作品紹介

昭和45年度

第10作「虹」

全310回

ポイント

  • 第4作「うず潮」の脚本を務めた田中澄江が、再び脚本を担当。
  • ヒロイン・かな子を演じたのは、当時すでに人気女優だった南田洋子。
  • ドラマの映像はまったく残っていない。当時の広報番組で使われた、撮影現場を撮った映像が残るのみ。

あらすじ

世の脚光をあびることを好まない考古学者・三谷久志(仲谷 昇)の妻・かな子(南田洋子)。大学講師であるかな子は、戦時中、病弱な夫と4人の子どもを抱えて疎開する。節約を家訓とする夫の父母(中村芝鶴、滝花久子)の元で、豆腐の切り方まで指図をうけるような日々を過ごす。戦後は家計を助け、子どもたちを育て上げ、がむしゃらに生き抜いていく。戦中戦後の混乱期、かな子がたどった道を明るく描き上げた作品。

【放送期間】
1970(昭和45)年4月6日~1971年4月3日
【作】田中澄江
【音楽】広瀬量平
【語り】白坂道子
【主な出演者】
南田洋子、仲谷 昇、小柳ルミ子 ほか