発掘ニュース

No.012

2014.06.20

情報番組

『2インチVTR再生物語』~元祖アイドルグループも!

2インチVTRって何???

そもそもNHKが放送した1970年代の番組が残っていない一番の要因ともいえるのが2インチVTRのビデオテープです。当時放送用に使われていた、幅が2インチ(5㎝ほど)のビデオテープのことで、非常に高価だったため何度も上書きして利用されていました。詳しいことは「発掘って何?」や「とっておきサンデー」の動画をご覧ください。


【2インチビデオテープ】60分テープで7kgほど、重い!

この2インチビデオテープ、既に日本で再生することは不可能でした。NHKでは放送博物館に2インチVTRの再生機材があるのですが、数年前から使用不能になっています。2インチビデオテープに収録された番組が見つかっても、イギリスなど海外に送って再生してもらうしか方法がなかったのです。それが…!!

2インチVTRを復活させた男・落合賢一教授!

「番組発掘プロジェクト」に『2インチVTRの修復に成功した』という連絡が入りました!驚きと期待に胸を膨らませたスタッフが向かったのは東京・練馬区にある通称『日芸』、日本大学芸術学部です。放送業界に数多くの人材を送り出しているとともに、放送に関する研究も行われています。

キャンパスの中には立派なテレビスタジオも!さながら一つの放送局のようです。

私たちが向かったのはビデオ編集室。すると…ありました!!

これが2インチVTRです。私も機材を見たのは初めて!

そして操作しているのが『復活』させた日本大学芸術学部放送学科・落合賢一教授です!
放送技術の研究や技術者の育成にたずさわって40年ほど。この2インチVTRの機材は、購入した1973年からのお付き合いだそうです。 当時の値段で3000万円したという「SV-7800」というVTRは、1980年代の後半から使われなくなり大学の倉庫で眠っていました。今回およそ1か月かけて、部品を一つ一つ丁寧に組み立て直したといいます。

いよいよ再生!!どんな映像が?!

さあ!『復活』した2インチVTRで再生してもらいたいビデオテープはというと…

こちらです!ケースの中には『若さとリズム第5回』『昭和40年11月20日放送』である旨が書かれた紙が入っています。

「若さとリズム」…タイトルを聞いたことはあるものの番組を見たことはもちろんありません。昭和40年といえば東京オリンピックの翌年、私が生まれた年?!今、このタイトルの番組があったら斬新で目を引くかも!?どんな番組??といろんな事を考えてしまいます。

はたして、このテープは本当に「若さとリズム」第5回なのでしょうか??

落合教授に2インチテープが手渡されました!

テープを再生するヘッドの部分を丹念に拭き準備OKです。

幅5㎝の巨大テープ、設置完了!

さあ、いよいよテープが回転をはじめます!

映像の具合を微調整。機械のあちらこちらの計器やボタンに触れて何度も調整を続けます。落合教授は「アナログな機械の方が、自分の手を使って一番良い状態に仕上げていくことができて楽しい」と話してくれました。

出ました!!

確かに「若さとリズム第5回」が収録されているようです!

わーー!タイトルです!わざわざ画面に『カラー』の表示!さすが1965年、昭和40年です!でも白黒?かすかに『カラー』の文字の後ろに色が付いているような…

おー!ジャニーズの名前が!

カラーです!思ったよりも鮮明できれいなカラー映像!今から50年近く前の映像とは思えません!

ジャニーズは、あおい輝彦さんはじめ4人のアイドルグループ。全員が日本大学芸術学部に進んだとの情報もあり、“縁”を感じました!

「若さとリズム」という番組は、1965年10月から半年間にわたって放送された音楽番組でした。司会やセリフは無く、ストーリー性のあるミュージカルショーのような構成です。映像表現にもいたるところに工夫が見られ、若い世代を対象にした斬新な番組です。

全部で16回の放送があり、出演者のリストにはレギュラーのジャニーズ、弘田三枝子の他、ザ・ピーナッツ、伊東ゆかり、布施明、尾藤いさお…といった当時の若手歌手が名前を連ねています。この第5回を含めてNHKにはこれで3回分の保存があることになりました!

あっという間の30分。終わりのテロップが出た瞬間、みんなで思わず拍手!

どうでしたか?『2インチVTR再生物語』。落合教授のおかげで「お宝」映像が半世紀ぶりに復活!しかもキレイな映像で!本当にありがとうございました!

もしかすると、まだどこかに“お宝2インチビデオテープ”が眠っているかもしれません!私たちプロジェクトの番組発掘は続くのでした…

思い出・コメントはこちら

ページTOP