作品紹介

昭和38年度

第3作「あかつき」

全313回

ポイント

  • 原作者の武者小路実篤がゲスト出演。作家として年始に佐田家を訪れ、色紙を書くという役どころだった。
  • 武者小路実篤はドラマの題字も務めた。
  • ドラマ中に初めて挿入歌が使われた。(椿 洋子「あかつき」)

あらすじ

大学教授の職を捨て、画業に打ち込み始めた佐田正之助(佐分利信)とその妻・敏子(荒木道子)、息子、娘たちの生活をとおして、日本人の生き方を描いた作品。物語には、武者小路実篤の小説「幸福な家族」をもとにして、「愛と死」「友情」「その妹」などの小説からもエピソードが取り入れられている。

【放送期間】
1963(昭和38)年4月1日~1964年4月4日
【原作】武者小路実篤
【脚本】山下与志一
【音楽】斎藤一郎
【語り】平光淳之助アナウンサー
【挿入歌】
椿 洋子「あかつき」
【主な出演者】
佐分利信、荒木道子、村松英子 ほか