作品紹介

平成9年度前期

第56作「あぐり」

全156回

ポイント

  • 作家・吉行淳之介と女優・吉行和子の母で、明治生まれの美容師・吉行あぐりがモデル。
  • ヒロインの夫・エイスケは、急死したシーンで視聴者から延命の要望も寄せられるほどの人気者に。
  • 清水有生の朝ドラ脚本第1作。本作で橋田賞を受賞。

あらすじ

川村あぐり(田中美里)は、父が亡くなり経済的に困窮したため、15歳で資産家の息子・望月エイスケ(野村萬斎)と結婚する。2人は結婚後に深い愛を育み、夫は美容師という妻の夢を応援。しかし、その一方で自由奔放な道楽者ゆえに、妻に多大な迷惑をかける存在にもなる。あぐりは、夫の急死などの困難を乗り越え、美容師となって明るくたくましく生きていく。大正・昭和を生きた、夢多きあぐりの波乱万丈の半生記。

【放送期間】
1997(平成9)年4月7日~1997年10月4日
【原作】吉行あぐり
【脚本】清水有生
【音楽】岩代太郎
【語り】堀尾正明アナウンサー
【テーマ曲】
矢部達哉(バイオリン)「素晴らしき日々へ」
【主な出演者】
田中美里、野村萬斎、里見浩太朗、星由里子 ほか