作品紹介

平成21年度前期

第80作「つばさ」

全156回

ポイント

  • 埼玉県が舞台の朝ドラは初。この作品で全国47都道府県を一巡。
  • ヒロイン・つばさを演じた多部未華子は、当時、朝ドラ初の平成生まれのヒロイン。
  • 川越の大イベント・川越まつりをドラマ撮影のために地元の全面協力で再現。

あらすじ

埼玉・川越の老舗和菓子店に育った玉木つばさ(多部未華子)は、母・加乃子(高畑淳子)の家出以来、一家の家事をすべて引き受けていた。
ある日、母が10年ぶりに突然の帰宅。さらにばく大な借金があることも判明。それを何とかしようとして、つばさは地元のコミュニティー放送局「ラジオぽてと」の開局に巻き込まれてしまう。そして、社長・真瀬昌彦(宅間孝行)の指導の下、つばさはラジオのパーソナリティーを務めることになる。
しっかり者の娘と自由奔放な母が、壊れた家族の絆を取り戻すために懸命に努力する姿を描く、家族再生の物語。

【放送期間】
2009(平成21)年3月30日~2009年9月26日
【作】戸田山雅司
【音楽】住友紀人
【語り】イッセー尾形
【主題歌】
アンジェラ・アキ「愛の季節」
【主な出演者】
多部未華子、高畑淳子、中村梅雀 ほか