作品紹介

平成27年度後期

第93作「あさが来た」

全156回

ポイント

  • 朝ドラ初となる、江戸時代から物語がスタート。
  • 生命保険会社経営など女性事業家のさきがけである広岡浅子がモデル。
  • 劇中には、歴史上の偉人が多数登場。大隈重信(高橋英樹)、福沢諭吉(武田鉄矢)のほか、大河ドラマ「新選組!」で土方歳三を演じた山本耕史は同じ役で出演。

あらすじ

幕末、京都の豪商に生まれた今井あさ(波瑠)は、おしとやかな姉(宮﨑あおい)とは対照的に、相撲が大好きなおてんば娘。生まれた時から大阪の両替商・加野屋に嫁ぐことが決まっていたあさは、商いに興味のない趣味人の夫・新次郎(玉木 宏)と結婚。あさは新次郎に支えられ、義父や大阪経済の父と呼ばれる五代友厚(ディーン・フジオカ)から商いを学び、炭坑事業を立ち上げていく。さらに持ち前の負けん気で銀行と生命保険事業を興し、日本初の女子大学の設立にも奔走。幕末から明治の大転換期を、明るく前向きに生き抜いた実業家・あさの物語。

【放送期間】
2015(平成27)年9月28日~2016年4月2日
【原案】古川智映子
【脚本】大森美香
【音楽】林ゆうき
【語り】杉浦圭子アナウンサー
【主題歌】
AKB48「365日の紙飛行機」
【主な出演者】
波瑠、玉木 宏、近藤正臣、宮﨑あおい ほか