作品紹介

昭和61年度後期

第37作「都の風」

全150回

ポイント

  • 舞台地である京都・大阪・奈良の名所が四季折々の風景でオープニング映像に使われ、ドラマを盛り上げた。
  • 「女性の自立」が叫ばれていた時代。前作「はね駒」に続き、女性の社会進出がテーマの1つ。
  • ヒロイン・悠と初恋の相手・沢木智太郎(柳葉敏郎)との切ない恋模様も話題に。

あらすじ

京都の繊維問屋に生まれた竹田 悠(はるか・加納みゆき)は、両親の愛の下に何不自由なく育つが、店の後継ぎのことで父に反抗して家出。大阪の大衆食堂で働き、生きる知恵と情熱を身につける。戦後、新聞記者の吉野雄一郎(村上弘明)と結婚し、ファッションの世界で活躍する。持ち前の才気とバイタリティーで、戦中・戦後の動乱期を駆け抜けた、たおやかな京娘の青春快走記。

【放送期間】
1986(昭和61)年10月6日~1987年4月4日
【作】重森孝子
【音楽】中村滋延
【語り】藤田弓子
【主題歌】
西城秀樹「約束の旅-帰港-」
【主な出演者】
加納みゆき、松原千明、黒木 瞳 ほか