作品紹介

平成13年度後期

第65作「ほんまもん」

全151回

ポイント

  • タイトルの「ほんまもん」は、「本物」という意味の大阪ことば。「本物」の人生、「本物」の料理をめざすヒロインの生き方を表した。
  • 料理指導は、「きょうの料理」などでも活躍する為後喜光、精進料理監修は、棚橋俊夫が務めた。
  • この年建てられたNHK大阪新放送会館のスタジオを使用。ヒロイン・木葉を演じた池脇千鶴は局舎完成のテープカットにも参加した。

あらすじ

和歌山・熊野地方に生まれ育った山中木葉(このは・池脇千鶴)は、生まれつき鋭い味覚の持ち主。料理人である父・一路(いちろ・根津甚八)に影響を受け、料理の道を目指して大阪へ。アルバイト中に出会った精進料理にほれ込み、京都の尼寺で修業を積む。厳格な庵主・泉恵尼(野際陽子)に弟子入りして精進料理の精神を学びながら、さまざまな料理にも挑戦していく。木葉が数々の困難に打ち勝ち、本物の料理人をめざす物語。

【放送期間】
2001(平成13)年10月1日~2002年3月30日
【作】西荻弓絵
【音楽】千住 明
【語り】野際陽子
【テーマ曲】
千住真理子(バイオリン)「君を信じて」
【主な出演者】
池脇千鶴、風吹ジュン、根津甚八、佐藤 慶 ほか