「震災と未来」展 ―東日本大震災10年―

NHK災害アーカイブス

ナビゲーション

「震災と未来」展 ―東日本大震災10年―

2011年3月11日の東日本大震災から10年。あの日、多くの尊い命が失われ、地域社会にも大きな傷跡を残しました。その後も国内各地で大きな自然災害が頻発し、首都直下地震などの発生も懸念される中で、コロナ禍により避難行動の変容を迫られるなど、日本で暮らす私たちは常に災害に直面する“リスク”と“課題”を抱えています。特別企画「震災と未来」展では、震災を忘れず教訓を未来へ伝えるために、“震災の記憶”“その後の人々が生んだ絆”“未来への課題”の3つのテーマを掲げています。NHKがこれまで災害に向き合い、記録・蓄積してきた映像や資料を通じて復興への取り組みと課題、また今後の災害に対する備えを紹介します。本展が、被災地へ思いを馳せ、将来の災害に備え、防災・減災の必要性を考える機会になれば幸いです。

主催:NHK、日本科学未来館

展示内容をくわしくみる

VRバーチャルツアーをする

“展示内容”と“バーチャルツアー”の間は途中移動できます。

※このWEBサイトでは、2021年3月6日(土)~28(日)に日本科学未来館で開催されている特別企画「震災と未来」展-東日本大震災10年-の展示内容の一部をご覧いただくことができます

【映像視聴時のお願い】
このサイトでは、東日本大震災に関する映像(津波や火災など)を公開しています。
このため映像をご覧になった時に精神的なストレスを感じられる方もいらっしゃる可能性があります。ご自身の判断にてご覧いただきますようお願いいたします。
また、視聴いただく際には、ご自身だけでなく周囲の方々にもご配慮いただき、十分ご注意の上ご覧ください。小さいお子様がご覧になるときはなるべく保護者の方もご一緒いただくようお願いいたします。
ニュースのコメントや字幕などは、その時点での情報のため、その後、新たに確認されたり、状況に応じて変わったりしたものもあります。あらかじめご了承ください。