作品紹介

昭和56年度後期

第28作「本日も晴天なり」

全153回

ポイント

  • タイトルは、当時のマイクテストで使っていた言葉からつけられた。
  • NHKでは実際に1944年に女性アナウンサー31名の採用を行っていた。
  • 東京と大阪のNHKが半年交代で制作するという慣例からは例外的に、この年は、前後期どちらも東京で制作された。

あらすじ

東京・人形町で育った桂木元子(原日出子)は、放送局(NHK)が初の女子放送員を募集しているのを知り、ひそかに応募。父・宗俊(津川雅彦)の反対を物ともせずに合格し、31名の女性アナウンサーの一人として入局を果たす。しかし、採用後1年で終戦を迎えたため、元子は失業。戦後はルポライター、そして作家への道を歩んでいく。仕事にも生きがいを求め、意欲を持って生きた昭和の女性の奮闘記。

【放送期間】
1981(昭和56)年10月5日~1982年4月3日
【作】小山内美江子
【音楽】三枝成章
【語り】青木一雄
【主題歌】
西尾尚子「本日も晴天なり」
【主な出演者】
原日出子、津川雅彦、宮本信子 ほか