作品紹介

昭和51年度前期

第17作「雲のじゅうたん」

全156回

ポイント

  • 翌年の流行語となる「翔んでる女」の世相をヒロイン像に反映。
  • 名女優・田中絹代がナレーションを担当。
  • 大正時代の飛行機を正確に再現して撮影された。

あらすじ

大正時代、秋田の高校を卒業した小野間真琴(浅茅陽子)は、頑固な父・左衛門(中条静夫)から上京後に何をしたいか問われ、「飛行機で空を飛びたい」と答える。父の大反対を押し切って飛行学校に紅一点で入学した真琴。海軍少尉・茅野隆二(志垣太郎)への恋に悩みながらも、真琴は厳しい訓練を経て、ついに操縦士の試験に合格する。鳥のように空を飛びたいという夢を実現した、ひとりの女性飛行士の生涯を描きながら、人間の夢のすばらしさを描いた作品。

【放送期間】
1976(昭和51)年4月5日~1976年10月2日
【作】田向正健
【音楽】坂田晃一
【語り】田中絹代
【主題歌】
チェリッシュ「あの空へ帰ろう」
【主な出演者】
浅茅陽子、中条静夫、船越英二 ほか