作品紹介

平成13年度前期

第64作「ちゅらさん」

全156回

ポイント

  • ヒロイン・恵里の祖母・ハナを演じた平良トミは、沖縄芝居を代表する役者。劇中では、沖縄で祖母を表す愛称「おばぁ」の名で呼ばれた。
  • 恵里の兄・恵尚(ゴリ[ガレッジセール])が考案した沖縄土産の「ゴーヤーマン」に全国から問い合わせが多く寄せられ、商品化。
  • 続編が7年かけて第4弾まで放送され、時が流れても作品の世界観が生き続けた。

あらすじ

沖縄が本土に復帰した1972(昭和47)年、沖縄・小浜島の民宿に生まれた古波蔵(こはぐら)恵里(国仲涼子)。小学生のときに結婚の約束をしていた上村文也(小橋賢児)と再会するために高校卒業後に上京。医師となっていた文也とう余曲折の末に結ばれた恵里は、看護師という天職も得る。息子が心のバランスを崩したことをきっかけに一家は小浜島へ。やがて夫婦で心のケアも含めた医療活動をしていく。恵里が、祖母・ハナ(平良とみ)の「命どう宝(命が一番大切)」の言葉を胸に、看護師として人の命を守るために働く物語。

【放送期間】
2001(平成13)年4月2日~2001年9月29日
【作】岡田惠和
【音楽】丸山和範
【語り】平良とみ
【主題歌】
Kiroro「Best Friend」
【主な出演者】
国仲涼子、堺 正章、田中好子、平良とみ ほか

>>NHKアーカイブスの特集記事はコチラ