特集

2015年12月の特集

おめでたい番組 探しています!!

年末年始の大特集です!大掃除でひっくり返した押入れの奥に、あるいは帰省したおじいちゃん、おばあちゃんの家に古いビデオテープはありませんか?もし昔のNHKの番組を録画したテープ(フィルムも可!)が見つかったときには、是非、ご連絡をお願いします!!年末の定番といえば「紅白歌合戦」ですが、その他にも『忠臣蔵』、『第九の演奏会』、年始には『新春桧舞台』、『寄席中継』と特別な番組が目白押しです。今回特集するのは、そうした年末年始番組です。まずは珍しい資料をご覧いただきましょう!

1953(昭和28)年12月31日から1954(昭和29)年1月1日の番組表

1953(昭和28)年12月31日から1954(昭和29)年1月1日の番組表

これは、テレビ放送が始まって初めて迎えた大晦日から元日にかけての番組表です!
1月1日は番組予告に続いて正午のニュースから放送がスタートするなど、ほぼ24時間放送している現在からすると驚きの発見がいたるところに!

注目は、大晦日の番組表の最後「除夜の鐘」という番組です。午前0時から5分間…ということは、実はこれが新年最初の番組!直前の午後11時30分からは「才末風景」という番組を大阪 道頓堀と東京 銀座から中継しています。年が改まった瞬間に「除夜の鐘」を5分間聞かせたのですね!

この2つの番組から連想するのは、日本の大晦日に欠かせないあの番組!

「ゆく年くる年」

「ゆく年くる年」

子どもの頃、一年に一度夜更かしができる大晦日、紅白歌合戦に続いて始まる「ゆく年くる年」で年が変わる瞬間を見ることが楽しみでした。テレビでは1955年12月31日から放送しています。それまでは上の番組表にあるように「除夜の鐘」という番組です。
「除夜の鐘」の保存は無く、「ゆく年くる年」も1962年、1966年、1974年、1977年、1979年、そして1981年以降のみ保存があります。

続いては

「新春対談」「新春放談」など

「新春対談」「新春放談」など

各界の著名人をお招きしての対談番組。番組表によると1954年は「新春対談」というタイトルで、作家の武者小路実篤さん、長与善郎さんが対談しています。残念ながら映像も音声も残っていません。どんなお話をしたのでしょうか?
テレビの新春対談番組で残っている一番古い映像は、翌年の1955年1月1日に放送した「新春放談」。学習院長の安倍能成さんと朝日新聞論説主幹の笠信太郎さんの対談です。この番組では“時”と“時代の流れ”について対談しています。

家庭用のビデオデッキが発売された後も、
1970年には歌舞伎の尾上松緑さんと作家の平岩弓枝さんの対談
1974年には実業家の土光敏夫さんと用水の開発に力を尽くした久野庄太郎さんの対談
1977年には小説家の井上靖さんと文芸評論家の尾崎秀樹さんの対談
などの放送がありましたが、いずれも保存がありません。

「新春歌舞伎」「新春能」など

「新春歌舞伎」「新春能」など

日本のテレビの父、高柳健次郎さんは「テレビは家に居ながらにして歌舞伎を見る事ができる機械」と話しています。テレビで初めて放送された番組も実は歌舞伎、「舞台劇 道行初音旅 吉野山の場」です。番組表を見ると、テレビにとって初めてのお正月にも「舞台劇 菅原伝授手習鑑」が放送されています。放送開始から現代まで古典芸能とテレビは切っても切れない関係です。
番組関係者や視聴者の皆さまのご協力で1970年代後半の古典芸能番組は発掘されてきていますが、それ以前に関しては、まだまだ保存がない状態です。

山川静夫さん

「新春寄席中継」など

「新春寄席中継」など

「おめでとーございまーす!いつもより余計に回しております!!」お正月の風物詩のひとつが、寄席や演芸場からの中継番組です。
「初笑い寄席中継」「東西寄席中継」と時代によって名前は変わりますが、1955年1月1日の人形町末廣からの中継が最初で、翌1956年1月1日は東京と大阪から中継しています。
1981年の以前のお正月演芸中継番組を探しています。

その他の“おめでたい”特別番組

その他の“おめでたい”特別番組

先日、発掘された「ワンダーくんの初夢宇宙旅行」のような子ども向け番組から「新春将棋対局」、「新春囲碁対局」といった趣味の番組、「新春なぞなぞ大会」「新春かるた会」といったお正月らしい特別番組、「新春きらめくリズム」「新春特集 ホントにホント」などの通常番組のお正月版、大河ドラマの総集編など、これまでにNHKが放送してきた“おめでたい”番組はその年ごとに違います。しかし、保存されている番組は多くはありません。

おめでたい番組をお持ちでしたら、まずは情報をお寄せ下さい!!

思い出・コメントはこちら

ページTOP