作品紹介

平成15年度前期

第68作「こころ」

全156回

ポイント

  • ドラマのキーワードはヒロインの名前の由来でもある江戸っ子の「心意気」。
  • 浅草の三社祭宮入りや浅草サンバカーニバルなどをドラマの撮影のために地元の全面協力で再現。
  • 下町情緒あふれる浅草の風情や人々のたたずまい、新潟・中越地方の自然も見どころに。

あらすじ

客室乗務員の末永こころ(中越典子)は、生粋の浅草っ子。バツイチで2人の子持ちの医師・朝倉優作(仲村トオル)と結婚するものの、夫は雪山で遭難。こころは実家のうなぎ店の若女将に転身し、血のつながらない2人の子育てに奮闘。人情厚い浅草の人々の心意気に支えられ、親子3人で生活していく。やがて、こころは新潟の花火職人である父・沢朗(寺尾 聰)の弟子・堀田 匠(玉木 宏)とひかれ合う。浅草と新潟の人々に囲まれて成長していくこころの“泣き笑い青春子育て日記”。

【放送期間】
2003(平成15)年3月31日~2003年9月27日
【作】青柳祐美子
【音楽】吉俣 良
【語り】岸 惠子
【テーマ曲】
「こころ」
【主な出演者】
中越典子、岸 惠子、伊藤 蘭、寺尾 聰 ほか