語ってくれた紺野美沙子さん。
放送終了後には、2月8日のイベントに向けて、メッセージを収録!

番組では話さなかった秘密のエピソードも語ってくれました!
どんなメッセージを寄せてくださったのかは、イベント当日のお楽しみ!
2月8日は、埼玉・川口のSKIPシティーに「あ・つ・ま・れ~」 申し込みの情報はこちら

思い出・コメントはこちら

ページTOP