作品紹介

昭和47年度

第12作「藍より青く」

全309回

ポイント

  • ヒロインの夫・周一への助命嘆願が続々と寄せられた。
  • 語りの中畑道子が放送途中で他界。第9作「信子とおばあちゃん」にも出演した丹阿弥谷津子が代役を務めた。
  • 放送後、山田太一の同じ原作から映画化も。

あらすじ

太平洋戦争のさなかに結婚し、18歳で夫・周一(大和田伸也)を失った田宮真紀(真木洋子)。息子の周太郎(原 康義)を夫の忘れ形見に、終戦後を生きていく。熊本・天草から上京した真紀は、同じく戦争で夫を亡くした女性を集めて商売の道へ。苦しい時代を、真紀は前向きに力強く生き、やがて中国料理店を開店し、成功していく。

【放送期間】
1972(昭和47)年4月3日~1973年3月31日
【作】山田太一
【音楽】湯浅譲二
【語り】中畑道子、丹阿弥谷津子
【イメージソング】
本田路津子「耳をすましてごらん」
【主な出演者】
真木洋子、大和田伸也、佐野浅夫 ほか