ページの本文へ

NHK青森WEB特集

  1. NHK青森
  2. 青森WEB特集
  3. 青森の水産高生に聞くイチオシ食材!八戸水産高校~アイナメ~

青森の水産高生に聞くイチオシ食材!八戸水産高校~アイナメ~

ラジオ特番『ナノコエ、きがへで』(12月16日放送) 内容を一部公開中!
  • 2023年12月27日

ラジオ番組『ナノコエ、きがへで』では、青森の水産高校・農業高校に突撃取材!地域に根差した一次産業を学ぶみんなだからこそ知っている、地元の”イチオシ”食材を教えてもらいました!この記事では八戸水産高校3年生ラジオネーム キートセラスさんの声をご紹介します。
※2023年12月16日に放送した特別番組の内容を一部抜粋したもので、情報は放送当時のものです。

  ~ナノコエとは~  
大きな耳が県内各地にお邪魔して、地域のみなさんの素朴な疑問やお悩み・ちょっとした自慢話などを聞かせていただく企画!「ナノコエ」という言葉は、青森のことばで”あなた”を意味する「な」と、英語で”小さい”を意味する「nano」をかけた造語です。

今回は八戸水産高校と柏木農業高校に大きな耳がお邪魔!

水産高校生イチオシ!~アイナメ~

斎藤アナ:八戸水産高校から参加してくれている生徒さんです。3年生のラジオネーム キートセラスさん、まず簡単に自己紹介をお願いします。
キートセラスさん:青森県立八戸水産高等学校 海洋生産科 漁業システムコース3年のキートセラスです。よろしくお願いします!

取材のとき耳にお話しするキートセラスさん

妖怪ちゃん・北野さん:よろしくお願いします!!
キートセラスさん:海洋生産科は船舶システムコースと漁業システムコースに分かれていて、船舶システムコースはタンカーや商船などを扱う、海技士や船長を育成するコースです。私が所属してる漁業システムコースは、水産資源の増養殖を行っています。
斎藤アナ:そんなキートセラスさんがおすすめしてくれる食材は何でしょう!
キートセラスさん:アイナメです。
北野さん:アイナメ…?

当日お刺身にしたアイナメ(むつ市大畑港で仕入れました)

斎藤アナ:青森ではアブラメとも呼ぶお魚だね。どんなお魚ですか?
キートセラスさん:まず、そこを説明していきます。大前提としてカサゴ目アイナメ科に分類される魚です。食べたことある人が多いと思いますが、干物として有名なホッケにとても近い魚類ですね。
北野さん:あっホッケに近いんですか!
キートセラスさん:ただ、ホッケとは主に生息水深が異なります。あとは味も全くの別物で、ホッケは干物として多く食されていますが、アイナメは刺身にするとすごくおいしい魚です。
このアイナメ、なんととてもイクメンの魚なんですよ。
3人:イクメン…?!
キートセラスさん:縄張りを作り、メスの産んだ卵をオスが外敵から守ったり、水流を作り卵に酸素を供給したりするなど、とても優しい父親です。
斎藤アナ:一緒に育ててくれるんだね。
キートセラスさん:アイナメのルアー釣りのシーズンは産卵期直後が多いんですけど、実は魚を食べようとしている訳じゃなくて、ルアーから卵を守ろうとして、餌にかかってしまうといった生態がありますね、ちょっと悲しいですけど。
北野さん:へぇ~~!
妖怪ちゃん:面白いね。
斎藤アナ:スタジオにはアイナメのお刺身、用意してます!
北野さん:イクメン魚、味とはどう関係あるんですかね。
妖怪ちゃん:イクメンになれるんじゃないですか?
北野さん:なにその魔法みたいな(笑)いただきます!

~試食中もアイナメ愛が止まらないキートセラスさん~
この魚は特に体色にとても個体差があって、個性豊かな魚なんですね。こういった体色の個体差は主に生息水域や餌の種類によるものだと考えられ、茶色っぽいものから赤っぽいものまで様々です。さらにオスに関しては繁殖期になると”婚姻色”をまとい、黄金に輝くため「黄金アイナメ」とも呼ばれています!
 

斎藤アナ:食べてみてどうですか?
北野さん:これめちゃめちゃうまいですよ!

妖怪ちゃん:・・・止まんないかも!
北野さん:結構淡泊なんですけど香りも強くて、コリコリしてますね食感が。すっごいうまい。
斎藤アナ:それこそお酒に合いそうですよね。青森の日本酒にぴったりの味。
北野さん:ボーノではなくゴボゥノ!

妖怪ちゃん:・・・
斎藤アナ:はい、ありがとうございます~~。ということでキートセラスさん、このアイナメ、学校では授業の中でブランド化もやっているそうですね。
キートセラスさん:前年度からの研究で多量飼育の実現化と「餌の量の1日の総量」が算出できており、養殖技術の開発・実用化をしてくれた先輩方・先生方がいるので、今年度はこの研究が次のステップにいっています。今年度は、アスタキサンチンという、主に甲殻類に含まれていて抗酸化作用などの健康効果が期待される成分を、意識的に養殖アイナメに添加することによって、健康食品として天然魚との差別化を図っていこうという取り組みをしています。
斎藤アナ:養殖のアイナメっていうのを作っていこうとしてるんだ。
キートセラスさん:いま日本人が求める魚への需要は天然魚がとても多いんですけど、そこと差別化するためには人為的に何か成分を加えて「天然魚と養殖魚はここが違うんだ」「ここがメリットだ」というところを作らなければならないので、こういうことをしています。
北野さん:めっちゃ熱意感じるわ…!
斎藤アナ:今食べてもらったおいしい食感や味はそのままに、栄養素を足したものを養殖で作れるんじゃないかという研究をしている、という。
妖怪ちゃん:はぁ~~~
北野さん:すごいね、頑張ってほしいな。

6月7日(金)の放送は生放送!三戸高校を取り上げます
↓くわしくはこちらをクリック↓

ラジオ番組『ナノコエ、きがへで』
毎週(金)前11:50~ 
ラジオ第一・NHK-FMにて放送中!
過去の放送は こちら

ページトップに戻る