ここから読み上げブラウザ用のメニューです 本文へジャンプします NHK青森放送局ホームページ内のリンクボタンへジャンプします 読み上げブラウザ用のメニューの終わりです
ここからNHK青森放送局ホームページ内のリンクボタンです
読み上げブラウザ用メニューに戻ります
ここから本文です

週末おでかけ情報

土曜日・日曜日にある県内各地の催しなどをご案内します。掲載している情報は、 5月24日(金)現在の情報です。

 

「津軽森2019」

県内外からクラフト作家が集まりガラスや布、木などを使ったオリジナルグッズが126店舗で販売される予定です。また、飲食ブースは30店舗あり焼き菓子やコーヒーなどを味わうことができます。

▼日時:5月25日(土)午前10時~午後5時、26日(日)午前 9時~午後4時

▼場所:岩木山桜林公園(弘前市)

▼問:つがるもり実行委員会 0172-88-1424

 

「2019たのしむべ!フェスティバル」

このイベントは六ヶ所村をもっと知ってもらおうと30年ほど前からはじまりました。目の前で70キロ前後のマグロを解体するショーを見ることができるほか、木で鳥などの動物を創るチェーンアートの実演も行われます。また、花火とレーザー光線、そして音楽の融合を楽しむことができるパフォーマンスも実施されます。

▼日時:5月25(土)、26日(日)

▼時間:25日(土)午前10時~午後7時、26日(日)午前 9時~午後4時

▼場所:六ヶ所村大石総合運動公園特設会場

▼入場:無料

▼問:一般社団法人六ヶ所村観光協会 0175-71-3115

 

農家蔵 農家庭園めぐり

平川市金屋地区の「農家蔵と農家庭園」を地元の学生がガイドします。旧尾上町地区は、古くから、りんごとお米の生産が盛んで、多くの農家が貯蔵のために利用していた蔵が、今も大切に残されています。今も旧尾上町内には300棟以上の蔵があり、そのうち40棟が国の登録有形文化財に指定されています。また、今も農家の人たちが所有する『つぼ』と呼ばれる農家庭園に、旧家の軒並みと白壁の土蔵がマッチし、美しい景観を形成していることから、『農村景観百選』に選ばれています。また、生け垣のサワラを剪定する時のかおりが『かおり風景百選』に指定されています。イベント当日は、めずらしい山野草や花、野菜類の苗が格安で販売され、専門家による無料相談も受け付けています。他にも、庭園を見ながら県立柏木農業高校茶道部の抹茶を飲むことができるほか、農産加工品の即売会やおからこんにゃくの試食販売など、地元高校や企業による出店もあるということです。

▼日時:5月25(土)、26日(日) ※雨天決行

▼時間:午前9時~午後4時

▼受付場所:平川市金屋地区 多目的研修センター

▼見学料:500円 

▼問:NPO法人 尾上蔵保存利活用促進会 0172-57-5190

 

「大谷有未帽子展夏を楽しむ創作帽子」

このイベントでは、企画展やクラフト展で活動している大谷有未さんが創った思わず「夏に被りたい」と思うような帽子を見ることができます。麻などの天然素材を使い大谷さんが考えた独創的な形の帽子や、布を使ったカジュアルな帽子など、およそ60点の展示販売を行います。

▼日時:5月22日(水)~5月27日(月)

▼時間:午前10時から午後6時

▼場所:工芸展すくも(青森市)

▼入場:無料

▼問:工芸展すくも 017-777-6571

 

「ルピナスまつり」

藤の花を逆さにしたような姿で咲く「ルピナス」。およそ4000平方メートルの敷地に1万2千株が植えられ、ピンク・紫・赤・オレンジなど様々な色の花が咲き誇ります。会場ではルピナスの販売も行われ、20種類の色から選ぶことができます。

▼日時:5月25日(土)~6月30日(日)午前9時~午後5時

▼場所:手づくり村鯉艸郷(十和田市)

▼料金:大人・高校生以上600円、小・中学生200円、小学生未満無料

▼問:手づくり村鯉艸郷 0176-27-2516

読み上げブラウザ用メニューに戻ります
▲ ページの先頭へ