1. トップページ
  2. くらし
  3. 緑に見えるのに...なぜ青信号と呼ぶの?

緑に見えるのに...なぜ青信号と呼ぶの?

執筆者小原敏幸(記者)
2021年11月26日 (金)

緑に見えるのに...なぜ青信号と呼ぶの?

五所川原市の鶴谷充雪さんから「信号の青は緑に見えますが、なぜ青信号と呼ぶのでしょうか?」という質問が寄せられました。

県警察本部によりますと、昭和5年、東京・日比谷に日本で初めて信号機が設置されたということですが、当時は法令でも「緑信号」と表記されていたということです。

県警察本部によりますと、昭和5年、東京・日比谷に日本で初めて信号機が設置されたということですが、当時は法令でも「緑信号」と表記されていたということです。

しかし、17年後の昭和22年、法律を実施するためのルール、施行令の中で「青信号」に表記が変更されました。

しかし、17年後の昭和22年、法律を実施するためのルール、施行令の中で「青信号」に表記が変更されました。

色そのものは変わらないのに表記が変更された理由については諸説ありますが

色そのものは変わらないのに表記が変更された理由については諸説ありますが、日本では緑色の葉物野菜を「青菜」、緑色のりんごを「青りんご」と呼ぶなど、古くから緑を青と表現することに慣れ親しんでいたためというのが理由の1つとして考えられるということです。

「ナノコエ」では、みなさんの疑問やお悩みなどを募集中です。
ぜひこちらのフォームから声をお寄せください!

→ ナノコエに投稿する

→ そのほかのナノコエ

この記事に関連するタグ

おすすめの記事

【募集】けっぱれ!部活動

新型コロナウイルスの影響で、2021年9月は県の緊急対策の一環で、部活動が全面的に禁止になり、大会への直接の出場ができなくなるなど大きな影響がでました。そこで、NHK青森放送局では、活動の場がなくなった生徒の皆さんに、その活動を「あっぷるワイド」などで披露してもらうコーナー「けっぱれ!部活動」を始めました。 県内の学校関係者のみなさん、ぜひ、披露したい部活動についての情報をNHK青森にお寄せ下さい。すべてをご紹介できるわけではないですが、相談させていただいたうえで、NHKのスタッフが部活動の現場にお邪魔して取材しコーナーで紹介させていただきます。 応募は、こちらのフォームからお寄せいただければと思います。 「けっぱれ!部活動」に応募する! このコーナーの題字は、青森第一高等養護学校書道部の皆さんに、活動ができるようなった初日書いてもらいました。 #001 青森第一高等養護学校書道部の皆さんにコーナーの題字を書いてもらいました #002 来年春のセンバツ出場をかけて高校野球の東北大会を戦う3校の野球部の主将に意気込みを聞きました。 #003 大分県で開催される全日本合唱コンクールに出場する造道中学校合唱部に歌声を披露してもらいました。 #004 全国高校軽音楽部大会への出場を決めた八戸聖ウルスラ学院高校軽音楽愛好会に曲の演奏を披露してもらいました。 #005 バレーボールの全日本高校選手権に青森県代表として出場した青森西高校女子バレー部です。(2022年1月4日放送) #006 ことし3月に閉校する青森北高校今別校舎茶華道部です。(2022年1月5日放送) ※情報は放送時点のものです。

執筆者 編集部
2022年01月06日 (木)