作品紹介

平成10年度前期

第58作「天うらら」

全156回

ポイント

  • ヒロイン・うららを演じた須藤理彩は本作がドラマ初主演作。
  • 須藤理彩は陸上のインターハイ出場経験を持つ俊足で、持ち前の運動神経の良さが役にも生かされた。
  • 原案はノンフィクション作家・門野晴子の「寝たきり婆あ猛語録」「寝たきり婆あ、たちあがる!!」

あらすじ

1970(昭和45)年、川嶋うらら(須藤理彩)は父の死をきっかけに、生まれ育った栃木を離れ、東京・木場にある母の実家へ。棟りょうである祖父・光次郎(加藤 武)の影響を受け、大工職人を目指すことになる。うららはパワフルな祖母・ハツコ(池内淳子)と負けず嫌いの母・朝子(原日出子)との板挟みになりながらも、理想の家づくり、家族づくりを目指す。高齢者介護という現代の家族が抱える問題についても取り上げた作品。

【放送期間】
1998(平成10)年4月6日~1998年10月3日
【原案】門野晴子
【脚本】神山由美子
【音楽】小六禮次郎
【語り】有働由美子アナウンサー
【テーマ曲】
「うららインザスカイ」
【主な出演者】
須藤理彩、池内淳子、原日出子、小林 薫 ほか